【保存版】「足るを知る」の本当の意味

「足るを知る」とは、「自分の不満をしっかりと認め、どうしたらそれを解消し、真に満たせるようになるかを知ること。

私は以前からこのメッセージを発信し続けています。

3D意識では、「足るを知る」とは、「与えられた現状で満足して感謝することを覚えなさい」というニュアンスで使われているように思います。

これは、間違いとまでは言わないまでも、正確な意味ではないと私は考えているのです。

不満はちゃんと認めない限りなくならない

私自身の経験から言うと、蓋をしてなかったことにしている「不満」は、必ず歪んだ形で噴出してきます。自分は無意識でも、意図しないところで帳尻を合わせようとして出て来ずにはいられないのです。

例えば、結婚生活やパートナーシップに不満があるのに、それをまっすぐに認めようとしない人は、浮気や不倫に逃げます。

そうでなければ、子供や伴侶に対して過干渉になったり支配的になったり、虐待したりします。虐待とは身体的な暴力のことだけを指すのではなく、ニグレクトしたり、子供を半人前に扱ったり、子供の意志や気持ちを尊重しないことすべてを指します。

こうしたことすべてがちゃんと不満を認めていない故の「逃げ」なのです。「逃げ」は何の解決にもなりません。自分も他者も苦しみに巻き込むだけです。

不満を認めることが第一歩

本当の意味で幸せになりたいのであれば、騙し騙し生きることを止め、本当の自分とまっすぐに向き合う必要があります。

不満があればそれと向き合い、根本的に不満を解消して、真に自分が満たされる状況になったときに、問題は消えます。

「足るを知る」=自分をちゃんと満たせること

ちゃんと自分と対話を重ね、自分を満足させてあげられるようになることが「足るを知る」の本当の意味であると、私は考えます。その方が辻褄が合うからです。

真剣にそれに取り組み始めると、人生が変わることに気づくでしょう。今までのレベルでは、もう満足できない自分に気づきます。今までどれくらい自分を騙しながら生きてきたのかと思います。

本来人生とは、もっと自由でもっと満ち足りたものだと知るのです。

自分を偽らず、自分に正直に生きることは、簡単なことではありません。自分を我慢させて、相手に合わせたいという欲求はとても強いからです。私たち人間が抱える承認欲求とはそれほど強いものなのです。

それを認めた上で、それでも自分を貫いて生きるという肚が括れる人だけが、個性化の道を進んでいくことができます。

百瀬 章子 

1973年長野県生まれ。20年以上に渡り海外5か国に暮し働きながら、心理学、宗教学、人智学、形而上学(メタフィジカル)などを学び実践してきた経験を持つ。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たちの覚醒の支援・サポートを行っている。​

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 【お知らせ】メタフィジカル・スクール モニター募集

  2. 【雑記】孤独を厭わないことの本当の意味 -私の場合-

  3. 人として成長したいならすべてを自分で決めること

  4. 「ありがとう」と言われることを目標としてはならない -人間を本当に満足させる仕事とは何か-

  5. 「共感」とは「共にあって感じる」こと

特集記事

  1. 失敗は人生の必須項目

  2. 軸がブレるのは地に足がついていないから

  3. 自分らしく生きるために必要な3つのこと

  4. 言葉をしっかり使う人は内面が明晰

  5. 日本人の集合意識に残るジェンダー差別意識

保存版記事

  1. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  2. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  3. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  4. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  5. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

アーカイブ

TOP