ものごとの辞めどき・潮どきを見極める

望む人生を創る3ステップ

自分を仕事にする E-Book

心も身体もお金も!動画セミナー

行動力を身に着ける40日チャレンジ

あらゆる物事には、辞め時や潮時があります。

「潮時」とは漁師さんたちが使う言葉で、海の潮の満ち引きを見ながら漁に出るタイミングを測るのです。物事にはタイミングがある。私たちはそれぞれ、自分の中の潮時を敏感に察知する必要があるのです。

私たちはすべての経験から何かしらを学んでいますが、一つの学びが終了したら次のステージへ向けて前進する必要があります。人にはそれぞれ成長ペースとタイミングがあって、それは一人ひとり違うものです。

私のペースは3年

私は昔から一つのことを3年以上続けることができませんでした。

趣味が多く、旅行、写真、書道、陶芸、バンド活動などいろいろとやってきましたが、 唯一15年以上に渡り続けられたのは、香港に暮らしていたときに書いていたブログだけでした。 他のことはすべて3年スパンで「卒業」してきました。

どんな趣味でも、最初の3年は夢中になって大変熱心に活動に取り組みます。好きでやっていることですから、情熱もありますし、楽しくて仕方がないという数年を過ごします。新しい知識や技術を吸収し、新しい人たちと出会い新しい経験を積んで過ごすこの数年間は黄金期で、趣味に関してはどんなことでも楽しいという時期です。

しかし3年ほど経つと、そこにあった情熱が「色褪せた」のを感じ始めます。そして、楽しいという感じよりも、めんどくさい、苦痛、大変、という気持ちが勝ってくるようになります。

これが辞め時なのです。

つまり、その経験から学べることはもう無いので「前進しなさいよ」という高次の自分からのサインなのです。

関連記事:

関連記事

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. タイムライン・パラダイムをシフトする 古い自分が出てきたら「新しい自分」を選び直すだけ

  2. 「成長・進化」しないことが許されない流れ

  3. 「正しくある」ことの狂気を描いた作品 -新月に観た映画「戦場のメリークリスマス-

  4. 人間が「3次元」世界に転生する理由

  5. 自分が自分の親になることで「陰陽バランス」を統合する

特集記事

  1. 自分のタイプを知りそれを受け入れる その1

  2. 「自分軸」でパートナーを選ぶ

  3. 不安・心配・恐れを解消する方法

  4. 失敗は人生の必須項目

  5. 女性が幸せな恋愛をしたいなら自分を愛すること

保存版記事

  1. 【保存版】下位チャクラと上位チャクラの統合

  2. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  3. 【保存版】願いが叶う前兆 ー潜在意識の綱引き現象-安全圏を理解する

  4. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  5. 【保存版】社会に適応する必要はない

アーカイブ

TOP