自由とは何か

「自由」とは、自分の好きなように選択できる状態のことです。

表面的な部分では、

  • 好きな場所へ行けること
  • 好きな服を着ることができること
  • 好きな人と結婚できること
  • 好きな場所で暮らせること
  • 好きなことができること
  • 嫌なことはしないこと

ですが、もっと「見えにくい部分での自由」はないということが多々あり、その「見えにくい部分」を解放していくのが「本物の癒し」です。

強迫性の衝動

以下のようなことは、「見えにくい部分」で、自分が何かに支配・コントロールされているサインです:

  • タバコを吸わずにはいられない
  • お酒を飲まずにはいられない
  • 友達に連絡せずにはいられない
  • 恋人に連絡せずにはいられない
  • 甘いものを食べることを止められない
  • 買い物せずにはいられない
  • 仕事せずにはいられない(休めない)
  • 常に何かをしておらずにはいられない(ゆっくりできない)
  • パートナーのケイタイをチェックせずにはいられない
  • 相手を責めずにはいられない
  • 他人の問題に首を突っ込まずにはいられない
  • 子供や夫の世話を焼かずにはいられない
  • 他者の問題にクビを突っ込まずにはいられない
  • 他人に同情せずにはいられない
  • 困っている人を放っておけない
  • 誰かのことを考えずにはいられない
  • この人は有毒だとわかっていつつも別れられない

心の傷(魂の傷)が要因で、自分が その痛みに 支配・コントロールされているサインです。

「お酒を飲むのは楽しいから好き、それの何がいけないの」と仰る方も多いですが、それは「お酒を飲んだときだけ普段抑圧しているものを解放できる」からであって、問題は、「なぜ普段は抑圧しなくてはならないのか」ということなのです。

お酒の力を借りないと本当の自分を解放できないという事自体、すでに問題であることに気づく必要があります

  • 「本当の自分を出して生きることは出来ない」と思い込んでいるのはなぜですか?
  • 本当の自分を曝け出したら、どうなることが怖いのですか?
  • あなたが本当に恐れているものは、何ですか?

「仕事をせずにゆっくりと休めない」という方も多いです。

まったく仕事の事を考えず、何もせずに過ごした時、身体の中にどんな感覚が湧き上がってきますか?居たたまれなさ?イライラ?不安?心配?マイナス感情を感じなくて済むために、常に仕事のことを考えて、忙しく働いています。もしそれをやめたら、どうなることが怖いのですか?

「何かをせずにはいられない」という時に、本当の自由はありません。そういう感じ方があるときに、自分の力を自分以外の何かに明け渡し、それに支配・コントロールされているということです。

選択の自由

傷が癒えて健全な精神を回復出来ていれば:

  • タバコは吸っても吸わなくても、どちらでもいい
  • お酒は飲んでも飲まなくても、どちらでもいい
  • 仕事はしてもしなくても、どちらでもいい
  • 買い物はしてもしなくても、どちらでもいい
  • 恋人に電話してもしなくても、どちらでもいい
  • 他人の問題に首を突っ込まずに放っておける
  • 夫や子供の世話よりも、自分の人生を生きることに集中できる

自分の力と責任において「選択の自由」が生まれます。「強迫性の衝動」ではなくなり、「楽しみ」の一つになるのです。

毎日お酒を飲むのは適切ではないとしても、たまの集まりで1~2杯楽しむくらいは出来るし、気分転換に恋人に電話をしても、以前のような神経症的な強迫性はありません。

仕事をするときにはして、楽しむときには楽しむと切り替えることができます。好きな物を買うことは楽しいですが、「買い物をしなくてはいられない」という強迫性からは解放されています。

自分の力と責任において、物事をマスターし、物事にコントロールされることはなくなります。適切かそうでないかの判断を下すことが出来て、怒りを表現するときにはする、適切でない場合には「安全な場所」で怒りのエネルギーを解放するという、「たしなみ」が身についてきます。

そうなったときに、自分は自分のマスターになれるのであり、自分以外のものが自分を支配・コントロールするということがなくなります。

自分が自分のマスターになる

  • 自分は衝動をマスターする者であり、衝動に乗っ取られ、衝動に支配されるものではない
  • 自分は依存心をマスターする者であり、依存心に乗っ取られ、依存に支配されるものではない

それが真に「自由」な状態であり、そのステージへ到達することがアセンションでは一つの目標となっています。そこに至るまでに、通常では何年も (少なくとも3~4年) 癒しに取り組むことが必要です。

関連記事:

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. ものごとの辞めどき・潮どきを見極める

  2. 男は女を通して、女は男を通して「進化」する その1

  3. 意識的に生きるとは

  4. 日本人の集合意識に残るジェンダー差別意識

  5. 自己治癒(セルフヒーリング)に必要な要素

保存版記事

  1. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  2. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  3. 【保存版】社会に適応する必要はない

  4. 【保存版】癒しの原理

  5. 【保存版】カルマを解消する方法

アーカイブ

TOP