ものごとの辞め時・潮時を見極める

あらゆる物事には、辞め時や潮時があると思っています。

「潮時」とは漁師さんたちが使う言葉で、海の潮の満ち引きを見ながら漁に出るタイミングを測るのです。物事にはタイミングというものがある。私たちはそれぞれ、自分の中の潮時を敏感に察知する必要があるのです。

私たちは、すべての経験から何かしらを学んでいますが、一つの学びが終了したら次のステージへ向けて前進する必要があります。人にはそれぞれ成長ペースとタイミングというものがあって、それは一人ひとり違うものだと、私は考えています。

私は昔から飽きっぽい性格で、一つのことを3年以上続けることが出来ませんでした。趣味が多く、旅行、写真、書道、陶芸、バンド活動などいろいろとやってきましたが、 唯一15年以上に渡り続けられたのは、香港に暮らしていたときに書いていたブログだけでした。 他のことはすべて3年スパンで「卒業」してきました。

どんな趣味でも、最初の3年は夢中になって大変熱心に活動に取り組みます。好きでやっていることですから、情熱もありますし、楽しくて仕方がないという数年を過ごします。新しい知識や技術を吸収し、新しい人たちと出会い、新しい経験を積んで過ごすこの数年間は黄金期で、趣味に関してはどんなことでも楽しいという時期です。

しかし3年ほど経つと、そこにあった情熱が「色褪せた」のを感じ始めます。そして、楽しいという感じよりも、めんどくさい、苦痛、大変、という気持ちが勝ってくるようになります。

これが辞め時なのです。

つまり、その経験から学べることはもう無いので、「前進しなさいよ」という高次の自分からのサインなのです。

関連記事:

古い規範意識を手放す

あらゆる経験には「賞味期限」があります。

日本には、「石の上にも三年」という諺があり、一つのことを長く続けることが良いとか、多少嫌なことでも我慢して取り組むことで養われる忍耐力があるとかという価値観があります。それはそれで一理あるのですが、古い時代ならいざ知らず、今の時代のアセンションのプロセスの中では、考え方を改める必要があります。物事は、潮時・辞め時を見誤らないこと。

自分にとって本当に好きなこと、楽しいことをやっているときは、すべてがキラキラとして楽しく、身体の底からパワーがみなぎってくるので、バイタリティーに満ち溢れて活動することができます。波動的にはとても高い状態です。

ですが、モメンタムを失った時は、エネルギーレベルは下がり、それをやろうと思うと身体が重く感じられたり、腰が上がらないという現象が起こります。「今の自分の波動」と目の前にあることが、もはや波動的にマッチしていないからです。

自分とアラインしていないのです。少し前の自分にはマッチしていたものが、今では合わなくなったのは、自分が成長した証なのです。人間は常に成長し、進化・拡大している存在で、いつまでも同じ環境の中ばかりにはいられません。かつて自分に合っていた趣味や職場でも、その環境で学ぶべきことをすべて学び終えれば、自然と波動はマッチしなくなってくるものなのです。

小学校生活を終えた小学生がランドセルを脱ぎ捨てて、新たに中学校でまったくゼロから生活をスタートさせることに似ています。学び尽くしたカリキュラムの環境から、巣立つ時なのです。

これはとても大事なサインですので、見逃したりせず、しっかりと受け止めて従う必要があります。これを見誤らずにきちんとメッセージを受け取って、辞める決断を下すことができると、スイスイと成長・前進していくことができます。

一人でやっていることなら、辞めるのに躊躇することも少ないかもしれません。私にとって唯一辞めにくかったのはバンド活動で、私が抜けたらバンドは活動できなくなるわけですから、決断することができずにしばらく逡巡していました。

決断することを先延ばしにしていたら、ある日、それは突然やってきました。リーダーから次のギグの予定を伝える電話を受けたときに、思わず、「もう無理!バンド辞める!」と口走ってしまったのです。自分の意志で伝えたというよりも、言葉が勝手に口からほとばしり出てしまったのでした。その一言でバンドを辞めることになりました。

人生を愛する

それまでの3年間の活動に感謝して、私はバンドを去りました。バンドのメンバーとは今でもとてもいい友人として付き合っています。

すべての経験には、意味があります。その中で自分にとって必要なものを吸収しつくせば、経験の役割はそこで果たされたのです。吸収したエッセンスを携えて次のステージへとシフトするのです。

人生には、様々な経験が経ち起こります。良い経験も、あまり良くない経験も。そのすべての経験を肯定し、自分の魂の成長にとって何かしら必要な課題が含まれていると捉えられることが、本当の意味での「ポジティブ」な在り方です。

「ポジティブ思考」とは、決して人生の中の良い面だけを見て、ネガティブなことは見て見ぬフリをすることではありません。良いことも悪いことも、等しく受け取ってその中から学んで、自分の糧としていけることなのです。 経験から学び、感謝し、受け取り、そして前進する。それが「自分の人生を愛する」ということなのです。

仕事の辞め時

ちなみに、仕事をしながら趣味の時間を持っていて、最近趣味をするのがつらい、疲れていて趣味をやりたくない、と感じるのだとしたら、それは仕事の辞め時です。

仕事(職場の人間関係やあらゆるストレス)にエネルギーを吸い取られて、自分の楽しみをもはや楽しめなくなったら、真剣に仕事場を変えることを検討した方が良いというサインなのです。

逆に言えば、仕事も趣味もご機嫌で、自然とウキウキ感じるときがちょうどいいバランスで回っているときです。最近、以前は好きだったことがそれほど好きと感じなくなった、なんとなくつまらない、退屈、と感じているのなら、何かを変えるタイミングが来ているかもしれません。

ここ数年は変化のスピードが本当に早いですから、その中で自分が変化していくのも早いです。フットワーク軽く流れに乗っていけるよう、辞め時を見誤らず、手放すものは手放し、新たに開くものは開き、しっかりと自分に繋がっていきましょう。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 挨拶は強要するものではない

  2. 離婚するのは間違い? その1

  3. 過渡期に生きる私たちの生き方とは

  4. 自分で考える力をつけること その2 (ドロレス・キャノン)

  5. 「日本人は英語ができない」は本当か

  6. 【保存版】社会に適応する必要はない

  7. 「過不足なく」暮らすというスタンス

  8. 【お知らせ】セッション申込みに新たな年齢制限を設けました

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ