怒りの必要性と使い方

2022年8月も終盤へ向けて進んでいますが、読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私の8月は、ひっさびさに「怒り」の月となりました(笑)。気持ちいいくらいに怒りが出てきたので、今や気分爽快、前進する気持ちもフレッシュになっているところです。

皆さんは「怒り」を悪い感情だとお思いですか?

そうでない方もいらっしゃるかとは思いますが、私自身、怒りは前進するために絶対必要な感情だと考えています。

2014年に青色ダイオードでノーベル賞を獲得した中村教授が、かつて「日本の司法は腐ってる!」と言い放ち、激怒しながらアメリカへ移住してしまったことは有名な話です。

青色ダイオードの発明を巡って以前の雇用主を提訴して、200億円とも8億円ともいわれる和解金を巡って争ったのですよね。

日本人でノーベル賞を受賞した人の多くは、日本ではなく外国へ移住している人が多いです。その理由は、「出る杭は打たれる」文化である日本にいると自分が潰されてしまうから。

日本の文化の中では、天才は自分の才能を発揮できる余地がないので、あえてアメリカなどの自由な文化がある国へ移住してしまう。そして、移住先の大学に勤めて、外国の学生たちが彼らの講義を受けて恩恵を被るという、なんとも理不尽な状況が繰り広げられている訳です。

日本の才能なのに、日本に貢献せずに外国に貢献させることに甘んじているのだから、日本という国の不甲斐なさには今更呆れることもできません。

関連記事:

話が横に逸れましたが、その中村教授がノーベル賞受賞のインタビューでの質疑応答がこちら。

記者:「I’m just wondering what sort of motivation you have when you are working on your projects. (研究を行う際に、どんなことが原動力(モチベーション)になっているのか、お聞かせください)」

中村教授:「アンガー!(怒り)」

中村教授は、「自分の原動力は怒りです」と言い切ったんですね。

怒りは、人類を前進させる原動力であると、私も思います。

黒人の人たちが今ある人権を手にできた原動力は、怒りでした。「なぜ自分たちが奴隷として扱われなくてはならないのか」。その理不尽さに「耐える」必要はどこにもなく、怒りを感じるのがしごく当然と言えるでしょう。

怒りの用い方

ただし、「怒り」には使い方があって、怒りをぶちまけて暴動を起こしたり、相手を打ちのめして殺してしまったりしてはなりません。それだと「怒り」の力を発揮できなくなってしまう。

そうではなく、「怒り」を適切に用いて、「望む状態」を実現させる方向へと使うわけです。

中村教授は「日本へ対する怒り」を原動力にして研究に打ち込み、最終的にはノーベル賞を獲得しました。

研究者の地位の向上への貢献。

それが中村教授が怒りを原動力にして成し遂げた成果です。しかしそれが日本ではなく、アメリカにおいて成し遂げられたというだけ。

望みを叶える

例えば、自分の体力や能力に見合わない労働シフトを押し付けられて、それに耐えるように圧力をかけられている例は、日本においてはまだまだみられる現状です。

しかし多くの方は長時間労働や自分に無理をさせる働き方など望んではいないでしょう。

「他の人たちだってこのシフトでやっているんだから」と、同調圧力を持ち出されてシフトを強要されそうになったら、「それと私と何の関係が?私の心身の健やかさを管理するのは私の責任です。そのシフトは許容できません」と、真顔で言えばいいだけです。

申し訳なさそうに言ったり、反抗的に言ったりするのではなく。

それであぁだこうだ言ってくる職場であれば、労働基準監督署に通報すればいいだけです。

でも、そんな簡単なことすら「できない」と思い込んでいる日本人が多すぎます。

境界線をしっかりと引く

境界線テスト

あなたがどれくらい境界線が引けているかを測ってみましょう。

1 / 20

あなたのパートナーは見栄っ張りで、すぐにカードを切って奢ってしまいます。こんなときあなたは:

2 / 20

あなたの10代の子供はスマホが大好きです。料金を支払っているのはあなたです。子供はあなたが使用量をチェックすることに抗議してきました。こんなときあなたは:

3 / 20

あなたはレストランで食事をしています。 近くのテーブルの人たちがお酒を飲んで大騒ぎし始めました。あなたは食事や会話を楽しむことが出来ません。こんなときあなたは:

4 / 20

家族や親せきの中には、あなたの私生活 について詮索し、聞いてもいない余計なアドバイスをしたがる人たちがいます。お盆や正月が憂鬱です。こんなときあなたは:

5 / 20

友人の一人が、人が大勢集まる場所であなたに関する不適切発言を連発し、あなたは気分を害しました。こんなときあなたは:

6 / 20

家族の一人が「今月は財布が厳しい」と 言ってきました。もうすでに何度かお金を貸しています。今回は「子供に自転車を買ってやりたいから1万円貸して欲しい」と言っています。あなたは:

7 / 20

友人があなたの家へ子連れで遊びに来ました。目を離したすきに、子供があなたの家具に落書きしました。友人を見ると、悪びれた様子もなく笑っています。こんなときあなたは:

8 / 20

あるセミナーを受講中に、講師がクラス全員の前であなたの短所を批判し、あなたは居たたまれない気持ちになりました。こんなときあなたは:

9 / 20

同僚の仕事の納期が間に合いそうもありません。あなたに「手伝ってくれ」と頼んで来ました。あなたには同じく納期が迫った仕事があります。こんなときあなたは:

10 / 20

数人で旅行へ行きました。あなた以外の全員は、博物館へ行きたいと言いますが、あなたは行きたくありません。こんなときあなたは:

11 / 20

上司があなたの仕事の成果を自分のものとしてプレゼンしていることを知りました。こんなときあなたは:

12 / 20

あなたのアパートで飲み会をすることになりました。会がお開きになってみんなが帰る頃には、家の中はひどいありさまになっていました。こんなときあなたは:

13 / 20

海外旅行へ出かけてヒッチハイクにチャレンジしました。たまたま乗せてもらったのは若者たちの車で、スピード違反や危険運転を繰り返し、あなたは生きた心地がしません。あなたは:

14 / 20

何か月も会っていない兄弟姉妹が、ランチの約束をドタキャンしてきました。「近いうちに埋め合わせする」と言っていますが、ドタキャンされたお陰でスケジュールが空いてしまいました。あなたは:

15 / 20

子供の学校のPTAで代表者を選出しなくてはなりません。立候補する人は誰もいません。あなたも忙しくて余裕がありません。こんなときあなたは:

16 / 20

親しい友人から連絡が来て、「仕事で嫌な ことがあったので、今夜飲みに付き合って欲しい」と言われました。あなたにはすでに予定があります。こんなときあなたは:

17 / 20

あなたの同居人は仕事が忙しく家事を全くしません。あなたが一切の家事を担当しています。あなたの中に不満が蓄積しています。こんなときあなたは:

18 / 20

ようやくプロジェクトが片付き、待ちに待った休暇へ出かけるところです。ところが、こんなときに限ってクライアントから急ぎの仕事の依頼が入りました。あなたは:

19 / 20

あなたの息子はお酒が好きで、毎晩晩酌をします。今日も夕食前にビールを 開けて飲もうとしています。こんなときあなたは:

20 / 20

上司から、あなたのミスではないことに関して「謝罪するように」と言われました。あなたは自分が悪いとは思いません。こんなときあなたは:

Your score is

0%

怒りを感じるときは、ほぼ間違いなく自分の境界線が侵害されているときです。

  1. 自分が必要なものを得ていない
  2. 自分が要らないものを押し付けられている

このどちらかなんです。

だから、自分の快不快にとことんまで正直になって、言う必要があることはしっかりと言わなくてはなりません。

それが出来るようになって初めて、他者の境界線を尊重することも学べるわけです。

怒りは境界線の場所を示す重要な感情で、怒りに蓋をしてなかったことにしている限り、健全な境界線を引くことはほぼ不可能です。

境界線をしっかりと引いて、境界線が侵害されたときに感じる怒りを適切に用いて自分が望むことを実現する、そして他者の境界線を尊重することを学ぶ。

それが怒りに関して日本の人たちが取り組む必要がある統合課題であると、私は考えています。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 男は女を通して、女は男を通して「進化」する その1

  2. お金との付き合い方を見直して問題や課題を克服する

  3. 本当の意味で「感謝」できるようになるには

  4. 「弱点」と「欠点」の違いとそれぞれの対処法

  5. 「成熟」とは

保存版記事

  1. 【保存版】社会に適応する必要はない

  2. 【保存版】癒しの原理

  3. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  4. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  5. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

アーカイブ

TOP