潜在意識のワークを数か月続けた結果

しばらく前に、「左耳がすごく痒い」という症状が出て、耳鼻科を受診すると「外耳炎」と診断されました。

少し興味があったのでネットで調べてみると、「左耳が痒くなるのは運が上がろうとしている、金運が上がろうとしているサイン」とありました。

笑。

しかし現実的に、私の状況はその通りになってきているので、あながち眉唾とは言えないと思います。

金運も上がっているし、何よりも全体的に「すごく引きが強く」なってきていることをヒシヒシと感じています。

私はもともと引きは強い方で、宝くじの低額当選(1500円~5000円)は何度もあるし、すべての人が手に入れられるわけではない諸外国の「就労ビザ」や「永住権」はもれなく手に入れてきた人です。

しかし長い人生を生きる中で、引きが弱くなる時期も長くありますよね。

人生には「陽の時期」(人生が前進・拡大する時期)と「陰の時期」(物事が停滞し変化がなく、内側にこもって自分と向き合う時期)が交互に訪れます

陽も陰も等しく重要であり、どちらか一つだけを経験したいということは、この世では不可能なわけです。

潜在意識の浄化と整備

2022年初めから今まで、私は地道に「潜在意識の浄化と整備」に取り組んできました

潜在意識の浄化と整備とは、

  1. 雑草を引き抜き(不要となった信念や思い込みや制限を手放し)
  2. 土壌を耕し(制限を外して柔軟な思考をする訓練をし)
  3. 新しい種を蒔き(新しい信念や思考を植え込み)
  4. 育てる(継続する)

というプロセスです。

6月から明確な意図と意志を持って、「こういう現実を具現化したい」というプロジェクトの下、必要なことを黙々・淡々と行ってきたという経緯があります。

なぜ「黙々・淡々と」と書いたかというと、自分の意識を変えたり、制限を打破したりする行動は、決して心楽しいものばかりではないからです。

心が折れそうになったり、不安や心配に襲われたりしたときも、めげることなく「黙々・淡々と」と継続してきたこと。

その成果が今、少しずつ目に見え始めていると感じているんです。

運気が上がろうとしているサイン

気分が良くなってすべてが楽しいと感じる

運気が上がろうとしている顕著なサインは、「なんだか知らないけど、とにかく楽しいと感じる」ことです。

最近の私は、とにかく色んなことがすごく楽しいです。

あれほど嫌いだった運動をするのも楽しい、食べることも楽しい、お喋りすることも楽しい、街歩きをするのも楽しい、様々なプロジェクトや活動に携わることも楽しい、新しい種類の人たちと出会うのも楽しい。

「それは良いことばかりが起こっているからでは?」

と思われるかもしれませんが、決してそうではないんです。

もちろん「素晴らしいこと」が数々起こりました。中には「奇跡」としか思えないことも多く含まれていました。

ですが私の日常には、「傍から見て良いこと」とは思えないことも同じように起こっています。しかし、私の捉え方は一般の人とだいぶ違うので、落ち込んだり嘆いたりすることがないんですよね。

これが私自身アセンションのプロセスを体当たりで乗り切ってきたことの成果だと思っています。

願いが叶い始める

それから、「えっ嘘でしょ?!」というような偶然(ではないんだけど)が増えました。

その中の一例をご紹介します。

数日前に鏡に映った自分の背中状況にショックを受けた私は、思案した末、9月、10月、11月の3か月間は、週2回のペースでジムへ通うことを決意しました。

毎週1回は身体の背面に特化したレッスンを受けること。

3か月有効の回数券を購入することにしたのですが、数えてみると11月にどうしても2回分足りなくなってしまう(回数券の回数の関係で)。

でもまぁいいや、とりあえずこの回数券で行こうと内心計算していたらば。

今日行ったときに、「百瀬さん、私とジャンケンして勝ったら、無料レッスン券差し上げます」と、トレーナーの方から言われました。今月に限ってそういうキャンペーンをやっているみたいです。

で、ジャンケンしたら勝っちゃったんですよね。

そしたら、「百瀬さんは3か月分の回数券購入者なんで、無料券2枚差し上げますね」と。それで私の「11月末までキッチリ週2回ジムに通う計画」は確保されたのでした。

すごいですよね。

この程度の比較的「抵抗やブロックが少ない願望」は叶いやすいです。今回は願いを発してから具現化するまでに数日という速さでした。

抵抗やブロックとは、不信感や絶望感、数々の制限など(回数券を買う以外に方法はないと思い込む等)のことです。

多くのケースで願いが実現しないのは、その願いが大きすぎて実現不可能だからではなく、自分の中に不信感(叶うわけない)や絶望感、その他の制限が沢山入っているからなんです。

ですから、潜在意識の浄化と整備をコツコツと継続していればブロックの数が減って来て、比較的大きな願いも叶いやすくなっていきます。

ここに挙げたのはほんの一例に過ぎませんが、私が6月頭から今日まで、毎日コツコツと続けたインナーワーク(内観作業)を通して放ち続けていた願望の多くは、今具現化してきています。

願いを具現化するためのステップはここには書ききれないほど多くのことが必要ですので、マンツーマンで指導をご希望の方はメタフィジカル・スクールへいらしてください。

好転反応に振り回されないこと

潜在意識の浄化に取り組んで「願望を放つ」練習を続けていくと、必ず「古い信念」や「古い思考癖」や「古いパターン」が浮上してきます。

私たちはそれを「好転反応」と呼びます。

潜在意識が大きく動き始めたので、願いの実現の妨げになっている「古い信念」や「古い思考癖」や「古いパターン」が炙り出され、それが日常生活の中の出来事として現れてくるわけです。

例えば、「理想のパートナーを手に入れる」という願いを放った途端に意中の人に彼女ができてしまったり、給料50%アップで転職を決めた瞬間に、家庭内に事故が起こって多額の現金が出て行ったりというようなことです。

こうした「一見マイナスに見える出来事」は十中八間違いなく九ホメオスタシスによる好転反応ですので、じっくりと落ち着いて内観作業を行いながら、今までやってきたことを継続することが大切です。

時々「好転反応が出たので、しばらくじっとしてます」とか「大人しくしてます」と仰る方がいらっしゃいますが、それだとせっかく浮上してきたブロックたちが、また潜在意識下へと押し込められてしまいます。

しっかりとワークを行って、キチっと解消していくことが必要です。不安な方はマンツーマンで指導しますので個別セッションをご利用ください。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 願いを実現させるためにビジョンや目標が必要な理由

  2. 自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

  3. 「真心」を伝える自分と相手を大切にするコミュニケーション

  4. 個の時代における「繋がり」の意味の変化

  5. 本当の意味で「感謝」できるようになるには

保存版記事

  1. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  2. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  3. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  4. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  5. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

アーカイブ

TOP