あなたが支配・コントロール下にあるサイン

自分が支配・コントロールの渦中にあるかどうかの見極めが出来ることが大切です。

支配・コントロールされているときには、以下の特徴があります:

  1. 自分が何かすることに、そこはかとない罪悪感を覚える
  2. 誰かから自分がやりたいことをやるための「許可」を得ている
  3. 自分が「それ」をしなくてはならないという「義務感」を持っている

例1

パートに出ているが、仕事の後は家へ直帰しないとお姑さんの機嫌が悪くなる。少しでも帰宅が遅れると嫌味を言われるので、嫌味を言われないように、いつもまっすぐに帰るようにしている。

例2

本当は料理は得意ではなくて毎日するのは苦痛だが、料理は女がするものであるから、頑張って毎日するようにしている。

例3

来月友人たちと泊りがけの週末旅行へ行くことになった。夫には申し訳ないけれども、「行ってきても良いよ」と言ってくれたことに感謝している。

例4

本当は趣味の集まりに出たかったが、今出かけると夫の機嫌が悪くなるので、断った。

上に挙げたのは支配・コントロールのエネルギー関係の典型的な例です。

本来であれば、自分がやりたいことを自由にやれる権利が私たちにはあります。周囲の人との調整はもちろん必要ですが、不必要な罪の意識や義務感・責任感を持っているのなら、それは機能不全の関係と言えます。

自分の行動やパターンを振り返ったときにこのような感じ方があるとすれば、それはあなたが自分以外の誰かや何かに今支配・コントロールされているというサインです。

もしも相手があなたの自由を尊重してくれないのであれば、相手に問題があります。そして、支配・コントロールを許しているあなたにも問題があります。

しっかりと見極めましょう。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 親の介護をしたくないときどうするか

  2. 自分らしく収入を得て生きられるようになる方法

  3. ライトワーカー7つの特徴

  4. ありのままにサレンダーする

  5. 本当に欲しいものを求める その1

保存版記事

  1. 【保存版】癒しの原理

  2. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  3. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  4. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  5. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

アーカイブ

TOP