「本当の自分の声」はどこから来る?

巷では、「自分につながる」とか「本当の自分の声を聞く」とかよく言われてるように思います。

「本当の自分の声」ってどこから来ると思われますか?

この質問をしたときに、「頭の上の方から降りてくる」とか、なんか「上」って言う方がすごく多いんですけど、私は逆なんですよね。

下の方、お臍のあたり?かもう少し下?道教でいうところの丹田の場所から「ポーン」っと出てきます。

もう何年も前のことですが、ある人が私に「もしかして自分はアセンションかも」というお話をしてくださっていた時がありました。

私は何も言わずにただ「フムフム」と、その人の言葉に耳を傾けていたのですが、話がだいぶ終わりに近づいた辺りで突然、お臍の下あたりから「ポーン」っと何かが出てきた!と思ったら、

「アセンションじゃないと思う」

と、口走っていました。

言葉が思わず口から出てしまったという感じでしたが、その瞬間「あ、やべっ」と思いましたね。

相手の方は「ハッ」とした表情をされて、落胆し、「そうですか・・・」と仰いながらも、諦めきれないものか、いくつか質問をしてこられました。

少しばかりの質疑応答のやり取りをした後、またしても下腹の辺りがムズムズしたかと思うと、私の口から「ポーン」っと、

アセンションじゃないと思う

言葉が出てきました

あぁ、もうこりゃあかんね、と思い「すみません、こんなこと言っちゃって」と謝りましたが、「本当の私」はこの方がアセンションとは関係ない方だと、直感的に判断したんだと理解しました。

「本当の自分の声」って、圧倒的な強さを持っています。

言葉を代えて言えば一切の忌憚がない変な遠慮や余計な気遣いがないってことです。

だから悩んだり迷ったりブレたりしない。

その確かさと強さは、言葉を口にしている本人すら驚いてしまうほどのものです。

こういう声が、「本当の自分の声」。

変な遠慮や気遣いがあって、言いたいことを明確に言えず濁してしまったり、曖昧な言葉でごまかしてしまうのがエゴです。

なぜならエゴは、この三次元世界を安全に生き抜くことを目的とした防衛機能だから。エゴは処世術に長けていて、自分にとって不利になるような言動をしない判断をするんです。

でも「本当の自分」にはそういう忌憚が一切ありません

それを貫いて、それを指針にして生きられるようなると、人生はすごく楽になります。

※ そんなことを言ったら相手が傷つくんじゃないか、気分を害すんじゃないかと心配される方がいらっしゃいますが、それが「エゴ」なんです。「本当の自分」から出てきた言葉は、誰も傷つけません。もしも、「アセンションじゃないと思う」という言葉で傷ついた、気分を害したというのであれば、相手の中にまだ癒えていない傷があるということです。ただ単に「言葉を受け取れない」だけ。それはこちらの責任ではないし、その責任を負ってあげたいと思うのが共依存です。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

  1. 親知らずを抜いてプラマイゼロに持っていかれた話 -ホメオスタシスとは-

  2. 世にあって世の物にならない生き方

  3. 【雑記】閃きに導かれてめちゃ面白い人生を生きる人が好き -シンクロニシティ-

  4. 【雑記】射手座の新月と誕生日と新たな門出

  5. 自分を癒せる人と癒せない人の違い

特集記事

  1. 新しい時代の恋愛や結婚は女性主体

  2. 【雑記】ひろゆき氏の番組から出演依頼が来て断った件

  3. 「成熟」とは

  4. 子供から嫌われる親の特徴4つ

  5. 「声」をしっかり上げること Have Your Voice

保存版記事

  1. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  2. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  3. 【保存版】社会に適応する必要はない

  4. 【保存版】アセンション・スピリチュアルな用語集

  5. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

アーカイブ

TOP