男は女を通して、女は男を通して「進化」する その4

最後に、男と女がそれぞれお互いを通して「進化」する過程で、双方の異なるエネルギー(男性性と女性性)を統合し一つに調和していく様子を解説します。

男性性と女性性の統合

女性性のエネルギーは「フロー」「流れ」であると別記事で解説しましたが、水の性質をもつ女性性は、そのままでは存在することができません

水と同じように、コップやグラスといった「器」に入れてあげたとき、初めて「形を得て存在することが可能」になります。グラスやコップの役割を果たすのが、男性性なのです。

女性が宇宙や自然と繋がって得たインスピレーションは、男性性の器に入れてあげることで、初めて3次元世界に形を得て具現化していきます

男性は女性を抱くことで自分を満たし、女性は男性に受け止められて自分を形にする。

2016年~2017年あたりの私は、ワードプレスを使ってウェブサイトを作ったり、ウェブデザインをしたりすることはそこそこできていました。もともと男性性が発達している人なので、その辺りは問題ではなかったんです。でも、「器はあるけど、容れる中身がない」と強烈に感じていました。ウェブサイトは作れるけど発信する内容がなかったんです。

そこで、時間をかけて自分と向き合い、自分の女性性を開放していくプロセスを経る必要がありました。意識が宇宙(魂)と繋がり、「書きたい!」と思える内容(インスピレーション)が下りてきたときに、私のブログは完成形となったんです。

女性は内側から湧き出るインスピレーションに従ってあちこちへ話が飛びながらお喋りを楽しむ、その会話の中に着想を得た男性がアイデアを形にする。そんな風に男女でコラボしながらクリエイションを楽しんでいるカップルが増えています。

男性にとって魅力的な女性とは

おまけとして、「男性にとって魅力的な女性」とはどんなものかについて書いておきます。

男性にとって魅力的な女性とは、男性の本能を刺激し満たしてくれる女性。

なんだか身もふたもない言い方になってしまいましたが、結局はそれに尽きるんです。

  • 与えて満たしたい
  • 女性の喜ぶ顔が見たい
  • 好きな女性のことをもっと知りたい
  • 好きな女性にはありのままの自分を受け入れてもらいたい
  • 好きな女性に自分を認めてもらいたい・褒めてもらいたい
  • 好きな女性を自分のものにしたい

こうした本能をまるっと満たしてくれる女性は、男性にとって手放したくない存在です。

男性は女性を観察している

私の経験から言うと、男性は好きな女性の立ち居振る舞いや仕草や言動を観察し、その女性に関する「データを収集」しています。

「焼肉に誘ってみたけど反応が悪かった、焼肉は好きじゃないんだな」「この映画の話をしたら楽しそうにしていたな、こういう感じが好きなのか」という具合です。

男性は好きな女性を「喜ばせること」に自分の歓びを見出しますから、相手の女性を深く知りたいという探求心と好奇心が適度に刺激され(すべてをあけすけに語らない)、反応がわかりやすい女性に惹かれます。

自分の好き嫌いや快不快に正直で、それをストレートなリクエストとして相手に伝えてくれる女性は、男性にとっては魅力的な存在です。

男性は女性とは違い、言葉として発していないことを察したり気を利かせたりすることはできません。女性は母性本能が備わっているので、言葉を話さない赤ちゃんや動物が何を求めているのか「察知して」それを与える能力がありますが、男性にはその能力が備わっていないからです。

そのことを弁え、好きな男性には自分のニーズとリクエストを「真っすぐに」かつ優しく伝えること。そして、男性が何かしてくれたら喜びを表現して感謝すること(わー嬉しい!ありがとう♡)。

先にも書いたように、男性は好きな女性の反応を静かに観察していますから、反応を見て行動指針(これはする、これはしない)を得て、好きな女の役に立っているという自信を深めていくことができるのです。

逆にいつも本音に蓋をして、相手の好みに合わせてばかりの女性や、自分のニーズを「相手を責める」という形で表現する女性、あるいは「嫌味」で伝える女性からはだんだんと離れていきます。

自分の中の本能が満たされることがなく、かつ責めてくる相手と一緒に居たいとは思わないのが人情だからです。

男女の仲がうまくいくためには、女性は我慢せずに自分の気持ちや感情に素直になり、して欲しいことして欲しくないことはストレートかつ優しく男性に伝える。そうすることで女性の幸福度は増し、それを見た男性は自分に自信をつけていくという、好循環を生み出すことができるのです。

女性はまずは自分をしっかりと満たして愛すること。すべてはそこからです。


百瀬 章子 

1973年長野県生まれ。20年以上に渡り海外5か国に暮し働きながら、心理学、宗教学、人智学、形而上学(メタフィジカル)などを学び実践してきた経験を持つ。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たちの覚醒の支援・サポートを行っている。​


© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 境界線を引くことを覚え「上下意識」を手放す

  2. 「家族」に関する誤解と思い込みを手放す

  3. 共依存は女性性の傷 ナルシシズムは男性性の傷

  4. あげまん v.s. さげまん

  5. 男と女はまるで別の生き物

特集記事

  1. ありのままにサレンダーする

  2. 潜在意識の浄化は筋トレと同じ

  3. 自分で自分を守れる力

  4. 自責をやめる方法 -自責をやめられない人へ-

  5. ドキドキする恋 v.s. 穏やかな恋 女性が幸せを実感するために

保存版記事

  1. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  2. 【保存版】下位チャクラと上位チャクラの統合

  3. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  4. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  5. 【保存版】カルマを解消する方法

アーカイブ

TOP