日本の集団主義と漂う閉塞感

20数年に渡る海外生活を終えて日本へ戻り、驚いたことはいくつもあります。

少しずつ、「私が見る日本」について書いています。

今回は、「日本の集団主義」というテーマと、日本全体に淀んでいる停滞感・閉塞感を絡めて書きたいと思います。

日本文化は集団主義

「集団主義」とは、一人ひとりの利害・利益よりも集団の利益が優先される文化個人の都合を押し殺して「集団」に合わせることを要求される文化のことです。

全体主義においては、「みんな」が参加するアクティビティであれば自分は関心がなくても参加することを要求されたり、一人だけ他とは別行動することは「自分勝手」とみなされたりします。他と「足並みを揃える」ことが暗に要求されるのが集団主義の特徴です。

私は、日本文化は集団主義に間違いないと考えています。

日本人はもともと「家族」を一単位として小部落(村)を形成しながら生きてきた歴史があり、その中で培われた独特の「村文化」を持っています。「出る杭は打たれる」とか「村八分」とかいう言葉も、「村文化」の名残です。日系企業や学校で行われる「朝礼」や「自己紹介」も、全体主義に根差した日本特有の文化です。

日本のみならず、世界でも発展途上にある国々では未だに家族単位の結びつきが強かったり、村文化が強く残っていたりします。人類の発達段階上、発達が進めば進むほど村文化に根差す集団主義から脱し、個人主義へとシフトしていきます。地球上でもっとも進化度が高い北欧は、個人主義で知られています。

「村」の中では他と同じ振る舞いをすることが求められ、そうできない人は「調和」を乱す異分子とみなされ迫害されてきた歴史があります。閉鎖的な村落においては、全体に同調することが調和を保つ方法だったからです。

それと同様のことが、日本社会の至るところで今でも行われています。家庭内、学校内、企業内、組織内で、古い時代の村社会の掟や文化が未だに日本人を支配しているのです。

集団主義の負の側面

かつての日本人の生き方を守ってきた集団主義ですが、マイナスの側面が沢山あります。

例えば、村の長が汚職や罪に手を染めているとき、見て見ぬフリをしてやり過ごすことが処世術であったケースが多くあります。健全な父性が未熟な日本の社会において「本当のこと」を追求して真実を白日の下へ晒そうとする真摯な人は、危険分子として抹殺されてきたケースが相当数あるのです。みんなが見て見ぬフリをして口をつぐんでいるときには、それと同じようにすることを要求されるのが、村社会に根差した集団主義です。

このようなことが長く続けば、社会全体が病んでいくのは自明の理です。

真実を明らかにして組織を浄化することは、長い目で見て人々の利益になることです。ですが、発達段階が低いと長期的な視点や勇気を持つことができず、目先の保身にしか意識が向きません。そのため、発達段階が低い者にとっては「長いものに巻かれる」ことが「正しい処し方」となり、そうせずに我が道を行く人を批判する傾向が高まります。

その根底には「無力感」があります。

関連記事:

発達段階が違う者同士が暮らす社会

社会の中には様々な発達段階の人たちが混然一体として暮らしており、価値観ややり方が衝突することは避けられません。そうしたことは、皆が健全に暮らしていけるためにはある意味必要なことなのです。

しかし「波風をたてない」「穏便に済ませる」「角を立てない」といった事なかれ主義が重んじられる日本社会においては、健全な喧嘩すらもできず、発達段階が高い方が低い方へ合わせることを強要される風潮がずっと続いてきました。

これはどういうことかと言うと、小学3年生の教室に大学生を入れて、「みんな一緒に仲良く授業を受けましょう」と強要するようなものです。小学生の教室に大学生を入れれば、大学生は30分もすれば飽きてきて自分のしたいようにしたいと思い始めるでしょう。それが普通なのです。小学校の授業は大学生には退屈ですから、もっと歯ごたえのある成長課題にチャレンジしたいと思うのは、人間に備わった自然な欲求です。

誤った認識

ところが、日本の社会においては、そのようなことは我慢して相手に合わせられることが大人であるとか協調性であると考えられています。

これは大きな誤解です。

自分と発達段階が違う者や集団に合わせられるのが大人なのではなく、その場から立ち去ることができるのが本当の意味での大人なのです。自分と合わない組織から離れられない、我慢してでも合わせてしまうのであれば、自分の中に依存が残っているということです。

例えば、汚職がまかり通っている組織の中でそういう体質が合わない人は、我慢したり見て見ぬフリをして組織に居続けるのではなく、組織の体質を改革する方向で行動を起こすか、それが功を奏さなければ組織から去ることができるものです。それが本当の意味で成熟した人なのです。

関連記事:

人はみな違う

集団主義とは、個人同士に発達段階の違いがあることを認めようとせず、すべての人に一様に「同じもの」を要求することです。合わせることを要求することです。多くの方はこれをもって「平等」や「協調」と思われるかもしれませんが、これはそのようなものではありません。

本当の意味での平等や協調とは、一人ひとりの発達段階に合わせたことを求めるだけの分別を持ちつつ、同等の権利を認め、合う部分だけで繋がれることです。すべての人を同列に扱うことであったり同じことを要求することではありません。

父性の欠如

衝突したくない、喧嘩しないのが良いこと、なるべく穏便に・・・これらはすべて父性の欠如を示すものです。

健全な父性がある社会では、衝突を恐れずに相手と対話を持つことができます。20代の頃に一年という短い間だけ暮らしたオランダでは、すれ違いや誤解が生じたときに、「対話することで解決する」という成熟した人間関係を持っているオランダ人たちに感銘を受けたものです。

当時の私は、誰かとすれ違いや誤解が生じたときにきちんと向き合うことをせず、何も言わずに我慢してやり過ごすのが関の山でした。そして抑圧した不満や怒りを喫煙や飲酒で紛らわせていたのです。今から思えばとても未熟で不健全なやり方でした。

誰かと本当の意味で人間関係を築きたいと思うのであれば、きちんと向き合えるだけの強さと勇気を持つことは必要です。それがつまり父性なのです。

地球上で言えば、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーの北欧、そしてカナダあたりがかなり高い精神性を示していると感じます。一人ひとりの違いを認め尊重できるだけの女性的な成熟度もあり、境界線を明確に引いて尊重できるだけの父性(男性性)もある。

境界線テスト

あなたがどれくらい境界線が引けているかを測ってみましょう。

1 / 20

あなたのパートナーは見栄っ張りで、すぐにカードを切って奢ってしまいます。こんなときあなたは:

2 / 20

あなたの10代の子供はスマホが大好きです。料金を支払っているのはあなたです。子供はあなたが使用量をチェックすることに抗議してきました。こんなときあなたは:

3 / 20

あなたはレストランで食事をしています。 近くのテーブルの人たちがお酒を飲んで大騒ぎし始めました。あなたは食事や会話を楽しむことが出来ません。こんなときあなたは:

4 / 20

家族や親せきの中には、あなたの私生活 について詮索し、聞いてもいない余計なアドバイスをしたがる人たちがいます。お盆や正月が憂鬱です。こんなときあなたは:

5 / 20

友人の一人が、人が大勢集まる場所であなたに関する不適切発言を連発し、あなたは気分を害しました。こんなときあなたは:

6 / 20

家族の一人が「今月は財布が厳しい」と 言ってきました。もうすでに何度かお金を貸しています。今回は「子供に自転車を買ってやりたいから1万円貸して欲しい」と言っています。あなたは:

7 / 20

友人があなたの家へ子連れで遊びに来ました。目を離したすきに、子供があなたの家具に落書きしました。友人を見ると、悪びれた様子もなく笑っています。こんなときあなたは:

8 / 20

あるセミナーを受講中に、講師がクラス全員の前であなたの短所を批判し、あなたは居たたまれない気持ちになりました。こんなときあなたは:

9 / 20

同僚の仕事の納期が間に合いそうもありません。あなたに「手伝ってくれ」と頼んで来ました。あなたには同じく納期が迫った仕事があります。こんなときあなたは:

10 / 20

数人で旅行へ行きました。あなた以外の全員は、博物館へ行きたいと言いますが、あなたは行きたくありません。こんなときあなたは:

11 / 20

上司があなたの仕事の成果を自分のものとしてプレゼンしていることを知りました。こんなときあなたは:

12 / 20

あなたのアパートで飲み会をすることになりました。会がお開きになってみんなが帰る頃には、家の中はひどいありさまになっていました。こんなときあなたは:

13 / 20

海外旅行へ出かけてヒッチハイクにチャレンジしました。たまたま乗せてもらったのは若者たちの車で、スピード違反や危険運転を繰り返し、あなたは生きた心地がしません。あなたは:

14 / 20

何か月も会っていない兄弟姉妹が、ランチの約束をドタキャンしてきました。「近いうちに埋め合わせする」と言っていますが、ドタキャンされたお陰でスケジュールが空いてしまいました。あなたは:

15 / 20

子供の学校のPTAで代表者を選出しなくてはなりません。立候補する人は誰もいません。あなたも忙しくて余裕がありません。こんなときあなたは:

16 / 20

親しい友人から連絡が来て、「仕事で嫌な ことがあったので、今夜飲みに付き合って欲しい」と言われました。あなたにはすでに予定があります。こんなときあなたは:

17 / 20

あなたの同居人は仕事が忙しく家事を全くしません。あなたが一切の家事を担当しています。あなたの中に不満が蓄積しています。こんなときあなたは:

18 / 20

ようやくプロジェクトが片付き、待ちに待った休暇へ出かけるところです。ところが、こんなときに限ってクライアントから急ぎの仕事の依頼が入りました。あなたは:

19 / 20

あなたの息子はお酒が好きで、毎晩晩酌をします。今日も夕食前にビールを 開けて飲もうとしています。こんなときあなたは:

20 / 20

上司から、あなたのミスではないことに関して「謝罪するように」と言われました。あなたは自分が悪いとは思いません。こんなときあなたは:

Your score is

0%

集団主義に根差す無力感

今の日本が抱える閉塞感と無力感は、集団主義に根差すところが大きいと私は考えます。

集団主義の決定的な欠点は、人間の「考える力」を壊滅的なまでに奪ってしまうところです。何しろ、他と合わせてさえいればいいわけですから、自分の意志や軸で人生を選ぶ必要がないのです。そんな文化では、「考える力」はとうてい養われません。

自分の理性と悟性を信頼して自分なりの考えを構築し、それに従って生きることは、自分に対する信頼感と人生に対する有力感を得るためには必要不可欠です。

周りに同調し、流され、思考停止に陥った多くの人が「他から言われるままに」生きています。それでは、自分は自分の人生を生きているという充実感や有力感は感じようがありません。

私は子供の頃から生粋の個人主義者です。日本社会の全体主義はどうも子供っぽく思えてしまって付き合えない。最近では付き合う必要もないとわかっているので合わようとしません。

こういう私の生き方やあり方は、集団主義を重んじる人々からはまるで理解されませんが、発達段階が違う者同士は所詮理解し合えないものなのです。どこまで行っても平行線です。

私は日本はいずれかの時点で全体主義を卒業して個人主義へと移行していく必要があると考えています。それが進化の方向だからです。今そのシフトが始まりつつある兆しらしきものも見えないわけではありません。ただ、いつも書いていることではありますが、一人ひとりの意識が変わらないうちは、社会は変わりません

より多くの人が自分と向き合うことを通して、自律した大人へと成長し、日本が全体よりも個人を尊重できる社会へと成長していけることを願っています。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 激動の時代を生きる為に必要なこと

  2. 挨拶は強要するものではない

  3. 日本人の集合意識に残るジェンダー差別意識

  4. 離婚するのは間違い? その1

  5. 一人きりのパートナーと添い遂げる時代は終わった

  6. 自分で考える力をつけること その1

  7. 「日本人は英語ができない」は本当か

  8. 小室さんの文書騒動について私が思う事

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ