スピリチュアリティを現実逃避に用いる

人生は、「今目の前にあること」がすべてです。それ以外はすべて幻想です。

そのことを踏まえた上で、この記事では「スピリチュアリティやアセンションを現実逃避として利用する」ことについて書いていきます。

問題から逃げたい心理

私も時としてそのトラップにハマってしまいますが、「スピリチュアリティやアセンションを現実逃避として利用する」人が後を絶ちません。

例えばここに借金を抱えて経済的に苦しんでいるAさんがいるとします。

Aさんは金銭問題のことを考えると苦しくなるために、スピリチュアルなやり方で「望む人生」を実現させたいと考えています。つまり、スピリチュアルな方法を用いれば、目の前にある金銭問題から逃れられると期待しているのです。これが「スピリチュアリティやアセンションを現実逃避として利用する」ということです。

現実的には、そんな虫のいい話はありません。

Aさんが金銭問題を抱えるに至ったのには相応の理由(カルマや魂の癖やトラウマなど)があり、Aさん自身がその問題と真正面から取り組んで「成長して課題を乗り越える」ことでしか、進化・拡大できない成長課題の一つなのです。

  • 自分とお金との関係は健全か
  • 自分にとってお金とは何か
  • 金銭問題を抱えてしまった原因は何か
  • その根底にはどんな傷があるのか
  • それを癒すにはどうしたらいいのか
  • これからお金とどんな関係を持っていきたいのか
  • 健全にお金を扱うために自分は何をする必要があるのか
  • お金と人間関係はどのように関連しているのか

こうしたことを一つひとつ丁寧に向き合い取り組むことが、成長課題をこなす方法です。そしてこれこそが、スピリチュアルなやり方で「望む人生」を実現させる唯一の方法なのです。

これを聞いて「がっかり」してしまう人は、もともと人生に真剣に取り組む準備がまだできていらっしゃいません。

関連記事:

逃げ続けた結末

目の前にある現実と向き合わなくて済むためにスピリチュアリティやアセンションに逃げこみたい気持ちはわかります。かく言う私も、約3年それをやっていました。

私は自分の人生に絶望し、約3年に渡ってスピリチュアリティやアセンションの世界に浸ってすごしていました。それで何かが変わったと言えば、何も変わりませんでした。ただ3つ年を取っただけでした。

その経験から私が得た答えは、「逃げ続ければ続けるほど、時間は無為に過ぎていく」でした。宇宙は私たちが「その気」になるまでいくらでも待ち続けます。逃げ続けたままで一生を終えれば、また来世でやり直しです。自分の課題としっかり向き合って乗り越えるまで、何度でも同じ課題が人生で起こり続けるだけなのです。状況は何も変わらないのです。

そのことに気づき、ようやく重い腰を上げて自分の人生に真剣に向き合い始めたときには、すでに40をいくつかすぎていました。

取り組める人は全体の2割に満たない

これは私が経験的に感じ取っている実感です。

その他8割がたの人たちは、目の前に問題があることを見て見ぬフリをして、ある日誰かと結婚したり、宝くじが当たったり、ファイナンシャル・リセットが起こったりして、「奇跡のように」人生の問題が解決されることを夢見てさまよい続けるのです。

今の人生で真剣に癒しに取り組み、魂を解放したいと考えて実行できる人はほとんどいらっしゃいません。でも、私はそういう人のサポートをしたいと考えているのです。

現実逃避することが悪いとか間違いとか言っているのではありません。人生に正しい生き方も間違った生き方もないのですから。そうではなく、それをしている限り現状は何も変わらず、相変わらず人生では同じ問題が起こり続けるだけという事実をお伝えするだけです。

当サイトでは、準備ができた方を歓迎しています。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 自己否定型の人が多い日本

  2. 日本における経済DVの実態

  3. 「毒親と娘」の関係を描いたコメディドラマ

  4. アディクションと表面的な症状の関係

  5. パターンを手放す勇気を持つ

  6. 親の介護をしたくないときどうするか

  7. あなたが支配・コントロール下にあるサイン

  8. 【保存版】自分の人生の責任を負う

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ