エネルギーの状態を知る

健全なエネルギー

  • 好きな人たちと付き合う
  • 嫌いな人たちとは付き合わない
  • 怒りが湧き上がる → 私、今怒ってます
  • 悲しみが湧き上がる → 私、今悲しいです
  • 歓びが湧き上がる → 私、今すごく嬉しいです

エネルギーが真っすぐでスッキリしています。

捻じれたエネルギー

  • 好きな人たちだけと付き合ってはいけない
  • 嫌いな人たちとも我慢して付き合わなければならない
  • 怒ってるの? → ううん、全然、怒ってなんかいないよ(本当は怒りを押し殺している)
  • 悲しいの?大丈夫? → ううん、平気。私は大丈夫(本当はすごく悲しい)
  • 嬉しい事があった → え?別に、普通。何でもないよ(嬉しいけどそれを隠している)

問題は、世間や社会では、「屈折して抑圧できる人が立派」とか「できた人」などと思われていることです。エネルギー的にはすごく歪んでいるんだけれど、社会全体が歪んでいるので、歪んだものが立派だとされています。

これは、日本が村社会だったことの名残です。閉塞的で封鎖的な村社会では、自分を偽って隠すことが処世術でした。

自分の喜怒哀楽をありのままに表現して扱うことを覚えなければ、感情を押し殺したり溜め込んだりして「我慢」するしかない。それがエネルギーの捻じれになるのです。

怒りは決して悪いものではありません。怒りは「表面の感情」と呼ばれ、その下には悲しみや痛みが隠されています。悲しみや痛みを素直に表現することで、怒りの感情は成仏していきます。これができるようになるためには、コツコツと取り組む訓練が必要ですの。ご希望の方はセッションにてマンツーマンで指導します。

フリをするのを止める

  • 感謝していないのに感謝しているフリ
  • 好きでもないのに好きなフリ
  • 愛していないのに愛しているフリ
  • 赦していないのに赦したフリ
  • 欲しいのに欲しくないフリ
  • 執着しているのにしていないフリ
  • ぜんぜん吹っ切れていないのに吹っ切れたフリ
  • 気になって仕方がないのに無関心なフリ
  • 欲しくないのに欲しいフリ
  • 疲れているのに疲れていないフリ
  • やりたくないのにやりたいフリ

エネルギーの捻じれを解くためには、「フリ」をすることを徹底的に止めて行くことが必要です。自分の「本当の気持ち」を正直に認めることが第一歩です。

日本人の多くは、本音と建て前を使い分けているうちに、何が建て前で何が本当の自分の気持ちか、わからなくなってしまっています。まずは、本当の自分を掘り起こすことから始めなくてはなりません。

これだけを心掛けて日常生活に取り組んでみても、どれほど自分が自分に嘘をつきながら生きているか、きっと驚くと思います。自分に嘘をつき続けながら生きて、幸せになどなれるはずがないのです。

たちが悪いのは、本当は自分は相手を嫌っているのに、表層意識では「愛している」と思い込んでいたり、本当は欲しいのに、「欲しくない」と思い込んでいることなのです。また、自分が相手を嫌って拒絶しているとを認めず、「相手から嫌われた、拒絶された」と投影して責任を相手に転嫁します。投影が激しいと、ありのままの現実を認識することができなくなります。

幼少期からの様々な経緯で、自分に素直になれなくなってしまった私たち人間が、エネルギーの捻じれを一つずつ解消し、本来の生き生きとした巣のままの自分へ回帰するプロセスが、アセンションなのです。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 「無力感」と「依存」の関係

  2. ため込むのはスピリチュアル・ヴォイド(精神的な空虚感)

  3. エネルギーは嘘をつけない

  4. 「過去を癒す」は5次元以上の現象

  5. 言葉に振り回されないことが大事

  6. 最近のおかしな日本語の遣い方(恐れベースの日本語)

  7. 「自己有力感」を得るために必要な3つの質問

  8. エネルギーの捻じれとは

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ