【保存版】社会に適応する必要はない

It is no measure of health to be well adjusted to a profoundly sick society.

社会に適応できることが 健全であるとは限らない  なぜなら 社会自体が深刻に病んでいるから

ジッドゥ・クリシュナムルティ

メインメッセージ

病んだ社会に適応する必要はありません。そのような「システム」から脱却して、生きて行くことを考えなくてはなりません。これからは、自分に合った仕事や働き方を、自分でクリエイトしていく時代です。システムに合わせて自分が病んでいくのではなく、病んだ社会に適応しようとすることに、No.を言わなくてはなりません。私たちは、そのためのサポートを行っています。

今から振り返れば、世の中はおかしなことだらけだと思います。そういう世の中を、私たちは「システム」と呼んでいます。

私たち人間が生きていくためには、嫌なことでも理不尽なことでも我慢して働かなくてはならない。どれほど病んだ組織でも、長い物には巻かれるもの。

そう思っている人は沢山います。

下を見ることで自分の不満を言う事を封じ込められ、あまりの理不尽さに対するモヤモヤを抱えながらも、騙し騙し生きるしかない。

そういう生き方にならざるを得ない背景には、幼少期より理不尽に我慢してモヤモヤを蓄積させながら生きてきたことがあるのです。世の中のおよそ7割がたくらいは機能不全家庭の出身だからです。

今の時代、貧困のあまり生理用品を買えずに苦労する女性たちや、食費や光熱費を削って生き延びている人たちは大勢いらっしゃいます。そういう人たちに比べれば、自分はまだまだ恵まれていると感じられることはもちろん必要ですが、だからと言って不満が残る現状に甘んじろという理屈は通用しないのです。

私たちは、自分が満足だと感じる環境で暮らす権利があります。本当は足りない収入でも恵まれていると思い込まされて、それで甘んじていい理由はどこにもありません。

私たちはもっと真っすぐに自分の望むものを取りに行かなくてはなりません。その勇気と行動力を持つことこそが、今の時代には必要なのです。

ほんの少数ではあっても、世の中には健全な人たちもいます。養育者から愛情と庇護をたっぷりと受けながら育ち、自分を大切にすることを知っていて、病んだ人や組織には最初から近づこうとしない人たちです。

彼らは自分を愛することを自然に体得していますから、おかしな職場や人間関係には我慢せずにさっさと辞めて去っていきます。それは彼らが未熟だからではなく、自分と合うものと合わないものを知っていて、自分を優先して大切にすることを知っているからです。

病んだ場所に合わせられる人は、そもそも健全ではありません。自分を偽って演じたり、要領よく振舞って人を出し抜いたり、そういうことができる人たちです。そんな中にあって「馴染めない」と身体や精神を壊して辞めて行くのは、もともと健全で真っすぐな人たちです。

今の私は、そのことをよく理解して承知しているので、以前のように「システム」に馴染めない自分を責めたり、否定したりすることは無くなりました。

意識の覚醒が進み、何が真実で何が幻想なのか区別がつくようになってくると、必然的に不健全なエネルギーの中にはいられなくなります。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 「日本人は英語ができない」は本当か

  2. 一人きりのパートナーと添い遂げる時代は終わった

  3. 意識の拡大と行動パターンの変化

  4. 観念の世界に生きるということ

  5. 【お知らせ】セッション申込みに新たな年齢制限を設けました

  6. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  7. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  8. 小室さんの文書騒動について私が思う事

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ