人類の集合意識に残る戦争の傷を四世代に渡って癒している

1973年生まれの私の両親はいわゆる団塊の世代と言われる人たちで、終戦直後に生まれました。当時は戦争のせいで物資が枯渇していて、社会が整っていなかった時代です。

私の祖父母は、第二次世界大戦を経験した世代でした。祖父は二人とも出征していますし、父方の祖父は職業軍人でした。

私たちの世代では想像もつかないことですが、敵を殺すこと自分が殺されるかもしれないことが日常だったのです。

そういう非人間的な壮絶な経験をした人たちが、何の心理的手当も受けずに戦後日常に戻り、結婚して家庭を築いたのですから、凄まじいことです。

戦争による心的被害は家庭内で子供へと引き継がれ、そのまた子供へと引き継がれ、今は第4世代くらいにまで来ているわけです。

両親の世代は戦争の痛みや傷をモロに引き継いだ世代だと言えるでしょう。まだまだ意識が暗く、無意識が多い世代です。自分を客観視できず、自分がどのような被害を受け継ぎ、また子供に引き継がせているのか理解できる人がほとんどいません。

私の世代に来てようやく人々は目覚め始め、「これは何かがおかしいんじゃないか」と、社会も変化し始めました。アダルト・チルドレンと呼ばれる人たちが認識され始め、機能不全家庭で育って受けた毒をデトックスする解毒作業に取り掛かり始めたのです。

今の10代20代の世代は、いまだその傷を深く引き継いでしまっている人たちもいるけれど、以前に比べれば傷の深さや大きさは小さくなってきていると感じます。

歴史の中では終戦から70年を数え、完全に過去のこととなっているかもしれません。ですが、戦争が人類に残した傷跡は、今なお家系の中に引き継がれているのです。

私たちの役目は、自分が引き継いだ傷と痛みをしっかりと認識し、一人ひとりの責任においてそれを癒して毒素を解毒すること。これを個々が行うことにより、人類の集合意識に残る戦争の傷は、少しずつ癒えていくと感じています。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. クレーマーとは何か

  2. アディクションと表面的な症状の関係

  3. 子供にとって一番の害悪は親が自分を偽ること

  4. いじりは虐め 日本人の自虐と他虐エネルギー

  5. 内面が未熟な親は子供の自己実現をサポートできない

  6. 「自分は毒親かも」と思う方へ

  7. 私が最初から貫いているポリシーについて

  8. スピリチュアリティを現実逃避に用いる

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ