ゆっくりできないのは「トラウマ反応」

私たち人間は、普段の生活の中で「自分を生きている」と思っているかもしれませんが、実はほとんどが自分以外の要素です。

トラウマ反応はその一つです。

私たちは誰でも、幼少期から今までに体験した大小の外傷体験に根差した心的反応を持っているものです。

私は今までの人生の中で、何度か「失業」していた時期がありました。仕事を辞めたけれど、まだ次の仕事も見つかっていない、何もしていない時期です。

その間は貯金を切り崩して生活しているので経済的な心配というものは常にあるのです。ですが、それ以外に何か「ジッとしていられない居たたまれなさ」というものがありました。

仕事を辞めると、丸一日時間が空くわけです。たまの休日とは違い、昨日も今日も明日も、時間が丸空きになっている。この状態を「耐えられない」と感じる反応が自分の中にあるのです。

これが「トラウマ反応」と「恐れベースの自己破壊行為」へ駆り立てる衝動です。

「何も生産的なことをしていない自分に耐えられない」と周囲には話していましたが、それこそが私の中に刷り込まれた「プログラミング」であることに、当時は気づけなかったのでした。

潜在意識のプログラミング

私たち人間は、この社会の中で「生産的なことをしていない自分には価値がない」と感じるプログラミングを刷り込まれています。養育過程の中でそのように教えられ、また育てられるのです。

そのため、貯金もあって半年くらいブラブラしても構わない状況に置かれても、その時間を「楽しむ」ことができません。「居たたまれなさ」や「罪悪感」を感じ、その結果、いつでもいつまででも働き続けるという風に駆り立てられるのです。

現代社会の「操作」や「支配」や「コントロール」は、表立った命令で行われるわけではありません。私たち人間の中に刷り込まれた「罪悪感」や「居たたまれなさ」や「無価値感」を使って巧妙に行われるのです。

働けと「命令」しなくても、自分の中に湧き上がる罪悪感や居たたまれなさに耐えきれず、自ら働き続けてくれるのですから、「支配する側」からしたらこんなに楽なことはありません。それが彼らの Manipulation(操作)であることに気づける人は、ほとんどいないのです。

働きたい症候群

私の以前の知り合いに、寿司職人がいました。

彼は何度か心臓で倒れて手術もしているので、本来であれば休養をして休まなければならない人でした。ですが、彼は休めないのです。

「家で寝てろって?そんなこと、出来るかよ。仕事に出た方がマシだ」と言って、毎日朝4時から仕事場へ向かう生活をしていました。

「ゆっくりと休む」ということができない人は多いですが、それは、何もしていない時に自分の中に湧き上がる「罪悪感」や「居たたまれなさ」や「無価値感」の感覚に耐えられないからです。

しかし、自分が内面で感じている感覚を意識化して言語化できる人はほとんどおらず(自分と繋がっていないので)、ただ「漠然と」何かを不安に感じつつもなぁなぁにして、「忙しい毎日」へと戻っていくのです。

多くの人が定年で仕事を引退した後に鬱状態へ陥ったり、何もしていない生活に耐えられずに新しい仕事やボランティアを見つけて来たり、とにかく「何かの役に立っていたい」と感じてその通りに行動してしまうのは、このようなトラウマ反応があるからです。

私たち人間をロボットのように使役して一生働かせたいと思ったら、「罪悪感」や「居たたまれなさ」や「無価値感」を植え込むのが一番だと、知っている人たちがこの世界にはいるのです。

その人たちが利益を受けるために人間の中に「こういう種」を植え込んで「操作」が行われている社会のことを、マトリックス・システムと呼んでいます。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

オールドソウルのための無料 E-Book はこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 激動の時代を生きる

  2. 幻想からの目覚め – 私の体験 –

  3. 認知バイアスが生み出す幻想

  4. 「頼れる力」を身に着ける

  5. 離婚するのは間違い? その1

  6. ロイヤル・ファミリー騒動の本質

  7. あなたに「義務」はない 義務感と罪悪感の正体

  8. 過渡期に生きる私たちの生き方とは

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

保存版記事

特集記事

過去ログ