問題から解放されるためには原因を解消する必要がある

あらゆる問題は、「なぜそうなったのか」という理由や原因と向き合わなければ解消しません。表面に出ている結果(症状)だけを何とかしようとしていても、すぐにまた同じ問題が繰り返されます。

例えば、肥満は表面に出ている症状(結果)に過ぎません。潜在意識に「愛情飢餓」が残っていて、食べることで心の空虚感を満たそうと試み続けたことの「結果」なのです。

インナーチャイルドが抱える愛情飢餓を癒すことなしに、運動をしたり食事制限を課したりしてダイエットに励んでも、いずれまた同じ問題がぶり返します。いくら結果を修正したところで、問題の根っこはまるっと残ったままだからです。

しかし多くの人は、要因に向き合おうとはしません。それには痛みが伴うからです。

それよりも、運動をしたり食事制限のことを考えたりしている方が、前向きな気がして気が楽なのです。子供の頃のことを掘り返して涙を流したところで、後ろ向きになっているとしか思えないのです。

しかし事実は正反対で、人間は、潜在意識の中に未解決のまま冷凍保存されている子供の頃のマイナス感情を処理してあげなければ、延々と問題行動を繰り返して生きる生き物なのです。

もしも永遠に肥満という問題から解放されたければ、過去と向き合う必要があるのです。運動や食事制限はその後です。

「疲れやすい」「疲れる」「疲れが取れない」という方が、以前は私のもとへ大勢いらしていました。「疲れたのでレイキで癒したい」とか、「エナジーワークを使って疲れない体質になりたい」言いますが、誰一人として「なぜ自分はこんなに疲れるのだろう?」と自問なさる方はいらっしゃらいませんでした。

意識を向けるベクトルが反対なのです。

レイキやエナジーワークは、症状(結果)に対処するためだけに使っていても効果は上がりません。それよりも、「疲れの要因」を直視して解決した方がはるかに効果があるのです。

なぜ疲れるかと言えば、相手や他者に過度に合わせているからです。

本当は行きたくない集まりにも付き合いで顔を出していたり、義理の付き合いがあったり、自分の本心に反して保持している人間関係が沢山あるはずです。なぜそのような付き合いをやめることができないのかと言えば、自分が相手に依存しているからです。

多くの方はこの部分に薄々気が付いていて、自分の依存の問題を直視するくらいなら、レイキやエナジーワークを受けていた方が楽だと思っているのです。問題をすり替えることで、自分と向き合うことを先延ばしにしているだけなのです。

もちろん本人にその自覚はありません。

子供の人生に首を突っ込んでアレコレと口出しせずにはいられない過干渉な親は、子供に依存しています。子供の世話を焼くことで自分の居場所を確保し、子供を通して自分の人生を生きようとしています。

その要因は幼少期から続く愛情飢餓ですが、自分に愛情飢餓があるという自覚がないので、向き合うことも解決することもできず、延々と子供を支配し続けるのです。

自分の痛みにしっかりと向き合わないまま大人になった人は、自分の痛みを全部子供へ連鎖させます。まずは自分自身に取り組んで、心を修繕していく必要があるのです。


ありとあらゆる問題は、要因にしっかりと向き合って解消することができれば、永遠にそれから解放されます

しかしそれをやらず、薬や薬物や砂糖や酒で誤魔化しながら生きているのが、3D世界に生きる人間の在り様です。それに気づいた人から内面の整理にとりかかり、統合が進んだ分だけ問題から解放されていきます。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 【祝辞】勝ち取った自由と共に生きてください

  2. 「実行する力」男性性と自己有力感の関係

  3. 「魂の傷」が何かを知るのは意外と簡単

  4. 全米に衝撃を与えた若き共依存カップルの事件をひも解く-魂の癒しが反転したとき-

  5. 自分らしく生きることとわがままの違い

特集記事

  1. オールドソウルが自信を身に着ける方法

  2. 「子供らしい」と「子供っぽい」の違い

  3. 内面の分裂が回答に表れる

  4. オールドソウルの特徴7つ

  5. 自分のタイプを知りそれを受け入れる その1

保存版記事

  1. 【保存版】社会に適応する必要はない

  2. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  3. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  4. 【保存版】癒しの原理

  5. 【保存版】カルマを解消する方法

アーカイブ

TOP