「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

いくつになっても「親に逆らえない」という人がたまにいらっしゃいます。「親に逆らったことがない」とか、「親の言う事は素直に聞くもの」ということを言う人たちです。

私は「逆らう」「わがまま」「背く」という言葉に対して強烈な違和感を覚えるのです。なぜならこれらは、「支配者」が使う言葉だから。

躾けとは区別する

子供がまだ幼くて自分で責任を負えない時期に親が子供を躾けることと、親が子供を支配することとは根本的に違います。

例えば、行動とその結果の因果関係を教え、「自分の行動に責任を負うこと」を子供に教えるのは親の義務です。

何かを壊せば弁償し、約束の時間を守れなければ、その結果は自分で引き受けることなどを教えていく訳です。

子供の心身のニーズを満たすように動き、時として「親にも限界(できることとできないこと)がある」ことを「適切な形」で子供に伝えることで、「あなたもすべてをできなくてもいいんだよ」と教えていくわけです。

しかしそうした躾けではなく、子供を自分のエゴを満足させるためだけに思い通りに動かそうとするのは、親が抱えているナルシシズムの問題(エゴ)です。

子供はありのままの自分を表現して良い

子供が親に対して、

  • それはしたくない
  • これをしたい
  • それはできない
  • これはできる
  • これが好き
  • これは嫌い

と、ありのままの自分で接することは、「逆らう」ことや「親に背く」ことではありません。ましてや「わがまま」でもありません。

子供にありのままの自分、自然体な自分で接することを許さない親であれば、完全なる毒親、その親に相当な問題があるということです。

子供がありのままに自由に自分を表現したとき、

  • 「親に逆らうつもりか」
  • 「親の言う事は素直に聞くものだ」
  • 「親に背いてはならない」
  • 「あなたのために言っているのよ」

など言うのであれば、親が子供を自分の思い通りに動かそうとしているだけです。そしてそのことに対してまったく自覚がないし、今後も自覚が芽生えることはない

彼らにとってそれは「普通のこと」だからです。親もまた、自分の親からそのように育てられているからです。

主従関係か支配関係に陥っているサイン

常日頃から誰かと主従関係になっていたり、支配する・支配されるという関係に陥っているのであれば別ですが、人として自由に生きている限り、「逆らう」とか「背く」という状況はまずあり得ません。

もしもあなたが何かや誰かに「逆らう」とか「背く」という状況にあるのだとしたら、それはあなたが相手と主従関係か支配関係に陥っているという明確なサインです。

相手と癒着している状態だと気づくことが必要

以前から何度も書いている通り、日本人は境界線の概念が希薄です。

自分と他者を区別する意識がなく、自分と他者がべったりと癒着して依存し合うような人間関係が多くみられます。親子関係のみならず、兄弟姉妹との関係、友人関係、パートナーとの関係、師弟関係など。

すると、本来口出しすべきでないことまで口出ししたり、また相手もそれを当たり前のことと捉えるという「垣根のない」状態が生じることになります。

以前ネット上で、数年前に亡くなった女優の樹木希林さんの思い出を語っている浅田美代子さんのインタビュー記事を読みました。

浅田さんによれば、樹木希林さんとは親友関係で、歳上の樹木さんから人生や生き方についていろいろと指南されていたそうです。

「独身で生きるなら不動産を買え」というアドバイスに従ってマンションを買ったり、ローンの支払いについてのアドバイスにも従っていたとのこと。しかし一つだけ「背いた」ことは、「早く再婚相手をみつけなさい」というアドバイスだったそうです。

「背く」も何も、本来そのようなことは、他者が口出ししてはならない問題なんですよね。たとえ相手が親友であっても。

私の感覚からすると、この二人の距離感は近すぎるんです。

本来であれば、浅田さんがどういう生き方をするか、何を買って何を買わないか、どんなパートナーを選ぶか、結婚するかしないかということに関して、友達と言えども意見できない領域です。

相手が「アドバイスを求めてきた」のなら別ですが、それ以外で自分以外の他者を「自分好みに」動かそうとしてはならないし、ましてや不動産購入や結婚に関することに自分の意見を押し付けるなどはもっての他。

求められない限り、相手の生き方に口を差しはさまない。それが相手を人として尊重するということです。

自分と相手は全く別の存在という意識を持つ

意識上で境界線を持つとは、自分と相手が「まったく別の存在」であることをしかと認識し、相手のすべて(価値観、生き方、抱えている問題や課題の取り組み方・乗り越え方など)を尊重すること意味します。

互いが明確に「自分」を持ち、一人で立てている状態です。この状態にあるときに初めて「健全な人間関係」を築くことが可能となります。

無意識の状態で生きていると、ついうっかりと相手の境界線を侵害していたり、また相手に自分の境界線を侵害させたりしてしまうものです。

その都度意識の境界線を明確に持ち直し、言動のズレを修正していくことが必要です。

自分の境界線が侵害されているかどうかは、自分の中に「不快感」が湧き上がってくる感覚でわかります。健全な自我を持った人であれば、他者が自分のことにアレコレ口出ししてきたり、お節介をやかれることに不快感を覚えるのが自然だからです。

境界線に関するテストはこちら ↓

境界線テスト

あなたがどれくらい境界線が引けているかを測ってみましょう。

1 / 20

あなたのパートナーは見栄っ張りで、すぐにカードを切って奢ってしまいます。こんなときあなたは:

2 / 20

あなたの10代の子供はスマホが大好きです。料金を支払っているのはあなたです。子供はあなたが使用量をチェックすることに抗議してきました。こんなときあなたは:

3 / 20

あなたはレストランで食事をしています。 近くのテーブルの人たちがお酒を飲んで大騒ぎし始めました。あなたは食事や会話を楽しむことが出来ません。こんなときあなたは:

4 / 20

家族や親せきの中には、あなたの私生活 について詮索し、聞いてもいない余計なアドバイスをしたがる人たちがいます。お盆や正月が憂鬱です。こんなときあなたは:

5 / 20

友人の一人が、人が大勢集まる場所であなたに関する不適切発言を連発し、あなたは気分を害しました。こんなときあなたは:

6 / 20

家族の一人が「今月は財布が厳しい」と 言ってきました。もうすでに何度かお金を貸しています。今回は「子供に自転車を買ってやりたいから1万円貸して欲しい」と言っています。あなたは:

7 / 20

友人があなたの家へ子連れで遊びに来ました。目を離したすきに、子供があなたの家具に落書きしました。友人を見ると、悪びれた様子もなく笑っています。こんなときあなたは:

8 / 20

あるセミナーを受講中に、講師がクラス全員の前であなたの短所を批判し、あなたは居たたまれない気持ちになりました。こんなときあなたは:

9 / 20

同僚の仕事の納期が間に合いそうもありません。あなたに「手伝ってくれ」と頼んで来ました。あなたには同じく納期が迫った仕事があります。こんなときあなたは:

10 / 20

数人で旅行へ行きました。あなた以外の全員は、博物館へ行きたいと言いますが、あなたは行きたくありません。こんなときあなたは:

11 / 20

上司があなたの仕事の成果を自分のものとしてプレゼンしていることを知りました。こんなときあなたは:

12 / 20

あなたのアパートで飲み会をすることになりました。会がお開きになってみんなが帰る頃には、家の中はひどいありさまになっていました。こんなときあなたは:

13 / 20

海外旅行へ出かけてヒッチハイクにチャレンジしました。たまたま乗せてもらったのは若者たちの車で、スピード違反や危険運転を繰り返し、あなたは生きた心地がしません。あなたは:

14 / 20

何か月も会っていない兄弟姉妹が、ランチの約束をドタキャンしてきました。「近いうちに埋め合わせする」と言っていますが、ドタキャンされたお陰でスケジュールが空いてしまいました。あなたは:

15 / 20

子供の学校のPTAで代表者を選出しなくてはなりません。立候補する人は誰もいません。あなたも忙しくて余裕がありません。こんなときあなたは:

16 / 20

親しい友人から連絡が来て、「仕事で嫌な ことがあったので、今夜飲みに付き合って欲しい」と言われました。あなたにはすでに予定があります。こんなときあなたは:

17 / 20

あなたの同居人は仕事が忙しく家事を全くしません。あなたが一切の家事を担当しています。あなたの中に不満が蓄積しています。こんなときあなたは:

18 / 20

ようやくプロジェクトが片付き、待ちに待った休暇へ出かけるところです。ところが、こんなときに限ってクライアントから急ぎの仕事の依頼が入りました。あなたは:

19 / 20

あなたの息子はお酒が好きで、毎晩晩酌をします。今日も夕食前にビールを 開けて飲もうとしています。こんなときあなたは:

20 / 20

上司から、あなたのミスではないことに関して「謝罪するように」と言われました。あなたは自分が悪いとは思いません。こんなときあなたは:

Your score is

0%

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 自己治癒(セルフヒーリング)に必要な要素

  2. 自分をちゃんと守れる人が大人

  3. 「完璧な瞬間」は永続しないのが自然

  4. 「真心」を伝える自分と相手を大切にするコミュニケーション

  5. 自責をやめる方法 -自責をやめられない人へ-

保存版記事

  1. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  2. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  3. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  4. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  5. 【保存版】社会に適応する必要はない

アーカイブ

TOP