【雑記】私の夢の実現へ向けて

7月ももう終わりですね。

今年は1月から今までずっと、休むことなくライフステージのシフトアップを通過中の私です。ここ数週間は特に、「本当の私はどんな人生を望んでいるのか」を考え実現することに集中してきました。

自己実現とは、「自分のやりたいことをやりながら、自分らしく生きられること」指します。服が大好きな人がデザイナーになるとか、花が大好きな人が園芸店をやるとか、料理が大好きな人が料理人になるとかです。

私には沢山の夢があります(した)。

  • 英語をセミネイティブレベルで話せるようになること
  • 海外で暮らすこと
  • 沢山の場所へ旅すること
  • 国際結婚すること
  • パートナーと仲睦まじい協力関係を築くこと
  • 若い人たちの自己実現をサポートすること
  • 収入を沢山得て快適な生活を送ること
  • 猫の safe heaven を作ること

このうちのいくつかは、もうすでに実現しています。もういくつかは、近年新たに加わった夢です。

3次元の世界はすべてが「プロセス」を経て実現していくので、望みが具現化するまでに時間がかかります。上にあげている「夢」も、ある日突然とか、2~3か月のうちに実現するものではなく、長い時間かけて何かを積み重ねることで少しずつ実現(具現化)していくものです。


今回の人生における私の大きな夢の一つは、猫に携わる活動をすることです。

同じ「時間を過ごす」のなら、自分の価値観に合ったこと、方向性に沿ったことをしたい、そして、「思わず夢中になってしまうくらい楽しいこと」をして日々を過ごしたい。

ずっとそう思っていました。

私にとってそういう活動の一つが、猫に関する活動なんです。

香港にいた頃、路上の猫たちの世話をするNPOを起ち上げて活動していました。数年前に日本へ戻ってから今まで、猫と触れ合う機会が持てない生活が続いています。しかしだからと言って、猫に関わることを諦めることは、私にはどうしてもできませんでした。

本当に純粋に、子供の頃に戻った気になって「将来の夢」を考えるとき、私の脳裏には「猫」しか浮かんでこないんです。猫と私は切っても切れない縁。それが私という人間の本性であり本質であることは、明白です。

「行き場のない猫たちに safe heaven (安全な場所)を提供してあげられる人になりたい」

でも、そんな生活は夢のまた夢。実現できるとは到底思えない。

ずっとそう思ってきました。

けれど今年に入ってから、「どうして私は実現できないと思い込んでいるんだろう」と、真剣に考え始めたんです。改めて自分の夢と、真面目に向き合ってみることにしたわけです。

できないと思う理由は色々ありました。

数え上げればキリがない。

その一つひとつに丁寧に向き合いながら解決策を模索する中で、少しずつ、色々な事がクリアになり、私「だけ」の道が見え始めたように感じていました。

7月15日(金)、いつものように一人でカフェでコーヒーを飲んでいたときに、ある「インスピレーション(女性性)」が下りてきました。

「試しにそれをやってみたら?」

そう思いました。

少し考えましたが、「やってみない理由」は何もありませんでした。

何かが実現するためには、最初は小さな一歩から始めなくてはならない。最初から大きなことを目指すから、諦めてしまう。でも、「今」できることはあるはず

それで、家に帰ってからすぐにPCを使って調べてみると、私が探しているのとピッタリの情報が見つかりました。ただちに行動を起こし(男性性)始め、その日の夕方には、私がするべきことはすべて終わっていました。

それから(宇宙に意図を投げてから)2週間。

8月から、この市にいくつかある保護猫活動団体の一つの活動に携われることになりました。

今の私は、女性性(インスピレーション・閃き)と男性性(決断力・行動力)がバランスよく統合できていて、かつ潜在意識の浄化も進み、内面が一致できているので、望みが具現化する(形を得て3次元に出現する)のも比較的早いです(1~2週間程度)。

保護猫活動の仕事はキツイし並大抵のことでないことは重々承知の上、しかし、それでも「やりたい」という気持ちを抑えることはできません。

一人で始めるには、私には日本での経験と知識が圧倒的に足りていない。すでにある活動団体に参加できることは、私にとって夢の実現へ向けた第一歩です。

日本における保護猫活動に関して、

  • 今どんな活動が行われているのか
  • どんな課題があり
  • どう解決できるのか
  • 将来を見据えて今やるべきことは何か

こうしたことを、現場を通して学べるまたとない機会を得ることができたのです。

「あなたのような人が来てくれるのなら本当に助かる」と団体の方から言われ、私は私で求めている経験や知識を得られるので、まさにウィンーウィンの関係が築けそうです。

大きな夢に向かって小さな一歩前進。

3次元は、この積み重ねが10年後に花開く世界です。

ということで、8月からまた少し忙しくなるので、セッションの枠を限定します個別セッションご希望の方は申込書からお問合せください。


百瀬 章子 

1973年長野県生まれ。20年以上に渡り海外5か国に暮し働きながら、心理学、宗教学、人智学、形而上学(メタフィジカル)などを学び実践してきた経験を持つ。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たちの覚醒の支援・サポートを行っている。​


© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 境界線を引くことを覚え「上下意識」を手放す

  2. 「家族」に関する誤解と思い込みを手放す

  3. 共依存は女性性の傷 ナルシシズムは男性性の傷

  4. あげまん v.s. さげまん

  5. 男と女はまるで別の生き物

特集記事

  1. 自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

  2. 幸せの尺度

  3. 本当の意味で「感謝」できるようになるには

  4. 癒しのステージ

  5. 本当に欲しいものを求める その1

保存版記事

  1. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  2. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  3. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  4. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  5. 【保存版】自分の人生の責任を負う

アーカイブ

TOP