無力感に対して意識的になる

望む人生を創る3ステップ

自分を仕事にする E-Book

心も身体もお金も!動画セミナー

行動力を身に着ける40日チャレンジ

アセンションのプロセスの中では、自分の中にある「無力感」(powerlessness)に意識的になり、「自分は何かに対して無力である」と感じている状態から「主導権は私にある」と感じられる「有力感」( Empowerment 自分の力を掌握している状態)へとシフトしていく必要があります。

関連記事:

根源的な無力感

人間にとって一番「無力」を感じる状況は、「目の前にある状況に対して自分が出来ることが何もない」と感じる瞬間です。

企業や組織の中で避けがたいストレスにさらされる中で、「どうせ何をやっても無駄」「改善などするわけがない」と、自分が置かれた状況の中で自分にはどうにもできないと感じることを無力感と呼びます。

また最近では奥深いところに抑圧されていた無力感が刺激されて浮上しているケースが目立つようになりました。

関連記事

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. タイムライン・パラダイムをシフトする 古い自分が出てきたら「新しい自分」を選び直すだけ

  2. 「成長・進化」しないことが許されない流れ

  3. 「正しくある」ことの狂気を描いた作品 -新月に観た映画「戦場のメリークリスマス-

  4. 人間が「3次元」世界に転生する理由

  5. 自分が自分の親になることで「陰陽バランス」を統合する

特集記事

  1. 【雑記】最近気づいて愕然とした私の「制限」 目から鱗

  2. 幼児的願望(愛情飢餓)を癒して自分を満たす方法

  3. 願いを実現させるためにビジョンや目標が必要な理由

  4. 日本人が気づかない罠 -仕事ができない部下をどう教育したらいいですか?

  5. あげまん v.s. さげまん

保存版記事

  1. 【保存版】癒しの原理

  2. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  3. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  4. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  5. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

アーカイブ

TOP