【保存版】カルマを解消する方法

今の時代にカルマの解消に取り組んでおられる方は多いと思います。でも、「カルマってどうやったら解消できるの?」と思われると思います。実際私自身も、どうしたら自分のカルマを解消できるのか、長いこと知りたいと思っていたものです。

結論から言ってしまうと、「簡単に」カルマを解消する方法はありませんあるのは「正攻法」だけです。

この記事では、正攻法で「カルマを解消する方法」について簡単に説明していきます。

カルマとは

カルマとはサンスクリット語で、日本では中国から輸入された「業」という文字を当てています。

魂にくっついてしまっている「悪癖」のことで、ある意味「魂の負債」ともいえるものです。

この負債を解消して±ゼロに戻すまで、輪廻転生のサイクルから外れることができないと言われています。プラスマイナスゼロに戻して輪廻から外れたら、次は一つレベルアップして(霊格が上がる)天使へと昇格します。

関連記事:

カルマの仕組み

「自分が外へ出したものを自分が受け取る」。ざっくり言えばこれがカルマの仕組みです。

例えば、Aさんは今回の人生で人を一人殺害したとします。「人を殺した」という行いは、人間世界(3次元世界)では「罪」として裁かれます。刑に服して完了すれば罪は償ったとみなされ放免されます。

人間の行いを善悪や良し悪しで判断しジャッジするのは、3D意識の特徴です。しかしエネルギーの世界(5次元)では、人の行いを善悪や良し悪しで裁いたりはしません。

その代わり、自分の行いの全責任を自分が負うこととなるのです。

「自分のエゴで他者の運命を変えた」というエネルギー的な負債は、自分で責任を負って処理するまで帳消しにはなりません。

カルマを解消する方法

負債を処理する方法としては、以下の二つがあります:

  1. 自分のしたことを自分が受ける(今度は自分が誰かに殺される)
  2. 善行(プラスの行い)を100積んで相殺する

2.の善行を積むとは、殺人を犯した人が自分の行いを悔い改めて、家族を殺された遺族のケアやサポートに廻るとか、親を殺された遺児の面倒をみるとか、殺人を犯してしまった人の心理療法に携わる等、何かしらプラスのエネルギーを循環させることでカルマを相殺することを指します。

記事の後半では、1.「自分がしたことを自分が受け取る」を経験しているケースにおいて、どのようにその局面を乗り越えてカルマを解消できるかについて説明していきます。

カルマを認識する

今回の人生で、あまりにも理不尽に何かしらの被害に遭っているケースでは、ほぼ間違いなくそれがその人のカルマと言えます。記憶にはなくても、過去生のある時点で今誰かに自分がされていることと同じことを誰かにしているのです。

例えば、Bさんは今回の人生で毒親から虐待されながら育ちました。するとほぼ間違いなく、いずれかの人生でBさんは自分が誰かを虐待した経験を持っています。「虐待」がBさんのカルマです。

「親を選んで生まれてきた」という考えに拒絶感を持つ方は、この言葉の真意を理解していません。私たちは確実に自分で親を選んで生まれてきています。理由は、それが自分のカルマ解消に必要なことだからです。

そのことを明確に自覚することが、カルマ解消の第一歩です。

受け入れ、癒し、赦すことでカルマは解消する

自分がどれほどひどいことを他者に対してしたのかを、真正面から見据えることは痛みを伴います。そのため、多くの人はこの部分から逃げ続けます。自分が他者を虐待してひどい目に合わせたと認めるよりも、自分が被害者を演じていた方が楽だからです。

ですが、それではカルマは解消しません。

カルマを解消するためには:

  1. 自分が相手に与えたダメージと痛みを真摯に受け止める
  2. 自分は他者を傷つけたと認める
  3. 他者を傷つけてしまった自分を責めずに理解する(そうしてしまった理由が必ずある)
  4. 自分の傷を癒す(他者を傷つけるに至った原因となる傷)
  5. 悔い改め、自分を赦す
  6. 自分に危害を加えた相手を赦す

このプロセスを経ることが必要です。

自分や相手をジャッジして裁いたりするのではなく、責めるのでもなく、ただありのままを淡々と見て受け止め、思いやりと理解を持って悔い改めるのです。

悔い改めるとは、心を入れ替えて悪行のサイクルから足を洗うと決めることを意味します。

最初に取り組む必要があることはインナーチャイルドの傷を癒すことです。このステップには数年を要しますが、チャイルドが癒えれば後のことは自ずと解消へ向かいます。

感情の解放が先決

このプロセスをしっかりと経るためには、何よりも抑圧されている感情を解放することが先決です。感情の解放とは、体内に溜まってしまっている怒り、恨み、憎しみ、フラストレーション、殺意などの重苦しいエネルギーを、すべて身体の外へ出すことを意味します。

解放の方法については今まで何度か書いてきましたので、別途参照なさってください。心理カウンセラーやセラピストのサポートを得ることも有効です。

関連記事:

カルマの解消にはそれなりの時間がかかります。決して数か月や半年でどうにかなるものではありません。それこそ一生取り組む気持ちで、じっくりと向き合う姿勢が求められます。

特定の人との間にあるカルマの解消をサポートする誘導瞑想はこちらから。根気よくワークに取り組むことでエネルギー的なシコリは解消へと向かいます。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. グラウンディングに効果的な食べ物や住居やアクティビティ

  2. 私が読者やクライアントの皆さんからの個人的メッセージをお断りしている理由

  3. 「何をするか」よりも「どんな波動でするか」が重要

  4. 「繋がり」や「絆」の本当の意味

  5. 自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

特集記事

  1. 「自分は一体何者であるか」を知るために

  2. 個の時代における「繋がり」の意味の変化

  3. 内面の成熟度と社会の成熟度の関係

  4. 相手を大人として扱う

  5. 不安・心配・恐れを解消する方法

保存版記事

  1. 【保存版】社会に適応する必要はない

  2. 【保存版】癒しの原理

  3. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  4. 【保存版】カルマを解消する方法

  5. 【保存版】「自我」と「エゴ」の違い

アーカイブ

TOP