一人ひとりまったく違う現実を生きている

「目の前にいる相手は、自分とはまったく異なる存在なのだ」

この認識がしっかりあるかないかですべてが変わると、私は思っています。

今更言うまでもないことですが、私たち人間はみな違います。

誰一人として、同じ人間は存在していない。

これは当たり前のことですが、頭では分かったつもりでいても、実際には「相手は自分と同じに違いない」という前提で言動していることがほとんどだと、私は感じるのです。

「フライパンでご飯を炊くと、炊飯器で炊くよりもおいしいですよ。是非試してみてください」

と言われたことがあります。

この方は、「日本人なら誰でも炊飯器でご飯を炊くに違いない」という前提で話をされているのだと思いますが、私は当時炊飯器を使わない人でした。ある頃からごはんは土鍋を使って直火で炊くようになったので、炊飯器を買うのが面倒くさく、10年くらい使わない生活をしていたのです。

ですから、フライパンでご飯を炊くよりも土鍋で炊いた方が美味しいと思っている。

人のライフスタイルや価値観、感じ方は、人の数だけあるということです。

「ミーシャの音楽って、癒しそのものですよね」

以前、20代のクライアントの方から言われたことです。

でも、私はミーシャという人を知りません。邦楽を聞かないし、日本のミュージックシーンに興味がないので、名前も曲も聴いたことがないのです。

2000年代に20代を過ごした私にとってブリトニー・スピアーズは「誰でも知っている」アーティストでした。でも、私の両親はブリトニーを知りません。

私にとっての「当たり前」は、両親にとっての「当たり前」ではない。

自分が知っていることを、相手も知っているとはまったく限らない。自分たちが共有している知識や認識や感覚を、世界中の人が同様に共有しているわけではない。

この当たり前すぎるほど当たり前のことを、どこまで地に足をつけて腑に落とせるかで、すべてが変わります。

  • すべての人が今の人生で結婚したいわけじゃない
  • すべての人が今の人生で子供を持つわけではない
  • すべての人が正社員になりたいわけではない
  • すべての人がマイホームを持ちたいわけではない
  • すべての人が自分と同じように感じるわけではない

この現実をありのままに受け入れることができれば、世界が変わります。

私たちは一人ひとり、「自分だけの真実」を見つけて、それを大切にして生きていったら良いのです。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

  1. 女性が自己肯定感を上げるとはどういうことか

  2. 「疑うこと(恐れ)」は簡単 「信じること(愛)」ことは簡単ではない

  3. 同じパターンを繰り返すのは「本音」が抑圧されていて波動が固定化しているから

  4. 1月11日 新しいステージへ

  5. 「真心」を伝える自分と相手を大切にするコミュニケーション

特集記事

  1. 勘違いされている「個性的」という言葉

  2. 地に足をつけるために必要なこと

  3. 自責をやめる方法 -自責をやめられない人へ-

  4. 自分に正直に生きるとは

  5. 自分らしく生きるために必要な3つのこと

保存版記事

  1. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  2. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  3. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  4. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  5. 【保存版】「自我」と「エゴ」の違い

アーカイブ

TOP