「投影」の原理 -統合への道のり-

心理学用語に「投影」という言葉があります。

投影とは、自分の一部(要素)であるにも関わらず、「これが自分である」と認めていない要素を外の世界の他者に映し出して見い出す現象。投影対象に向けて強い拒絶感を示すか、あるいは抗えない魅力を感じるかという両極端な現れ方をする。拒絶感を伴うものを「ネガティブ投影」、魅力を感じるものを「ポジティブ投影」と呼んで区別する。(あくまでの百瀬個人としての定義です)

この記事では、実際にネット上にあった例をシェアすることで、「投影」の例と原理を示し、「統合への道のり」を解説していきたいと思います。

堀江貴文氏が投影された例

今回シェアしたいのはこちらの記事です:

堀江貴文「お金は自分にとって爪切りと同じ」

かいつまんで内容を説明すると、堀江貴文氏は昔ある人から「お前はなぜそんなにお金が好きなのだ?!」と責められてとても困惑したという内容です。

芸能人始め有名な人たちは、世間の人たちの恰好の「投影対象」となります。人々は自分の内面世界の分裂状態を彼らに投影し、言いたい放題をいいますが、自分の内面の問題に目を向けることはまずありません。

少し昔、講演イベントでこんなことがあった。お客さんとの質疑応答タイムになって、ある経営者の男性に食ってかかられた。「自分はお金のためには仕事をしていない」という。そして「お前は、どうしてそんなにお金が好きなんだ!?」と責められた。いきなり敵意を向けられて戸惑ったけれど、せっかく質問してくれたお客さんだ。きちんと答えたいのだが……いくら考えても、質問の意味がわからなかった

堀江貴文

典型的な「投影」の例です。

投影をしているのは「質問者」で、投影されているのは堀江氏。

堀江氏は「いくら考えても、質問の意味がわからなかった」と述懐していますが、それは堀江氏が相手の「投影」に気づいていらっしゃらないからです。

投影の仕組み

質問者の男性は、今まで何等かの経緯があって、「お金のために仕事をしてはいけない」と強く思い込むに至ったのです。そして「お金を好きであってはならない」という思い込みも持っていらっしゃる。

「お金が好きで、お金のために仕事をする自分は愛されないし、世間から受け入れてもらえない」と、頑なに信じていらっしゃる

そのため、自分は本当はお金が好きだけれど、そうであってはならないので、「お金が好きな自分」を意識上で自分から切り離して抑圧してしまったんです。

ですが、ご本人にはこの一連の心理的動きに対する自覚は皆無なわけです。

するとどうなるかと言うと、潜在意識に抑圧された「お金が好きな自分」を外の世界の他者の上に「投影する」ということが起こります。

お金が好きとは、どういうことなんだろう? 僕は考えた末、こう答えた。「自分にとってお金は、爪切りと同じです。爪が伸びたら使います。必要なときに、持ち出す道具にすぎません。あなたは爪切りのことが好きですか? と聞かれたら、どうしますか?」そして「本当にお金が好きで、お金にとらわれているのは、あなたの方ではないのですか?」とつけ加えた。すると男性は芯を突かれたような顔をして、バツが悪そうに黙ってしまった

恐らくこの人にとって堀江氏は、「お金が好きな自分」を投影するのに格好の相手だったということでしょう。

実際に「堀江氏がお金が好きかどうか」はまるで関係ないわけで、つまりすべて「質問者」の内面世界の分裂が引き起こしている妄想の世界にすぎません。

そのことを当の投影先である堀江氏からズバリ指摘されれば、もう認めて黙らざるを得ません

ここまではよろしいでしょうか。

自己否定による強い拒絶反応を投影の対象へ向ける

「質問者」は気づいていらっしゃいませんが、ご自身は自己否定がとても強い方でいらっしゃいます。

「お金が好きで、お金のために働く自分」では愛されない、受け入れてもらえないと信じているので、その自分を否定して嫌い、「自責」を続けていらっしゃいます。

その「自責」を、投影先である堀江氏に向けているんです。

そして「お前は、どうしてそんなにお金が好きなんだ!?」と責められた。いきなり敵意を向けられて戸惑った

堀江貴文

質問者が無意識のうちに責めているのは「お金が好きな自分」であるけれども②その自覚がないので、③必然的に「怒りと責め」は投影の対象である堀江氏に向かうわけです。

堀江氏に向けられた「怒りと責め」は、質問者が「お金が好きな自分」に対する怒りと責めを自覚したときに消滅します。

専門用語でこれを「own」(自分を引き受ける)と呼びます。

自分自身の問題を自覚して「自分が無意識のうちにしていること」を自分の責任において引き受けたとき、他者に向かっていたマイナス感情は「用がなくなる」ので自然と霧消するわけです。

統合への道のり -受容-

質問者が分裂している自身の内面を統合し、全体性のある人格へと成長・進化するためには、まずもって:

  1. 「お金が好きな自分、お金のために働いている自分」を認め、受け入れ
  2. 「それで何も問題ないのだ」と、自覚する

ことから始めなくてはなりません。

  1. お金を好きであってはならない
  2. お金のために働いてはならない

とは、日本社会の誰かあるいは世間が勝手に創り出したとても都合の良い偏った価値観(偏見)にすぎません。

この3次元を生き抜くにあたりお金は絶対に必要なのであり、90%以上の人がお金のために仕事をしていると言って差し支えないでしょう。収入が途絶えれば生きていくことができなくなる。それが3次元世界の性質だからです。

人類のために尽力したと言われるマザー・テレサでさえも、活動に必要な巨額の資金を賄うためのパトロンが複数名いたことで知られています。

皆さんはよくよく考えたことがおありでしょうか?

現代において「無料のもの」など何もないことに。

例えば、国内外でみんな受けられているワクチンも、政府が税金から費用を賄っています。公園にある水道代は役所が負担しています。上下水道を使うのにも使用料はかかりますし、老朽化した建物を壊して撤去するには億越えの資金が必要なのです。

私が知らないだけで、どこかで誰かが費用を負担しているという事実。その事実を踏まえれば、この世を生きるためにお金が必要であることは明白です。カスミややりがいを食べて生きられる人は一人もいないのですから。

ですから、「お金が好き」であることは自然なことで、やりたいこと(研究や開発やクリエイション等)を思う存分できるために、生活を安定させるために、十分なお金を持ちたいと思うことは当然のことでしょう。

要は、

  1. そういう当たり前で自然な在り方を否定し
  2. 「そうであってはならない」と刷り込まれ
  3. それを信じてしまっている部分に問題がある

わけです。

そこを直視して、よくよく精査・吟味し不必要な思い込みや偏見を手放し「本来の自分」を認め、受け入れ、回復していくプロセスを経ることが必要なわけです。

このプロセスを進めていくと、「ありのままの自分(本当はお金が大好きでお金のために働いている自分)」を自然に受けれ入れらるようになり(統合が完了する)、そのときに、堀江氏を見てももはやネガティブな感情が湧き上がったり、怒りや責めを向けずにはいられなかったりという強迫的な機能不全行為から解放されるのです。

サポートが必要な方は個別セッションをお申込みください。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 自分らしく生きるために必要なマイ・スタンダード

  2. 相手と自分 双方を尊重したコミュニケーションとは その2

  3. 一人ひとりまったく違う現実を生きている

  4. 自己治癒(セルフヒーリング)に必要な要素

  5. 癒しのステージ

保存版記事

  1. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  2. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  3. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  4. 【保存版】癒しの原理

  5. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

アーカイブ

TOP