境界線を引くことを覚え「上下意識」を手放す

当ブログでは折に触れて「境界線」について記事を書いています。日本が特に「境界線がない」文化で、それが様々な生きづらさの主要原因となっているにも関わらず、その自覚がまったくない人がほとんどだからです。

そのせいで、日本の人たちは「何を言うべきで、何を言うべきでないか」がまったくあべこべになってしまっているなぁ、と、普段から感じることが多いです。

「それはちゃんと言わなきゃダメでしょ」ということは言わずに我慢して後で他へぶちまけていたり、「それは言っちゃダメだよ」ということを平気で口にして相手の境界線を侵害したりしている。

ですがそのことに気づける人がほとんどおらず、「誰かから指摘されるまで気づかない」ことが多いです。

境界線テスト

あなたがどれくらい境界線が引けているかを測ってみましょう。

1 / 20

あなたのパートナーは見栄っ張りで、すぐにカードを切って奢ってしまいます。こんなときあなたは:

2 / 20

あなたの10代の子供はスマホが大好きです。料金を支払っているのはあなたです。子供はあなたが使用量をチェックすることに抗議してきました。こんなときあなたは:

3 / 20

あなたはレストランで食事をしています。 近くのテーブルの人たちがお酒を飲んで大騒ぎし始めました。あなたは食事や会話を楽しむことが出来ません。こんなときあなたは:

4 / 20

家族や親せきの中には、あなたの私生活 について詮索し、聞いてもいない余計なアドバイスをしたがる人たちがいます。お盆や正月が憂鬱です。こんなときあなたは:

5 / 20

友人の一人が、人が大勢集まる場所であなたに関する不適切発言を連発し、あなたは気分を害しました。こんなときあなたは:

6 / 20

家族の一人が「今月は財布が厳しい」と 言ってきました。もうすでに何度かお金を貸しています。今回は「子供に自転車を買ってやりたいから1万円貸して欲しい」と言っています。あなたは:

7 / 20

友人があなたの家へ子連れで遊びに来ました。目を離したすきに、子供があなたの家具に落書きしました。友人を見ると、悪びれた様子もなく笑っています。こんなときあなたは:

8 / 20

あるセミナーを受講中に、講師がクラス全員の前であなたの短所を批判し、あなたは居たたまれない気持ちになりました。こんなときあなたは:

9 / 20

同僚の仕事の納期が間に合いそうもありません。あなたに「手伝ってくれ」と頼んで来ました。あなたには同じく納期が迫った仕事があります。こんなときあなたは:

10 / 20

数人で旅行へ行きました。あなた以外の全員は、博物館へ行きたいと言いますが、あなたは行きたくありません。こんなときあなたは:

11 / 20

上司があなたの仕事の成果を自分のものとしてプレゼンしていることを知りました。こんなときあなたは:

12 / 20

あなたのアパートで飲み会をすることになりました。会がお開きになってみんなが帰る頃には、家の中はひどいありさまになっていました。こんなときあなたは:

13 / 20

海外旅行へ出かけてヒッチハイクにチャレンジしました。たまたま乗せてもらったのは若者たちの車で、スピード違反や危険運転を繰り返し、あなたは生きた心地がしません。あなたは:

14 / 20

何か月も会っていない兄弟姉妹が、ランチの約束をドタキャンしてきました。「近いうちに埋め合わせする」と言っていますが、ドタキャンされたお陰でスケジュールが空いてしまいました。あなたは:

15 / 20

子供の学校のPTAで代表者を選出しなくてはなりません。立候補する人は誰もいません。あなたも忙しくて余裕がありません。こんなときあなたは:

16 / 20

親しい友人から連絡が来て、「仕事で嫌な ことがあったので、今夜飲みに付き合って欲しい」と言われました。あなたにはすでに予定があります。こんなときあなたは:

17 / 20

あなたの同居人は仕事が忙しく家事を全くしません。あなたが一切の家事を担当しています。あなたの中に不満が蓄積しています。こんなときあなたは:

18 / 20

ようやくプロジェクトが片付き、待ちに待った休暇へ出かけるところです。ところが、こんなときに限ってクライアントから急ぎの仕事の依頼が入りました。あなたは:

19 / 20

あなたの息子はお酒が好きで、毎晩晩酌をします。今日も夕食前にビールを 開けて飲もうとしています。こんなときあなたは:

20 / 20

上司から、あなたのミスではないことに関して「謝罪するように」と言われました。あなたは自分が悪いとは思いません。こんなときあなたは:

Your score is

0%

上下意識を強く持つ日本人

日本特有の意識の一つに、「人間関係において上下関係を作りやすい」というものがあります。

相手と自分が「水平で対等な立場」という意識が希薄で、常に「どちらかが上」で「どちらかが下」という人間関係が多いわけです。「先輩・後輩」なんて言葉はまさにそれを象徴しています。

私が暮らして来たアメリカやオランダや香港には、先輩後輩という概念は存在していません

例えば、日本では、雇用主と従業員だったら、雇われている側はごく自然と無意識のうちに雇用主を自分の上の置いています。会社の方が自分よりも上である、自分よりも偉いと考え、自分を下に置いて、無意識のうちに「その役割」で振舞っている人がほとんどじゃないかなと思います。

最近日本人の友人の一人から、「こんな会社いつでも辞めてやるって思っとけばいいってこと?」と聞かれましたが、そういう「反抗的っぽい態度」そのものが、自分を会社よりも「下に置いている」サインなんです。

対等で水平な関係では、相手も自分もお互いに「相性を見極め」ていますから、どちらかが「利害関係が一致しない」と感じた時点で、関係が解消されることはあり得るわけです。

どちらが一方的に相手を評価してノーを突き付けたり、それに対して「反逆」したりという構図は、上下関係においてしか存在しない現象です。

別の例を出せば、日本には「お客様の方が店より上」という意識もあります。「お金を払っている方が偉い」という認識があるんです。

日本の人たちは、「え、それって普通じゃないの?」と思うかもしれませんが、日本以外の場所ではそれは決して普通ではありません

日本以外の場所では、店員さんもレジの人も、日本みたいに「丁寧すぎる」対応などは一切せず、もっとフランクに自然体で、客と「対等な立場」として接客をしています。客側が失礼・無礼な振る舞いをすれば躊躇なく「迷惑だなぁ」と言って自分を表現しますし、日本のように「慇懃無礼」といった形で密(ひそか)に客に攻撃を加えることもありません。

いってみれば日本人よりも「大人」な人たちなんです。

承認欲求が強い日本人

「相手に気に入られたい」「評価されたい」「認めてもらいたい」という承認欲求があったり、「続けることが美徳」みたいな価値観があったり、かつ相手を意識上で自分の上においてしまったりしていると、自分が無理をしたり我慢したりするのが「当たり前」になってしまいます。

そうすると、相手との間に健全な境界線が引けなくなります。

それはとても不健全なことだと気づく必要があります。それがどれほど自分の心身の健やかさにとって害悪であるのか、もっと多くの人に認識してもらいたいと私は思っています。

疲れたときには「休みます」と言い、できないことは「それはできかねます」と言い、境界線を侵害されたら「一線を尊重して下さるとありがたいです」とちゃんと言えることが、健全な人間関係の在り方です。


相手との間に健全な境界線を引いて、自分の心身の健やかさを保つためには、何はともあれ「上下意識」を完全に手放すこと。相手と自分は常に「水平で対等な立場」である意識を常にしっかりと持って、たとえ相手が上司であろうと客であろうと、自分の境界線を侵害させないように真っすぐな姿勢で対峙することが大切です。

それができるようになるために、インナーチャイルドをしっかり癒し、自己肯定感を高め、健全な自尊心と自己価値感を育むことが急務です。

自分を大切に扱うことを知っていて、自分の価値を証明するために上司や会社を満足させる必要はないんだと腹の底から知ることができれば、承認欲求の奴隷になって自分に無理をさせることはなくなります。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

最近の記事

  1. ホメオスタシス(現状維持)の例と乗り越え方

  2. 制限やブロックを炙りだし解除するワーク

  3. タイムライン・パラダイムをシフトする 古い自分が出てきたら「新しい自分」を選び直すだけ

  4. 「成長・進化」しないことが許されない流れ

  5. 「正しくある」ことの狂気を描いた作品 -新月に観た映画「戦場のメリークリスマス-

特集記事

  1. ライトワーカー7つの特徴

  2. 「成熟」とは

  3. 親の介護をしたくないときどうするか

  4. 【保存版】感情エネルギーを昇華するプロセス

  5. 相手を大人として扱う

保存版記事

  1. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  2. 【保存版】マット・カーンによるアセンションに関する記事

  3. 【保存版】願いが叶う前兆 ー潜在意識の綱引き現象-安全圏を理解する

  4. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  5. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

アーカイブ

TOP