地に足をつけるために必要なこと

地に足がついていない人が、地に足をつけられるようになるにはどうしたら良いのかというテーマで記事を書きます。

地に足がついていないサイン

地に足がついていないときのサインは、以下のようです:

  • 浮足立っている
  • 他者に振り回される
  • 他者を振り回す
  • 常の自分以外の誰かや何かを必要としている(パワーストーン、スピリチュアル・グル、サイキック、占い等)
  • 自分で考えることができない
  • 自分がない
  • 自分の意見よりも他者の意見を採用する
  • 落ち着きがない
  • 自分に自信がない
  • 自分で決断できない
  • 言動に一貫性がなくコロコロ変わる
  • 常に何かを探し求めている

下位チャクラの機能不全

地に足がつかないのは、アーススターチャクラおよびルートチャクラの機能不全です。

アーススターチャクラは足裏より20cm ほど下にあるチャクラで、自分と地球をエネルギー的に結び付け、体内の不要なエネルギーを解放し、地球から必要なエネルギー(生命力)を吸い上げる役割を担っています。

生まれたときや養育過程におけるトラウマからアーススターチャクラやルートチャクラに機能不全が残っていると、地球とのエネルギー的な繋がりを得ることができず、この地上が安心・安全だと感じられなくなります。

ルートチャクラを整えるエナジーワークはこちらの瞑想をご利用ください:

男性性を鍛える

この二つのチャクラの機能不全を改善する最善の方法は、男性性を鍛えることです。

男性性とは、

  • 決断力・取捨選択力
  • 行動力
  • 克己心・規律
  • 寛容さ
  • 博愛
  • 境界線を引く力
  • 自己主張できる力
  • 自信・落ち着き

などです。

男性性はこの世を生きていくために必要不可欠なエネルギーで、これが欠けていているときに、負の女性性が際立って出てきます。優柔不断、自己犠牲、自分のなさといったものは、男性性が欠けていることによる負の女性性です。

  • 他者の意見を聞く前に、自分の意見を確認する
  • 他者がどう思おうと、自分のやりたいように行動する
  • 自分が食べたいものを食べる
  • 自分が食べたくないものは食べない
  • 欲しいものを買う
  • 欲しくないものは買わない
  • 他の人からどう見られるか、どう思われるかではなく、自分がどうしたいかで行動する
  • 何事も自分で考え、自分で決める
  • 自分の言動に責任を持つ
  • 相手の顔色を窺ったり反応を見たりするのではなく、自分はどうしたいかで言動する
  • 心にもないことは言わない
  • 自分に正直になる

日々の生活の中で意識的にこのようなことを鍛錬していくことで、少しずつチャクラの機能不全は改善していきます。

男性性と女性性の統合についてはE-Bookにまとめていますのでご参照ください。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 【祝辞】勝ち取った自由と共に生きてください

  2. 「実行する力」男性性と自己有力感の関係

  3. 「魂の傷」が何かを知るのは意外と簡単

  4. 全米に衝撃を与えた若き共依存カップルの事件をひも解く-魂の癒しが反転したとき-

  5. 自分らしく生きることとわがままの違い

特集記事

  1. 「弱点」と「欠点」の違いとそれぞれの対処法

  2. 軸がブレるのは地に足がついていないから

  3. 一人ひとりまったく違う現実を生きている

  4. 日本人の集合意識に残るジェンダー差別意識

  5. 内面の分裂が回答に表れる

保存版記事

  1. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  2. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  3. 【保存版】社会に適応する必要はない

  4. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  5. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

アーカイブ

TOP