「引きが強い」とはどういうことか -願いを叶えるたった一つの秘訣-

望む人生を創る3ステップ

自分を仕事にする E-Book

心も身体もお金も!動画セミナー

行動力を身に着ける40日チャレンジ

私はどちらかと言えば、「引きが強い」方だと思います。

ドナルド・トランプ並みの引きの強さはありませんが、それでも一般的には「強い方」だと思います。

宝くじの数千円単位での当選は10回以上ありますし、海外で生活すること、国際結婚することといった「個人的な夢」はことごとく叶えてきました。

海外で暮らすのは、実は簡単なことではありません。「ビザの問題」が立ちはだかるからです。

中には経歴から肩書から何から何まで「あなたならビザは取れるでしょう」という人たちも沢山いらっしゃいますが、私はそう人ではありません。私は、ぶっちゃけ「ビザが取れるかどうか微妙なライン上の人」です。

オランダでは、私より少し前にビザを申請していた同僚のオーストラリア人が、数回トライした後に「ビザ申請を棄却された」ことを理由にオーストラリアへ帰国を余儀なくされました。香港でも、何人もの日本人の知人が「ビザが下りなかった」ことを理由に、日本へ帰国していきました。

それらをしり目に、「取れるかどうか微妙なライン上」の私は、計3か国で果敢に就労ビザを申請し、百発百中ですべての国において就労ビザを勝ち取ってきました。香港では永住権まで取得した。

よく「ビザを取る秘訣は?」と聞かれるのですが、その答えはもう一つしかありません。

関連記事

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. タイムライン・パラダイムをシフトする 古い自分が出てきたら「新しい自分」を選び直すだけ

  2. 「成長・進化」しないことが許されない流れ

  3. 「正しくある」ことの狂気を描いた作品 -新月に観た映画「戦場のメリークリスマス-

  4. 人間が「3次元」世界に転生する理由

  5. 自分が自分の親になることで「陰陽バランス」を統合する

特集記事

  1. 自分らしく収入を得て生きられるようになる方法

  2. 幼児的願望(愛情飢餓)を癒して自分を満たす方法

  3. 男は女を通して、女は男を通して「進化」する その1

  4. 勘違いされている「個性的」という言葉

  5. 地に足をつけるために必要なこと

保存版記事

  1. 【保存版】「自我」と「エゴ」の違い

  2. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  3. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  4. 【保存版】マット・カーンによるアセンションに関する記事

  5. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

アーカイブ

TOP