自分のエネルギーを高い状態に保つ

望む人生を創る3ステップ

自分を仕事にする E-Book

心も身体もお金も!動画セミナー

行動力を身に着ける40日チャレンジ

具現化(願いを叶える)ために必要な条件の一つに、「自分をできるだけ「快」の状態に保つ」ことがあります。

巷では「良い気分でいる」と言われることですが、別の言い方をすれば「自分のエネルギーを高い状態に保つ」ということです。

「エネルギーの状態」なんて言われてもなんだかオカルトチックでよくわからない、と言う方もいらっしゃるかと思いますので、図表を示して解説していきたいと思います。

この図表はとても重要なので、腑に落とせるまで何度でも読み込んでいただきたいのですが、概ねこの表に描いていることが「エネルギーの状態」そのものなんです。

※ 感情エネルギーのスケール表(図表)はこちらから無料でダウンローしていただけます。

嫉妬や貪欲に駆られていたり、何かを切望して執着してしまっている状態は、エネルギー的にみると数値125であまり高い状態ではありません。

自己否定や自己嫌悪、自己批判のエネルギーも数値で言えば150で平均値よりも下(マイナス)です。

それに比べ、信頼や楽観、誰かや何かを理解するエネルギーは数値250と、平均よりも高い位置にあります。

エネルギーが低い状態と高い状態の対比

誰かがしたことを、善悪や正しい間違いで裁いて(ジャッジして)断罪することは簡単です。しかしそれはエネルギー的には低い状態です。

例えばドタキャンを繰り返したり約束をすっぽかしたりすることを繰り返す人を断罪し、批判することは簡単ですよね。

「人としてあり得ない」「サイテーな行為」。そう言って済ませることは誰にでもできてしまいます。

一方、自分とは違う他者を理解して思いやり(コンパッション)や信頼をかける行為は、エネルギー的に高い状態で、誰にでもできることではありません。

「相手はなぜそういう行動(ドタキャンやすっぽかし)をしてしまうのか?」を理解しようと努め、相手の弱点や痛みを受け止めて思いやりをかける行為は、批判したり断罪したりするよりも、エネルギー的には高いこと(愛のエネルギー)なんです。

(だからと言って相手の問題行動の犠牲になり続けろという意味ではありませんので注意してください。自分に被害が及ばないように距離をとるなり縁を切るなりしても、相手を断罪せずに、理解して思いやりをかけることは可能です。)

自分のエネルギーを高い状態に保つとは

自分のエネルギーを高い状態に保つとは、自分で自分を満たすことを学び実践し、自分の内面を高い種類のエネルギー(表参照)で常に満たせるようになるということです。

自分が気分良くなることや好きなことを日常的に取り入れ、ネガティブな出来事が起こった時にも、すぐに自力で回復できるだけの回復力を身に着けるということ。

そして、自分や他者や物事を「善悪」や「正しい間違い」で裁いたりせず、「愛」を向けられる心の余裕を持つこと。

当然のことですが、それができるためには自分自身のコンディションを常に良い状態に整えておくことが必要なのです。

参考商品:

自分のコンディションを整えるために

  1. 日常生活に適度な運動を取り入れる
  2. 好きな食べ物や飲み物を常備しておく
  3. 好きな場所へ行く
  4. 嫌なことやストレスとなることを生活から一切排除する

参考記事:

運動する習慣をつける

日常生活の中に「運動」を取り入れると、私たちの「幸福度」は各段に上がります。

私は脳科学者ではないので、ここでは詳細を深堀しませんが、運動をするとうつ病になりにくくなるという研究結果があります。脳内に快楽物質(ドーパミンその他)が分泌されて、幸福感が増すからだと言われています。

私自身、長年運動嫌いで一切の運動はしない人でしたが、半年前から週2回規則的に運動をするようになりました。

それ以来、気分の良さが各段に上がり、普段から鼻歌を歌っているので、傍からは「相当ご機嫌な人」だと思われています。

好きな食べ物や飲み物を常備しておく

私はキッチンの棚の中のお気に入りのポット自分が好きなスイーツ類 ↑ を常備しておいて、日常的に「それらを楽しむ時間」を持っています。

仕事が終わった後、一日が終わった後、外から帰って来てホッと一息入れたいとき。

そのささやかな余裕を持つことで、自分のテンションを高い状態にキープしています。お風呂に浸かりながら大好きなチョコレートをつまむこともあります。

コーヒーが好きですが、「コーヒーはカフェで飲む」と決めているので、毎日行きつけのカフェへ行きます。

そのお陰で、私はだいたい常にご機嫌モードですし、何か嫌なことが起こっても、1~2時間もすれば回復できるだけの回復力を持っています。

好きな場所へ行く

人によってはこれがすごく効果的だと思います。

私は香港に住んでいた頃、「お気に入りの場所」がありました。その場所へ行くと心が落ち着いて、ホッと安心できる場所です。

香港へ移住したばかりでまだ心細かった頃、私はその場所に家を借りて住むことにしました。

自分が「安心できる場所」に住む、または頻繁に訪れることは、ルートチャクラを安定させるのに大いに役立ちます。

ルートチャクラが安定すると気分は良くなりますし、逆にルートチャクラに不具合があると、気分は不安定になりがちです。

キャンピングカー暮らしや長旅を続けていると「地球に根を張れ」ず、ルートチャクラが弱ってきます。

参考商品:

嫌なことやストレスとなることを生活から一切排除する

多くの人は、これとは逆のことをやっています。

嫌いな人と嫌々付き合っていたり、行きたくもない集まりに我慢して行っていたり、ツライ職場へ毎日自分を奮い立たせて通っていたりします。

そういうこと一つひとつにしっかりと向き合い、自分の生活の中からそれらをマルっと排除してしまう勇気が必要なんです。

もしそれができないということであれば、まだ癒えていない見捨てられ不安や依存が残っているサインですので、それに取り組みましょう。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. タイムライン・パラダイムをシフトする 古い自分が出てきたら「新しい自分」を選び直すだけ

  2. 「成長・進化」しないことが許されない流れ

  3. 「正しくある」ことの狂気を描いた作品 -新月に観た映画「戦場のメリークリスマス-

  4. 人間が「3次元」世界に転生する理由

  5. 自分が自分の親になることで「陰陽バランス」を統合する

特集記事

  1. 外側に表れる自尊心と自己価値感の高さ

  2. 自分らしく自己実現して生きたい方に読んでもらいたい本

  3. ドキドキする恋 v.s. 穏やかな恋 女性が幸せを実感するために

  4. 日本人の集合意識に残るジェンダー差別意識

  5. 税金を払いたくない人が読むと「喜んで払いたくなる」記事

保存版記事

  1. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  2. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  3. 【保存版】癒しの原理

  4. 【保存版】カルマを解消する方法

  5. 【保存版】社会に適応する必要はない

アーカイブ

TOP