テンションが上がらない日 女性性がガス欠になった日の過ごし方

ここ数か月の私は、生活の9割を「何だか知らないけど、めっちゃ楽しい♪」モードで生きています。特に理由があるわけではないけれど、「うふ💙楽しい♪」という気分が常態になってきたんですね。

が、そんな私にも、月に何日かどうしてもテンションが上がらない日があります。

特に理由があるわけではないけど、「何か今日はすべてがしっくりこないなー」という日。

今日は、そんな日でした。

そんな時には、その気分に逆らわず、とにかくやりたい事「だけ」をやることが肝心です。逆に言えば、「やりたくない」と感じること、「しっくりこない」と感じる事は、絶対にやらないこと

エネルギーレベルが下がっている理由は、自分の中の「女性性が満たされていない」ことが主要因です。

だから、頭(男性性)を少し休めて、自分の中の女を開いて、それを満たすように動いていくことが必要なんですね。

しかしそれが言葉で言うほど簡単ではない

なぜなら、私たち人間は、無意識の制限やブロックを沢山持っているから。気づかないうちに自分の行動に制限をかけたり、ブロックが邪魔をして、「本当にやりたいこと」ができることは少ない。

以下に私がどんな風にテンションの上がらない日を過ごしたのか、本日の私の行動と、思考と気分(エネルギー)の動きを書いてみます。

女性性エネルギーの動きをピンク男性性エネルギーの動きを水色で示します。

男性性と女性性の統合E-Bookアップデートしました。

関連記事:

起き出しは10時過ぎ

朝からテンションが下がりっぱなしだった私は、ベッドから抜け出せたときにはすでに午前10時を回っていました。朝は早起きの私にはすごく珍しいことです。

本当は今日は一日家でボーっとする予定でしたが、「出かけたい」気分になったので、ゆっくりと時間をかけて出かける支度をしました

玄関を出たときにはすでに12時を回っていました。いつものカフェへ行こうと思っていたのに、「いや、今日はあそこじゃない」という気分になったので、あるホテルの図書室へ向かいました

しかし、そこへ行ってもなんだか落ち着かず、コーヒー一杯飲んだものの、「お腹空いたから何か食べたい」という気分になっていました。

そこで、「何を食べたい?」と自分に尋ねてみると、最初に出てきたのは「マックでハンバーガーセットを食べたい」でした。

しかし、次の瞬間にこんな思考が出てきました。

最近マックは料金が値上がりした。マックに千円近く出すくらいなら、もう少しちゃんとした店で、別なものを食べた方が得じゃないか?

そこで、私は時間を取って、もう一度自分に尋ねてみました

「今、何を食べたい気分?」

頭の中に、自分が思いつく限りの食べ物を思い浮かべました

  • スープカレー
  • ラーメン
  • 豚丼
  • 薬膳料理
  • ヘルシー弁当

どれもピンときません。

そこでもう一度「マックのハンバーガーセット」を思い浮かべると、、、

ビンゴっ!それ!

という反応が返ってきたので(自分の内面から)、マックへ向かうべくホテルを出ました

さて、ここから歩いていける距離に、二つのマックがありました。

そこで、「どっちのマックへ行こうか」と考え始め

効率よく買い物やウィンドーショッピングをするならAのマックだろ

という思考が出てきました。

そこで私は再度深呼吸をして、「待て待て。そうじゃなくて。で、私は本当はどっちのマックで食べたいの?」と自分に尋ねました

頭の中にAのマックで食べてる自分と、Bのマックで食べている自分を思い浮かべます

Bでしょ!

という反応が自分の内面から出てきたので、Bへ向かいました

全部食べたい!

Bのマックへついてメニューを眺めているとき、無意識のうちにこんな思考が出ていました。

ハンバーガーセットの他に、アップルパイとチキンナゲットどっちをつける?両方はダメだ、どちらか一つを選べ。

そこで再び深呼吸をして、自分に尋ねてみました

「本当は、何を食べたいの?」

そして、アップルパイとチキンナゲットを頭に思い浮かべてみました

両方っしょ!

という反応が出てきたので、食べたいものすべてを注文してゆっくりと時間をかけて食べました

どうしても柿食べたいから買ってきて

家へ帰ると、「ぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのがいいねぇ」という気分になったので、長い時間をかけてお風呂に入りました

お風呂から出て内観をしようとノートを開いたら、猛烈に眠くなったので、ベッドに入って少し眠ることにしました

しばらくして目が開くと、「柿食べたい」という気分になりました。

柿は昨日全部食べてしまったので、家にはありません面倒くさいから明日でいいか(負の男性性)、と思ってダラダラしていましたが(負の男性性)、数時間経っても「柿食べたい」という気分は変わりませんでした(「絶対柿食べたいから!」)。

外は雪が降りそうな寒さですでに暗くなっていましたが、「しょうがないな」と重い腰を上げ、柿を買いにでかけました

家に戻って念願の柿を食べるとようやくホッと満足しこのブログを書き始めました


これがざっと今日の私の動きです。

私たち現代人はどうしても頭主導(男性性優位)の行動パターンになってしまっていますが、自分を満たすという意味で、「気持ち主導(女性性優位)」で取捨選択することがものすごく大事です。

頭を引っ込めて、「で、本当は私はどうしたいの?」という部分をしつこいくらいに自分に確認しながら、日常生活の一つひとつの行動と選択を決めていくことです。

一生懸命頑張って行動しているけれどなんだか満たされない、テンション上がらないと言う人は、一度頭で考えるのを止めて、日常生活のすべてを「自分に尋ねる」という方法を取ってみるといいかもしれません。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

  1. 親知らずを抜いてプラマイゼロに持っていかれた話 -ホメオスタシスとは-

  2. 世にあって世の物にならない生き方

  3. 【雑記】閃きに導かれてめちゃ面白い人生を生きる人が好き -シンクロニシティ-

  4. 【雑記】射手座の新月と誕生日と新たな門出

  5. 自分を癒せる人と癒せない人の違い

特集記事

  1. 「過去を癒す」は5次元以上の現象

  2. ものごとの辞めどき・潮どきを見極める

  3. 「日本人は英語ができない」は本当か

  4. 地に足をつけるために必要なこと

  5. 幸せの尺度

保存版記事

  1. 【保存版】下位チャクラと上位チャクラの統合

  2. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  3. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  4. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  5. 【保存版】自分の人生の責任を負う

アーカイブ

TOP