挨拶は強要するものではない

挨拶は他人に強要するものではありません。したい人はすればよい、したくない人はしなければよい。

「挨拶は人として基本中の基本」という人が日本には結構いますが、それは日本特有の価値観だと私は考えています。他の国でそういう価値観を口にしている人を見たことがありません。

この記事では、日本以外の国5か国で暮らして働いた経験を持つ私が、特に日本の職場でよくみられる「挨拶の強要」について、個人的な見解を書いていきたいと思います。

日本は挨拶にこだわる文化

冒頭にも書いたように、日本は「挨拶にこだわる文化」だと私は思っています。「挨拶することが良いこと」で「挨拶しないことは人としてダメなこと」という価値観が日本にはあるのです。

色々な国で暮らしてきましたが、そういう価値観は他では見られませんでした。

つまり、挨拶に関する人類共通の普遍的真理や価値観があるわけではなく、捉え方や感じ方は文化や個人的好みによって変わるということ。

「挨拶は人としての基本です」などとしたり顔で言う日本人がいると「めんどくせー」と思います。その人の価値観を一方的に押し付けられたくないです。

価値観は個人的なもので自由

「挨拶をする・しない」ということは他人がとやかく言う問題ではありません。皆がそれぞれの価値観に従って生きたら良い。

私自身は大方のケースでは挨拶をしていますが、時と場合と状況によっては挨拶をしたくないことがあります。疲れていて他者に気を使うどころではないときは挨拶はしないし、挨拶をしたくないと思う相手にはしません。

それが私にとっては自然なことだからです。

挨拶の強要は企業の越権行為

日本の企業の中には「職場では、人とすれ違うときには気持ちよく挨拶をしましょう」とか、「挨拶すること」をスローガンやマナーとして従業員に教育しているところも多いです。

ですがそれは雇用主側の越権行為というものです。

従業員は一人の人間として自分の価値観で生きているのですから、「挨拶」に関して雇用主側からアレコレ指図される筋合いはありません。職場とは仕事をする場所であり、雇用主の価値観を一方的に押し付けられる場所ではないからです。

そもそもそのようなことは、雇用主から従業員へ指示できることではないという意識が足りていないだけです。

関連記事:

もしも「挨拶をしないと気持ち良くないから仕事が上手くできない」というのであれば、その人の内面に相当問題があります。

あるいは「挨拶することは我が社の理念」というのであれば、誰もが見れる場所にそれを掲げ、「毎日きちんと挨拶することに賛同できる人だけ入社を志願してください」とするべきでしょう。

「挨拶をした方が気持ちいい」と思う人はすればいいし、「挨拶はしなくていい」「挨拶はしたくない」と思う人はしなければいい。ただそれだけの話です。

お互いがお互いの価値観を尊重して干渉し合わない。それが節度のある大人の距離感というものです。

成熟した社会へ向けて

価値観の違う者同士が互いを尊重し合いながら共存できる社会が本当の意味で成熟した社会です。どちらか一方の価値観を「正しいもの」として他方に押し付けることは、未熟さの表れです。

雇用側と従業員側の癒着が激しいことは精神年齢が幼いことのサインですが、日本では比較的よくみられる状況です。ヨーロッパに比べると、まだまだ日本社会の精神成熟度は低いと切実に感じます。

挨拶は強要するものではありません。今一度、個人の価値観を互いに尊重する意識を強く持っていきたいものです。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

  1. 潜在意識の浄化は筋トレと同じ

  2. 本物の情熱と偽物の情熱の見極めが大切

  3. 「何のために生きるのか」-菊池和子さんによる2007年の講演-

  4. オールドソウルとスターシードの違い

  5. 日本人が気づかない罠 -仕事ができない部下をどう教育したらいいですか?

特集記事

  1. 自分をちゃんと守れる人が大人

  2. 挨拶は強要するものではない

  3. 相手と自分 双方を尊重したコミュニケーションとは その2

  4. 相手を大人として扱う

  5. 日本における経済DVの実態

保存版記事

  1. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  2. 【保存版】オールドソウル 魂年齢と個性化の過程

  3. 【保存版】カルマを解消する方法

  4. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  5. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

アーカイブ

TOP