「健全な意欲」と「不健全な意欲」

「何かを学びたい」「何かを身に着けたい」「何かをできるようになりたい」という「意欲」には、大きく分けて二つの種類があります。

  1. 自己実現へ向けた健全なもの
  2. 劣等感を感じなくても済むようになるための補償的なもの

自己実現へ向けた健全な意欲

例えば、最初は10mしか泳げなかった人が25m泳げるようになりたいと練習を重ねたり、将来はミュージシャンになりたい子供が練習を重ねたりするときの意欲は、健全なものです。

人間の本質は進化・拡大ですから、新しいことができるようになることは嬉しいことですし、何かを学んだり身に着けたりするときに感じる誇らしい歓びは、前進するための大きな原動力になるものです。

また今までは他者に依存してばかりで一人では何もできなかった人が、手痛い目にあったことをきっかけに自立したいと思い努力することは、人間の健全な成長へ向けた健全な意欲です。

こうした意欲はおおいに持った方が良いものですし、またそれなくして自己実現を果たすことは不可能とすら言えます。

劣等感を感じなくても済むようになるための補償的意欲

それに比べて「劣等感」に根差した「不健全な意欲」には、常にある種の「必死さと悲壮感」が漂います。

この場合の「〇〇したい」や「〇〇できるようになりたい」は、健全な欲求に根差したものではなく、自分の中の劣等感を感じなくても済むようになるための補填手段でしかないために、「〇〇できない」という現状を受け入れることができません。「〇〇できない自分」を受け入れることができないのです。

そのため、「必死に」〇〇できるようになりたいと、悲壮な追及を続けます。

今まで、

  • どうしてもレイキのやエナジーワークの体感を得られるようになりたい
  • どうしてもエンジェルナンバーやサインの意味を分かるようになりたい
  • どうしても占星術を理解できるようになりたい
  • どうしてもテレパシーができるようになりたい
  • どうしてもあなたのようになりたい
  • どうしても「常にプレゼンス」でいられるようになりたい

などなど、数々の「必死」なご要望を頂いてきました。

言うまでもなく、こういう場合「〇〇できるようになること」は解決策にはなりません。

本当の解決は、自分の中にある劣等感を認め、向き合い、癒すことによって「〇〇できない自分でも大丈夫」と、等身大の自分を受け入れることができるようになることです。

健全な自己肯定感と自己価値感を持っている人であれば、自分が何かできないことに焦りや苛立ちを感じたり、どうしてもそれができるようにならなくては!という必死さを持つことはありません。

自分の中に、「どうしても〇〇できるようになりたい、〇〇できない状態は耐えられない」という必死さがある方は、解決できていない劣等感を抱えていらっしゃいます。

その劣等感に向き合って癒し、健全な意欲に昇華できるようになることが当面の課題です。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 【祝辞】勝ち取った自由と共に生きてください

  2. 「実行する力」男性性と自己有力感の関係

  3. 「魂の傷」が何かを知るのは意外と簡単

  4. 全米に衝撃を与えた若き共依存カップルの事件をひも解く-魂の癒しが反転したとき-

  5. 自分らしく生きることとわがままの違い

特集記事

  1. ものごとの辞めどき・潮どきを見極める

  2. 「日本人は英語ができない」は本当か

  3. 失敗は人生の必須項目

  4. 一人ひとりまったく違う現実を生きている

  5. 人生の奥義

保存版記事

  1. 【保存版】カルマを解消する方法

  2. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  3. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  4. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  5. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

アーカイブ

TOP