あなたが支配・コントロール下にあるサイン

望む人生を創る3ステップ

自分を仕事にする E-Book

心も身体もお金も!動画セミナー

行動力を身に着ける40日チャレンジ

自分が支配・コントロールの渦中にあるかどうかの見極めが出来ることが大切です。

支配・コントロールされているときには、以下の特徴があります:

  1. 自分が何かすることに、そこはかとない罪悪感を覚える
  2. 誰かから自分がやりたいことをやるための「許可」を得ている
  3. 自分が「それ」をしなくてはならないという「義務感」を持っている

例1

パートに出ているが、仕事の後は家へ直帰しないとお姑さんの機嫌が悪くなる。少しでも帰宅が遅れると嫌味を言われるので、嫌味を言われないように、いつもまっすぐに帰るようにしている。

例2

本当は料理は得意ではなくて毎日するのは苦痛だが、料理は女がするものであるから、頑張って毎日するようにしている。

例3

来月友人たちと泊りがけの週末旅行へ行くことになった。夫には申し訳ないけれども、「行ってきても良いよ」と言ってくれたことに感謝している。

例4

本当は趣味の集まりに出たかったが、今出かけると夫の機嫌が悪くなるので、断った。

上に挙げたのは支配・コントロールのエネルギー関係の典型的な例です。

本来であれば、自分がやりたいことを自由にやれる権利が私たちにはあります。周囲の人との調整はもちろん必要ですが、不必要な罪の意識や義務感・責任感を持っているのなら、それは機能不全の関係と言えます。

自分の行動やパターンを振り返ったときにこのような感じ方があるとすれば、それはあなたが自分以外の誰かや何かに今支配・コントロールされているというサインです。

もしも相手があなたの自由を尊重してくれないのであれば、相手に問題があります。そして、支配・コントロールを許しているあなたにも問題があります。

しっかりと見極めましょう。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. タイムライン・パラダイムをシフトする 古い自分が出てきたら「新しい自分」を選び直すだけ

  2. 「成長・進化」しないことが許されない流れ

  3. 「正しくある」ことの狂気を描いた作品 -新月に観た映画「戦場のメリークリスマス-

  4. 人間が「3次元」世界に転生する理由

  5. 自分が自分の親になることで「陰陽バランス」を統合する

特集記事

  1. 3次元世界における二元性を受け入れる -願いを叶えるために必要なこと-

  2. 地に足をつけるために必要なこと

  3. 日本人が気づかない罠 -仕事ができない部下をどう教育したらいいですか?

  4. ドキドキする恋 v.s. 穏やかな恋 女性が幸せを実感するために

  5. オールドソウルはアドバイスを求める相手を選べ

保存版記事

  1. 【保存版】「自我」と「エゴ」の違い

  2. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  3. 【保存版】下位チャクラと上位チャクラの統合

  4. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  5. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

アーカイブ

TOP