私が「ワークを行うことが適切でない」と判断するとき

セッションを行っていると、ときどき「ワークやヒーリングを行うことが適切でない」と感じる場面に遭遇します。それはどういうときかと言うと、クライアント側の準備ができていないときです。

どんなワークでもヒーリングでも、行う動機が「愛」でないと、効果を発揮しません。これは自然なことなのですが、往々にして私たち人間は、「愛」ではなくて「恐れ」を動機として癒しを望むことがあるのです。

決して珍しいケースではなく、かなりよくあることです。

恐れを動機としたワークは効果がない

「私は今苦しい。こんな苦しみを味わうのはもうコリゴリだ。どうにかして苦しみを遠ざけたい。よし、癒しやヒーリングをして、この苦しみから逃れてやる」。

こういうエネルギーで何かを行うとき、その動機は「愛」ではなくて「恐れ」なのです。

私たちは、まず何よりも自分自身を無条件に愛する訓練から始めなくてはなりません。今、あなたが感じている苦しみや不安や恐れは、「かつての自分」が味わったものです。幼い頃の自分が、独りぼっちになったり、周りに頼れる人が誰もいないと感じたり、必要な愛を必要なときに受け取れなかったときの苦しみなのです。

その苦しみを「嫌な感情」と言って忌み嫌い、「感じたくないから今すぐ癒してやる」と決めつけるのは、自分自身に対する拒絶反応と同じです。

子供の頃の自分の痛みを忌み嫌い、傷ついて苦しんでいる子供に対して「お前のせいで私は幸せになれない」と、叱咤している状態と同じなのです。叱咤された子供は癒えるどころか、さらに傷を深めてしまいます。

自分に対する理解と思いやりが必要

どんなワークもヒーリングも、かつての自分に対する理解・思いやり・愛を動機として行われる必要があります。今自分が感じている痛みから逃げずに受け止め、「怖かったね、辛かったね」と寄り添い、「もう大丈夫、私がいるからね」という、愛と思いやりの場所から光を送ることで、癒していくのです。

そういう訳で、セッションの中で私が「ワークやヒーリングを行うことが適切でない」と判断した際には、ワークやヒーリングを行う代わりに、自分自身を受け止める必要性についてのお話をすることがあります。

私たちは、今この瞬間の等身大の自分を受け入れることができなければ、他の何事も成し遂げることができません。今準備ができていないのであれば、まずはその自分を受け入れること。そして、「今の自分の気持ち」に正直になることで、一歩ずつ進んでいくより他、道はありません。

© 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. エネルギーは嘘をつけない

  2. 「過去を癒す」は5次元以上の現象

  3. 【保存版】感情エネルギーを昇華するプロセス

  4. お金を使いたがらない日本人

  5. 「無力感」と「依存」の関係

  6. 人の役に立ちたいと思わない

  7. 人はなぜ求められてもいないアドバイスをしてしまうのか?

  8. 「自己有力感」を得るために必要な3つの質問

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ