親の介護をしたくないときどうするか

今までに何度か「親の介護をしたくない」と仰る方たちに出会ってきました。そういう方たちはご自身の気持ちやあり方に苦しみ、相談にいらっしゃるのです。

かく言う私自身が「親の介護はしたくない」人です。

「正解」はない

「自分の親の介護」について、これが正解というものは存在していません。一人ひとりが自分の中に答えを見つけていかなくてはならない問題です。

そうは言っても、3D意識の「べきべき」や「ねばならない」思考に囚われて、不要な苦しみを耐えている方たちが多いと感じてきました。

そこで、この記事ではそうした方向けに「親の介護をしたくないときどうするか」について書いていきます。

話をわかりやすくするために、Aさんという架空の人物の事例に沿って書いていきます(フィクションです)。

Aさんは40代の男性で長男。ここ数年で弱ってきた父親の介護に関して悩みがあります。正直、父親の世話をしてあげたいと思えないのです。世間では「親の介護は子の義務」と当たり前のように言われるし、下にいる妹と弟からもプレッシャーを与えられています。義務感から自分を奮い立たせようとしますが、すぐに心が折れてしまいます。

自分の本音を否定しないこと

まずはこれが鉄則です。

「親の介護をしたくない」「介護したいと思えない」

こういう気持ちがAさんの中にあれば、それが本音なのです。まずは自分の本心を100%認めて受け止めることが必要です。

その際に、「親孝行しない自分は人間としておかしい」とか、「罰当たり者」とか、「たとえどんな親であっても生んでくれたのだから、介護するべき」というような一般的な道徳観や社会的な規範意識は、すべて手放す必要があります。

私が敢えて言えるとすれば、子供が親の介護をしたくないと思う理由はただ一つ、それくらいひどいことを親からされているからです。親が相当ひどい子育てをして、かつ何も反省していないとが原因なのです。

世間の言うことは無視すること

世間が何と言うかは自分の生き方には関係ありません。

Aさんが40余年に渡り両親との間に抱え続けた闘争や苦悩の内容は、Aさんにしかわかりません。幼少期より今に至るまで、両者の間に何があったのか、世間は何も知らないのです。そんな人たちの言うことに耳を傾ける必要はないと心得ましょう。

もちろん広い世間には、親から十分なケアと愛情をかけてもらって育った人たちも沢山いらっしゃいます。ですが、それと同じくらい、親から暴力を受けたり、嫌がらせをされたり、ニグレクトされたり、感情的な虐待を受けながら育った人たちも存在しているのです。

世間は決して一枚岩ではありません。人と同じ数だけ人生と価値観があるものなのです。

自分を理解する

「親の介護をしたくない」と思うに至った背景には、必ずそれなりの理由があります。まずはその理由を自分自身にしっかりと聞いてあげましょう。自分の正直な気持ちは決して否定することなく、全面的に受け止めて寄り添ってあげる必要があります。

誰か他の人にそうしてもらうのではなく、自分自身の本心を自分が深く理解することで、罪悪感やいたたまれなさを手放せるようになっていきます。

親の言うことを信じないこと

親の状態や介護に関与しようとしないAさんに、親は様々な圧力をかけてきます。

「年老いた親を見殺しにして平気なのか?」「お前はもっと優しい子のはず」など、ありとあらゆるマニピュレーション(心理操作)を仕掛けてきます。

Aさんは「優しい人間」です。ただ、「親の介護はしたいと思えない」だけ

「あなたはもっと優しい人だと思っていたのに」という人がいれば、それは「私に対して優しくして欲しかった」という意味であり、Aさん自身が「優しくない人間」とか「優しさや思いやりを持たない人間」という意味ではないのです。

自己否定に走ることなく、親が仕掛ける心理操作にハマることなく、ものごとの妥当性をしっかりと吟味できるだけの理性を持つことが大切です。

自分を赦す

以上のことができたら、「親の介護をしたいと思えない」自分を赦しましょう。

AさんにはAさんの理由と事情があるのです。他の誰がわかってくれなくても、Aさん自身とAさんの心がそのことを知っています。自分自身は「すべて」を目撃してきたのです。

心を強く持って、罪の意識や「べきべき」思考を手放していきましょう。

現実的に物理的な距離を置く

親と物理的な距離を置くことを真剣に考えましょう。同居していれば同居を解消したり、一緒に住んでいなくても、実家を訪れるのを止めたりするのです。必要であれば、着信拒否や連絡先の変更も行います。

その際に、自分の気持ちを相手に伝えたり、周囲に説明する局面があるかもしれません。そうしたときに、批判されたり、責められたりするかもしれません。

相手に自分の気持ちを伝えたり、周囲に説明するのは、相手にわかってもらうためではありません。ただ、「自分は介護しない」という事実を通達することが目的です。それをすることによって、今後付きまとわれたり、連絡攻めに遭う被害を回避できるからです。

相手や他者にわかってもらおうと躍起にならず、「分かり合いたい」という期待や執着を手放し、「自分を生きる」決意だけを固めましょう。

もしも埒が明かないようであれば、何も言わずに実行する選択肢もあります。「人としてどうか」ではなく、「できるだけ自分に心的ストレスがかからない方法」「自分を守る方法」を見つけて実行しましょう。

もう今まで十分すぎるほど親のために自分と人生を犠牲にしてきました。これ以上自分を痛めつける選択をするのは止めることです。

法的なこと

日本の法律によれば、子供には親の面倒を見る義務があります。ですがそれは、子供に心身および経済的な余裕があるときに限られます。子供自身が自分の生活で精いっぱいだったり、心理的身体的な余裕がないときは、子供は自分の人生に集中できるのです。

もしも法的な義務から逃れられない場合は、自分がしても良いと思える範囲においてやれることをやり、後は各種サービスを利用したり周囲のサポートを得ることを考えましょう。

もともと折り合いの悪い親のために、自分を責めたり否定したり罪悪感を抱く必要はないのです。老後に子供から「介護したくないと」言われるような生き方をした親の責任です。

自分を生きる

上に書いたすべてのプロセスを経たら、最後はひたすら自分を生きてください。

必要であれば「癒しの5つのステージ」の記事も参考にして、自分自身の癒しと自己実現に取り組み、完全に自分の人生を生きることに集中するのです。

親へ対する赦しはいずれ時がくればやってきます。何の心配もせず、自由に自分だけの道を行きましょう。

最初は寂しく孤独を感じるかもしれません。それでも、一生を怒り、フラストレーション、苛立ち、恨み、罪、恥といったエネルギーの中で過ごすより、何百倍も健全なのです。自分を大切にし、自分の時間とエネルギーを自分のために使って生きましょう。

この記事が、「親の介護の問題」に苦しむ方の参考になりましたら幸いです。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 福原愛さんの騒動 「本当の自分」からの逆襲

  2. パターンを手放す勇気を持つ

  3. 世界でも稀に見る日本の飲酒文化

  4. 自己否定型の人が多い日本

  5. 日本における経済DVの実態

  6. クレーマーとは何か

  7. 私が最初から貫いているポリシーについて

  8. 内面が未熟な親は子供の自己実現をサポートできない

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ