「声」をしっかり上げること Have Your Voice

以前からずっと私は一貫して「自分の声を上げること」の重要性Have your voice.)を発信し続けています。一人ひとりが「声を上げること」でしか社会は変わっていかないと知っているからです。

多くの人は、マニュアルやルールや枠組みをしっかり整備することで社会は変わると思っています。ですが、それは言ってみれば小学生のやり方です。現実的にそういうやり方では、社会は変わりません。もちろんある程度の教育は必要ですが、社会とは教育やルールで「統率」できるものではないからです。

自尊心・自己価値感の低さが根本要因

社会がいつまで経っても変わらない根本要因の一つは、私たち一人ひとりの自尊心と自己価値感の低さです。

自尊心と自己価値感が低いと、私たちは自分を粗末に扱ってしまいます。また、他者からも粗末に扱われることを許しそれに甘んじてしまいます。

これが社会がいつまでも変わらないことの要因なのです。

ブラック企業はいつまで経っても無くなりません。法や条例や社内マニュアル云々の問題ではなく、「そこで働いている人たちの自尊心と自己価値観の低さ」が原因です。

「こんな劣悪な職場では到底働けません!」と言って1か月以内に辞める人が続出すれば、企業は我が身を振りかえざるを得ないでしょう。ですが、声を上げて現場を去る人はほんの少数で、多くの人はなんだかんだ言いつつも、劣悪な職場で働き続けることを選ぶのです。理由は先に述べた通り、自尊心と自己価値感が低いかほとんどないからです。

健全な自尊心と自己価値感がある人なら、自分を損なう可能性のある職場などにはいられません。さっさと見切りをつけて次を探し始めます。そうできない、こんな仕事でも失ってしまえば他は見つからないと思ってしまうところに、インナーチャイルドの傷が残っているのです。

どれほど劣悪でハラスメントが横行している職場でも、そこで働き続ける多くの人がいる限り、自らの企業体質を改善しようなどという殊勝な意欲は湧いてこないでしょう。そのような意識の目覚めが起こるのは、すべての従業員が「やってられっか」と言って辞めてしまった時なのです。

世の中からブラック企業をなくしたかったら、法令や条例を整えるよりも先に、働く側が意識を変えて自尊心と自己価値感を高め、声を上げ続けることが必要なのです。

上に挙げたのは一つの例ですが、すべてについて同様のことが言えます。

私は昨日たまたま目にしたこの記事を読んで強い怒りを感じました。

生活保護申請者に不適切対応

時代に翻弄されて生活するすべを失い、藁をもすがる思いで行政の支援を仰ぐ市民に対し、この横柄さと怠慢さと不誠実さで対応されるなどはとても遺憾なことです。

被害者の女性はそれでも自尊心と自己価値感をお持ちでしたから NPO に助けを求め、そこで「声」を上げることができました。もしも彼女が自分の声を上げず泣き入りしていたら、いつまで経ってもこのようなあり得ない怠慢はなくならないのです。

こうした時に私たちが感じる怒りはとても健全なもので、決して無くしたり押し殺したりしてはならない感情なのです。

関連記事:

本来怒りとは、

  • 自分が必要とするものを与えられないとき
  • 自分が要らないものを押し付けられているとき

つまり、境界線が侵害されているときに湧き上がる感情です。怒りが湧いてきたら、相手が何かしらの境界線を犯しているというサインなのです。そのサインをしっかりとキャッチして行動を起こすことでしか、本当の満足は得られません。

「感謝」とは、自分が必要としているものをしっかりと受け取ったときに自然と湧き上がるエネルギーで、「不満ばかり言っていないで与えられたものに感謝しなさい」と強要できるものではないのです。それは感謝ではなくて単なる「フリ」です。人間はごまかせてもエネルギーは嘘をつけません。

職場の環境が劣悪なら「こんな環境では働きたくない」と言う、別の職場を探す。誰かが自分を粗末に扱ってきたら「それは容認しません」と言う。自分を守るために、しっかり行動できることが大人なのです。自分を満たすためにはどうしたら良いのかを知ることが大切なのです。

自分の感覚に正直に、自分の本当の気持ちを声にして上げていくことでしか、社会の変化は推進されません。

今多くの人が声を上げ始めていますが、自分の生活の中にも一つや二つは必ず声を上げずに我慢していることが必ずあるはずです。まずは勇気をもって声を上げること、それができるようにインナーチャイルドを癒し、健全な自尊心と自己価値感を育てることが急務です。

境界線テスト

あなたがどれくらい境界線が引けているかを測ってみましょう。

1 / 20

あなたのパートナーは見栄っ張りで、すぐにカードを切って奢ってしまいます。こんなときあなたは:

2 / 20

あなたの10代の子供はスマホが大好きです。料金を支払っているのはあなたです。子供はあなたが使用量をチェックすることに抗議してきました。こんなときあなたは:

3 / 20

あなたはレストランで食事をしています。 近くのテーブルの人たちがお酒を飲んで大騒ぎし始めました。あなたは食事や会話を楽しむことが出来ません。こんなときあなたは:

4 / 20

家族や親せきの中には、あなたの私生活 について詮索し、聞いてもいない余計なアドバイスをしたがる人たちがいます。お盆や正月が憂鬱です。こんなときあなたは:

5 / 20

友人の一人が、人が大勢集まる場所であなたに関する不適切発言を連発し、あなたは気分を害しました。こんなときあなたは:

6 / 20

家族の一人が「今月は財布が厳しい」と 言ってきました。もうすでに何度かお金を貸しています。今回は「子供に自転車を買ってやりたいから1万円貸して欲しい」と言っています。あなたは:

7 / 20

友人があなたの家へ子連れで遊びに来ました。目を離したすきに、子供があなたの家具に落書きしました。友人を見ると、悪びれた様子もなく笑っています。こんなときあなたは:

8 / 20

あるセミナーを受講中に、講師がクラス全員の前であなたの短所を批判し、あなたは居たたまれない気持ちになりました。こんなときあなたは:

9 / 20

同僚の仕事の納期が間に合いそうもありません。あなたに「手伝ってくれ」と頼んで来ました。あなたには同じく納期が迫った仕事があります。こんなときあなたは:

10 / 20

数人で旅行へ行きました。あなた以外の全員は、博物館へ行きたいと言いますが、あなたは行きたくありません。こんなときあなたは:

11 / 20

上司があなたの仕事の成果を自分のものとしてプレゼンしていることを知りました。こんなときあなたは:

12 / 20

あなたのアパートで飲み会をすることになりました。会がお開きになってみんなが帰る頃には、家の中はひどいありさまになっていました。こんなときあなたは:

13 / 20

海外旅行へ出かけてヒッチハイクにチャレンジしました。たまたま乗せてもらったのは若者たちの車で、スピード違反や危険運転を繰り返し、あなたは生きた心地がしません。あなたは:

14 / 20

何か月も会っていない兄弟姉妹が、ランチの約束をドタキャンしてきました。「近いうちに埋め合わせする」と言っていますが、ドタキャンされたお陰でスケジュールが空いてしまいました。あなたは:

15 / 20

子供の学校のPTAで代表者を選出しなくてはなりません。立候補する人は誰もいません。あなたも忙しくて余裕がありません。こんなときあなたは:

16 / 20

親しい友人から連絡が来て、「仕事で嫌な ことがあったので、今夜飲みに付き合って欲しい」と言われました。あなたにはすでに予定があります。こんなときあなたは:

17 / 20

あなたの同居人は仕事が忙しく家事を全くしません。あなたが一切の家事を担当しています。あなたの中に不満が蓄積しています。こんなときあなたは:

18 / 20

ようやくプロジェクトが片付き、待ちに待った休暇へ出かけるところです。ところが、こんなときに限ってクライアントから急ぎの仕事の依頼が入りました。あなたは:

19 / 20

あなたの息子はお酒が好きで、毎晩晩酌をします。今日も夕食前にビールを 開けて飲もうとしています。こんなときあなたは:

20 / 20

上司から、あなたのミスではないことに関して「謝罪するように」と言われました。あなたは自分が悪いとは思いません。こんなときあなたは:

Your score is

0%

境界線の引き方についてまとめた E-Book があります。興味がある方はご利用ください。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  2. 「うまくやろう」としない

  3. 「過不足なく」暮らすというスタンス

  4. あなたに「義務」はない 義務感と罪悪感の正体

  5. 激動の時代を生きる為に必要なこと

  6. 個の時代における「繋がり」の意味の変化

  7. 離婚するのは間違い? その1

  8. 現状維持を選ぶか変化を選ぶか

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ