本当の自分を生きるとは

今、そしてこれからの時代の生き方の基本は「断捨離」です。

  1. 持ち物
  2. 住む場所
  3. 付き合う人たち
  4. 仕事
  5. 取引相手

自分の人生のすべてのエリアにおいて、

  1. 余分なものを排除した
  2. 本当に自分に合ったモノや人だけと
  3. 付き合う・所有する生き方

つまり、「自分の世界」を完全に「自分中心」にして、「自分の手に負える範囲」に限定して生きていくということ。

そのためには、「本当の自分」は「誰か」を知って、自分の本音を生きる必要があります。

本当の自分を生きていない例

今日、いきつけのカフェで、20代と思しき女性を見かけました。まったく知らない人です。

髪を長く伸ばして茶色く染めて巻き、白いフリルのついたワンピースに華奢なヒールを履き、可愛らしいハイブランドのバッグとお財布を持っていました。

地顔(?)は美人という訳ではないけれど、メイクで可愛らしく造っているのかなというタイプ。

日本の多くの若者がそうであるように、「自分じゃない自分」を生きてしまっている典型です。

本当の彼女は一重瞼で、もしかしたらくせッ毛で身長は150cm代、わりとアッサリした印象の方だろうと推察します。

しかしあらゆる「努力」で周りウケする、さらに言えば「男ウケ」する外見に造り上げているわけですよね。

理由は「愛されたい」から。

本当の自分、本来の自分では、愛されない(男ウケしない)と思っているのだと思います。もちろん無意識のうちに、ですよ。

で、結論から言ってしまうと、そういう努力を続けている限り「幸せに生きる」ことはできないわけです。

なぜなら、そういう努力はすべて幼少期にできてしまった「心の穴(愛情飢餓)」を埋めるための試みでしかなく、本当の自分の本音ではないから。

本当の幸せを実感するとき

私たち人間が本当の幸せを実感する、至福を得るのはどんなときかというと・・・。

ありのままの自分(一重瞼でくせッ毛で身長がちょっと低くて、おっちょこちょいでミスが多くてちょっとドジ)のままで、等身大の自分でいられる、そのままの自分で世界と関われる、そのままの自分でやりたいことに集中できる、欲しい物を追求できるとき。

そういうときなんです。

自分以外の自分を生きていると

周りや相手から「愛されたい」「受け入れられたい」がために、

  1. 本当は苦手なのに「協調性」があるフリをして
  2. 仕事ができるように頑張って
  3. くせッ毛を伸ばして巻いて
  4. 本当は足が痛くて外反母趾なのに、合わないヒールを履き続けて
  5. 寂しいから自分とは合わない人とも付き合いながら生きている

自分以外生きられない人もいる

私は20代の頃から「率直な人」と言われていて、当時は意味がよくわからなかったのですが、今ならよくわかる気がするんです。

今でも本質的には当時から変わっていませんが、20代の頃の私は、

  1. あ、私、協調性とかないんで
  2. 仕事は生活費を稼ぐためにしてます、「仕事でやりたいこと」とか聞かれても特にないんです、残業がなくて私の能力でできる範囲であればなんでもしますけど
  3. 量が多くてウネる髪なので、色を変えたりパーマかけたりはシンドイからそのままでいい
  4. 外反母趾だからヒールは履けない、職場にもスニーカーで行かせてもらいます
  5. 嫌いな人には絶対に近づかない

多くの方は信じないかもしれませんが、こういう感じで今まで約50年生きてきたんです。

今とは違い、「午後9時まで残業は当たり前」みたいな(日本文化では)世の中でした。そんな中で「ゼロ残業」を貫き通した私は、やはり「時代最先端」を行く人なんだろうと思います。

ただ私は自己否定がとても強い人だったので、それに相当苦しみました。私以外の人が全員残業している中で一人だけ「お先に失礼しまーす」と言って帰るときには、罪悪感を抱いていたものです。

しかし今の、そしてこれからの時代は、基本、こういう風に(本音で)生きることがスタンダードになっていくということです。

関連記事:

本当の自分に戻るためのプロセス

本当の自分に戻るためにはインナーチャイルドを癒して、自分の中に残っている愛情飢餓を満たす必要があります。そうでないと、いつまで経っても「愛情飢餓を起因とする愛情要求」を止められず、苦しい人生にならざるを得ないからです。

  1. インナーチャイルドを癒して統合する
  2. 過去生人格を癒して統合する
  3. 男性性・女性性を癒して統合する
  4. マインドを浄化する(固定観念や古い信念、思い込みを手放す)
  5. 新しいマインドを構築する(考え方や視点をアップグレードする)

こうしたプロセスを経ることにより、本来の自分が出てきやすくなり、自分の本音もよくわかるように変化していきます。

私がサポートしているのは3~5の部分です。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

  1. 親知らずを抜いてプラマイゼロに持っていかれた話 -ホメオスタシスとは-

  2. 世にあって世の物にならない生き方

  3. 【雑記】閃きに導かれてめちゃ面白い人生を生きる人が好き -シンクロニシティ-

  4. 【雑記】射手座の新月と誕生日と新たな門出

  5. 自分を癒せる人と癒せない人の違い

特集記事

  1. 自分のタイプを知りそれを受け入れる その1

  2. 挨拶は強要するものではない

  3. 「成熟」とは

  4. オールドソウルがストレスを軽減するために

  5. 「声」をしっかり上げること Have Your Voice

保存版記事

  1. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  2. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  3. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  4. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  5. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

アーカイブ

TOP