繋がる力と断ち切る力 -男性性と女性性の統合-

私は、日本人は「繋がり」や「絆」という概念が好きな民族だと思っています。近代では第二次世界大戦から今日まで、様々な逆境に見舞われるごとに、「繋がり」「絆」という概念がスローガンのように叫ばれ、強化されてきた印象を受けています。

相手と繋がれる力は、女性性が担っているものです。

逆に、相手と自分をしっかりと区別して明確な境界線を設け、互いの領域を侵害し合わないように適度な距離感を保つこと、つまり、必要なときに繋がりを「断ち切る力」は男性性が担うものです。

自分にとって害となる相手と縁を切ったり、立ち入ったことを聞いてくる人や過干渉な相手を遠ざけることは、健全に生きていくために必要なことです。

繋がる力

相手の気持ちを思いやったり共感したり、言葉を発しない乳幼児や動物が必要としていることを察して世話ができる力は、女性性が持つ「繋がる力」です。

もっとわかりやすい言葉で言えば「優しさ」。

人は自分の気持ちを分かってくれる相手、必要なものを与えてくれる相手を信頼します。最初に相手が必要とする共感と理解を与えることで、相手と繋がれるのが女性性の力なのです。

この力がプラスの方向へ発揮されると、人は本当の意味での繋がりを感じ、自信を深めながらこの世を生き抜いていくことができます。自分は一人ではないこと、戻る場所(安全基地=つながり)があるという安心感を持って生きていくことができるのです。

しかし、「繋がりの力」がマイナスの方向へ出てしまうと、相手と自分の境界線が曖昧になり、互いに干渉し合ったり、立ち入った領域にまで踏み込んで相手と癒着してしまいます。

共依存の人は自分が不在なので、他者(パートナーや子供)と癒着して一体化することで生存を図ろうとします。要因は幼少期の過ごし方と、健全な男性性の欠如です。相手を自分の価値観で支配・コントロールしてしまうのは負の女性性です。相手が自分とは違う人格を持った別の人間であるという意識が希薄なのです。

子供を自分だけのものにしておくために(無意識のうちに)過干渉になって、子供の自律を妨げる母親などは、負の女性性の例です。

断ち切る力

一方、相手との関係性を断ち切る、相手を遠ざける力は男性性が担っているものです。

過度な繋がりは自分にとっても相手にとっても良いものではありません。

聖なる女性性が育まれるためには、まずは聖なる男性性(健全な男性性)を鍛えておく必要があるのです。

  • 断る
  • 自立する(相手に依存しない)
  • 自分の責任を負う
  • 他人の責任を負わない
  • 区別する
  • 突き放す

適度な強度でこうしたことを敢行できるのが、健全な男性性です。大切なのは、「適度な強度で」行うことで、行き過ぎればこれも「負の男性性」になってしまいます。

  • 暴力
  • 支配・コントロール
  • 横暴

こうしたことは男性性がマイナス方向で出てしまったものです。

私の経験では、オランダやドイツなどでは男性性の力が強いと感じました。街中で出会った他人同士が世間話をする気軽さがあるかと思えば、馴れ馴れしく癒着したり、べったりと相手と仲良くなったりはしない。

基本他人には無関心。

「おもてなし」や「心づくし」が言われる日本とはほぼ対極だなと思うのです。

私は男性性6割、女性性4割の中性的な人間なので、男性性が強いヨーロッパの空気の方が気質的には合っています。

悩み相談で繋がりたがる日本人の女性からは「百瀬さんアッサリしすぎ」と言われることもありますが、立ち入ったところまで踏み込まず、問題解決は相手に委ねるというのは、健全な男性性なのです。

男性性と女性性の統合

私が見る限り、日本は共依存の人が多く、相手と癒着しているケースが沢山あります。過干渉になったり、自分を犠牲にしてまで相手に合わせることを優しさだと勘違いしている人も多いです。

人生をある程度健全に生きていくためには、男性性と女性性をバランスよく健全な方向へ発揮できる必要があります。

相手との繋がりを断ち切ることは、最初は「さみしい」とか「冷たい」と感じるかもしれませんが、それは「自律(自立)」には必要な通過儀礼なのです。

さみしさと共存することを覚えない限り、人間は自分を守りながら相手を大切にすることを学べません。

男性性と女性性の統合についてはE-Bookにまとめていますのでご参照ください。

多くの日本人には境界線がありません。境界線の概念をしっかりと学び、相手と自分との間に適切な距離を保てるようになるためには、「繋がる力」と「断ち切る力」の両方が必要なのです。

境界線テスト

あなたがどれくらい境界線が引けているかを測ってみましょう。

1 / 20

あなたのパートナーは見栄っ張りで、すぐにカードを切って奢ってしまいます。こんなときあなたは:

2 / 20

あなたの10代の子供はスマホが大好きです。料金を支払っているのはあなたです。子供はあなたが使用量をチェックすることに抗議してきました。こんなときあなたは:

3 / 20

あなたはレストランで食事をしています。 近くのテーブルの人たちがお酒を飲んで大騒ぎし始めました。あなたは食事や会話を楽しむことが出来ません。こんなときあなたは:

4 / 20

家族や親せきの中には、あなたの私生活 について詮索し、聞いてもいない余計なアドバイスをしたがる人たちがいます。お盆や正月が憂鬱です。こんなときあなたは:

5 / 20

友人の一人が、人が大勢集まる場所であなたに関する不適切発言を連発し、あなたは気分を害しました。こんなときあなたは:

6 / 20

家族の一人が「今月は財布が厳しい」と 言ってきました。もうすでに何度かお金を貸しています。今回は「子供に自転車を買ってやりたいから1万円貸して欲しい」と言っています。あなたは:

7 / 20

友人があなたの家へ子連れで遊びに来ました。目を離したすきに、子供があなたの家具に落書きしました。友人を見ると、悪びれた様子もなく笑っています。こんなときあなたは:

8 / 20

あるセミナーを受講中に、講師がクラス全員の前であなたの短所を批判し、あなたは居たたまれない気持ちになりました。こんなときあなたは:

9 / 20

同僚の仕事の納期が間に合いそうもありません。あなたに「手伝ってくれ」と頼んで来ました。あなたには同じく納期が迫った仕事があります。こんなときあなたは:

10 / 20

数人で旅行へ行きました。あなた以外の全員は、博物館へ行きたいと言いますが、あなたは行きたくありません。こんなときあなたは:

11 / 20

上司があなたの仕事の成果を自分のものとしてプレゼンしていることを知りました。こんなときあなたは:

12 / 20

あなたのアパートで飲み会をすることになりました。会がお開きになってみんなが帰る頃には、家の中はひどいありさまになっていました。こんなときあなたは:

13 / 20

海外旅行へ出かけてヒッチハイクにチャレンジしました。たまたま乗せてもらったのは若者たちの車で、スピード違反や危険運転を繰り返し、あなたは生きた心地がしません。あなたは:

14 / 20

何か月も会っていない兄弟姉妹が、ランチの約束をドタキャンしてきました。「近いうちに埋め合わせする」と言っていますが、ドタキャンされたお陰でスケジュールが空いてしまいました。あなたは:

15 / 20

子供の学校のPTAで代表者を選出しなくてはなりません。立候補する人は誰もいません。あなたも忙しくて余裕がありません。こんなときあなたは:

16 / 20

親しい友人から連絡が来て、「仕事で嫌な ことがあったので、今夜飲みに付き合って欲しい」と言われました。あなたにはすでに予定があります。こんなときあなたは:

17 / 20

あなたの同居人は仕事が忙しく家事を全くしません。あなたが一切の家事を担当しています。あなたの中に不満が蓄積しています。こんなときあなたは:

18 / 20

ようやくプロジェクトが片付き、待ちに待った休暇へ出かけるところです。ところが、こんなときに限ってクライアントから急ぎの仕事の依頼が入りました。あなたは:

19 / 20

あなたの息子はお酒が好きで、毎晩晩酌をします。今日も夕食前にビールを 開けて飲もうとしています。こんなときあなたは:

20 / 20

上司から、あなたのミスではないことに関して「謝罪するように」と言われました。あなたは自分が悪いとは思いません。こんなときあなたは:

Your score is

0%

境界線についてまとめた E-Book はこちら。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

  1. 潜在意識の浄化は筋トレと同じ

  2. 本物の情熱と偽物の情熱の見極めが大切

  3. 「何のために生きるのか」-菊池和子さんによる2007年の講演-

  4. オールドソウルとスターシードの違い

  5. 日本人が気づかない罠 -仕事ができない部下をどう教育したらいいですか?

特集記事

  1. 外側に表れる自尊心と自己価値感の高さ

  2. 自己治癒(セルフヒーリング)に必要な要素

  3. 自分を愛するとは

  4. 「自分は一体何者であるか」を知るために

  5. 欲しいものを求める力を鍛える その2

保存版記事

  1. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  2. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  3. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  4. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  5. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

アーカイブ

TOP