怒り(感情)を解放するステージ

「癒しの旅路」5つのステージ

認知のステージが始まると、ほどなくして、自分の中から沸々と湧き上がる抑えがたい「怒り」に気づき始めます。

この怒りこそ長年両親に対して感じてきた怒りです。しっかりと表現されることなく、自分の中に抑圧され続けてきたものです。「抑圧する」とは「押し殺す」という意味です。

「すごくいい人」「人当たりがいい」「いつも温厚」と思われている人であればあるほど、内面に抑圧した怒りが大きい事があります。対面で印象が良いのは怒りを押し殺してなかったことにして振舞っているからで(本人は怒りすら感じていない)、溜まりに溜まった感情エネルギーはある時に爆発的に湧き上がってきたりするのです。

親や周りの大人や世間から「怒ってはならない」「怒りは持ってはならない」と言われ続け、内面にこれほどの怒りを抱える自分は「人間失格」なのではないかとすら感じます。

自分の意志や気持ちを尊重してもらえず、認めてもらえず、罪悪感や恥を植え付けられたり、自分が受けてきたありとあらゆる理不尽に対して感じてきた、とても正当な怒りなのです。

関連記事

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. タイムライン・パラダイムをシフトする 古い自分が出てきたら「新しい自分」を選び直すだけ

  2. 「成長・進化」しないことが許されない流れ

  3. 「正しくある」ことの狂気を描いた作品 -新月に観た映画「戦場のメリークリスマス-

  4. 人間が「3次元」世界に転生する理由

  5. 自分が自分の親になることで「陰陽バランス」を統合する

特集記事

  1. 自分をちゃんと守れる人が大人

  2. 「願望実現」「引き寄せ」にかかるタイムラグはどれくらい?

  3. テンションが上がらない日 女性性がガス欠になった日の過ごし方

  4. 「断られる」ことに慣れる

  5. 「真心」を伝える自分と相手を大切にするコミュニケーション

保存版記事

  1. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  2. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  3. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  4. 【保存版】願いが叶う前兆 ー潜在意識の綱引き現象-安全圏を理解する

  5. 【保存版】社会に適応する必要はない

アーカイブ

TOP