【保存版】カルマを解消する方法

この記事では、「カルマを解消する方法」について簡単に説明していきます。

アセンションのプロセスにおいて、カルマの解消は第一条件と言っても過言ではありません。でも、「カルマってどうやったら解消できるの?」と思われる方が多いと思います。

「簡単に」カルマを解消する方法はありません。あるのは「正攻法」だけです。

カルマとは

カルマとはサンスクリット語で、日本では中国から輸入された「業」という文字を当てています。

簡単に言えば、魂にくっついてしまっている「悪癖」のことで、ある意味「魂の負債」ともいえるものです。この負債を解消して±ゼロに戻すまで、輪廻転生のサイクルから外れることができないと言われています。±ゼロに戻して輪廻から外れたら、次は一つレベルアップして天使へと昇格します。

関連記事:

カルマの仕組み

「自分が外へ出したものを自分が受け取る」。簡単に言えばこれがカルマの仕組みです。

例えば、Aさんは今回の人生で人を一人殺害しました。「人を一人殺害した」という行いは、人間世界(3次元世界)では「罪」として裁かれます。刑に服して完了すれば放免されます。しかし、エネルギーの世界(5次元)では、エネルギー的にこの負債を処理するまで責任から逃れることができません

殺人を-100の負債とすると、いずれかの時点で+100を生み出して、±ゼロに戻す必要があるのです。

方法としては、以下の二つがあります:

  1. 自分が誰かに殺される(自分のしたことを自分が受ける)
  2. 善行(プラスの行い)を100積んで相殺する

2.の「善行を積む」は、いわゆる仏教で説かれるところの「徳を積む行」のことです。殺人を犯した人が行いを悔い改めて、家族を殺された遺族のケアやサポートに廻るとか、親を殺された遺児の面倒をみるとか、同じく殺人を犯してしまった人の心理療法に携わる等、何かしらプラスのエネルギーを循環させることでカルマを相殺することができます。

この記事では、1.(自分がしたことを自分が受け取る)を経験しているケースにおいて、どのようにその局面を乗り越えてカルマを解消できるかについて説明していきます。

自分がしたことを自分が受け取る

今回の人生で、あまりにも理不尽に何かしらの被害に遭っているケースでは、ほぼ間違いなくそれがその人のカルマであると言えます。記憶にはなくても、過去生のある時点で、誰かに今自分がされていることと同じことをしているのです。

例えば、Bさんは今回の人生で毒親から虐待されながら育ちました。すると、ほぼ間違いなく、いずれかの人生でBさんは自分が誰かを虐待した経験を持っています。「親は選べない」と思われるかもしれませんが、確実に自分で親を選んで生まれてきています。理由は、それが自分のカルマ解消に必要なことだからです。

本当に正直に自分と向き合えば、自分の中に加害者と同じ部分があることに気づくでしょう。そのことを真摯に受け止め、自分自身の課題に取り組むことでカルマ解消を目指すのです。

受け入れ、癒し、赦すことでカルマは解消する

自分がどれほどひどいことを他者に対してしたのかを、真正面から見据えることは痛みを伴います。そのため、多くの人はこの部分から逃げ続けます。自分が他者を虐待してひどい目に合わせたと認めるよりも、自分が被害者を演じていた方が楽だからです。

ですが、それではカルマは解消しません。

カルマを解消するためには:

  1. 自分が相手に与えたダメージと痛みを真摯に受け止める
  2. 自分は他者を傷つけたと認める
  3. 他者を傷つけてしまった自分を責めずに理解する
  4. 自分を愛して傷を癒す
  5. 悔い改め、自分を赦す
  6. 自分に危害を加えた相手を赦す

このプロセスを経ることが必要です。

最初に取り組む必要があることはインナーチャイルドの傷を癒すことです。このステップには数年を要しますが、チャイルドが癒えれば後のことは自ずと解消へ向かいます。

感情の解放が先決

このプロセスをしっかりと経るためには、何よりも抑圧されている感情を解放することが先決です。感情の解放とは、体内に溜まってしまっている怒り、恨み、憎しみ、フラストレーション、殺意などの重苦しいエネルギーを、すべて身体の外へ出すことを意味します。

解放の方法については今まで何度か書いてきましたので、別途参照なさってください。

カルマの解消にはそれなりの時間がかかります。決して数か月や半年でどうにかなるものではありません。それこそ一生取り組むくらいの気持ちで、じっくりと向き合う姿勢が求められます。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 日本人の集合意識に根差す「変化を拒む」カルマ

  2. 血筋(家系)の癒しとカルマ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ