勘違いされている「個性的」という言葉

「個性化」をテーマとしたサイトを運営しておきながら今更ですが、私がサイトの中で頻繁に使っている「個性」という言葉について一度しっかりと定義しておきたいと思います。

個性とは

「個性」とは、その個体固有の性質や特徴のことを指します。

例えば、私の生れつきの髪の色は黒で、瞳の色は濃い茶色です。それが「私」という個体が有している身体的特徴になります。

私の身体的な性質や特徴:

  • 女性
  • 髪色は黒、瞳は茶色
  • 肌の色はやや暗い肌色
  • 身長159cm の中肉

私の内面的な性質や特徴:

  • 完全インドア派
  • 猫派
  • 手作業が大好き
  • 音楽は好きだけど得意ではない
  • 絵を描くのは苦手
  • 服が好き
  • 日本よりも香港の方が「故郷」だと感じる
  • 日本人よりも外国人の友人の方が多い
  • 中性的

こうしたことが、私という人間の「個性」であると言えます。

勘違いされている「個性的」という言葉

私が語る「個性化」とは、自分の本性に忠実に、それを貫いて生きていくことを指す言葉です。

日本へ戻ってきてから感じたことは、日本の若い人たちは「自分らしさ」や「個性」という言葉の意味を取り違えているのでは?ということでした。

これは私が受けた印象でしかありませんが、「奇抜」であることや「他と違う」「派手」であることが、「自分らしさ」や「個性」と思われている節があると思うのです。

例えば、この前街中で、長い髪をドレッドにして迷彩柄のパンツを履いている若い男性を見かけました。とても目立っていました。

そういうスタイルをすることが「個性的」だと思う人もいらっしゃるかもしれませんが、私にはなんだかその人が一生懸命「自分以外の誰か」になろうとしているようにしか思えなかったのです。

ドレッドヘアはもともと縮れ毛の始末に悩む黒人が考案したスタイルで、髪質が違う日本人が真似るのは大変だろうと思いました。

日本人はもともと誰もが似たような外見で、素のままでいたら全員同じに見えます。だから、他と差別化を図りたかったら手っ取り早く自分の見た目(外見)を他と違う奇抜なものにするのがお手軽で、それが「個性的」だと捉えられているのではないかと思うのです。

私は、外見は至って普通の日本人です。

学生の頃は髪色をいじりましたが20代から髪は地毛(黒)でしたし、肌の色も瞳の色も変えたことがありません。

理由は、生まれつきのまま(自然に)生きているのが一番楽だからです。生まれ持ったものを活かすことは考えても、髪や肌や瞳の色を変えて、別人のようになりたいと思ったことはありませんでした。そういう必要性を、感じたことがないのです。

私は、「個性」というものを外見的なものとは捉えていません。そうではなく、内面からほとばしり出て生き方全体に表現されるような、その人特有の生きざまだったり哲学だったりと考えているのです。

私は若い頃よりタトゥーもいくつか入れてきましたが、普段の私を知る人は、私にタトゥーがあることはもしかしたら知らないかもしれません。それくらい、外見は自然体だからです。

私が考える「個性」とは、20代30代のうちはまだ研ぎ澄まされません。40を過ぎてようやく「自分と言う人」がわかり始め、それを極めていくうちに、徐々に研ぎ澄まされていくものだと思っています。

髪をブリーチしてカラーリングして、ピアスを沢山つけたり奇抜な服を着たり、それが単なる子供っぽい反抗である人は沢山います。

本当の意味での「個性」とは、生まれたままのありのままの自分を受け入れ、それを愛し、それで生きることです。黒髪なら黒髪の自分を、背が低ければ背が低いままの自分を、鼻が大きければその鼻の自分を。ありのままを受け入れそれを生きること。

それが本来的な意味での「個性」というものです。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

オールドソウルのための無料 E-Book はこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 失敗は人生の必須項目

  2. 時期とタイミングと忍耐

  3. 自分のタイプを知りそれを受け入れる

  4. 「やりたいこと」は常に変化すると心得る

  5. 変化の中で変わらないものが「本質」

  6. 【保存版】ハイヤーセルフと繋がる方法 Healers に特集された記事…

  7. 自分らしく生きるとは

  8. 自分を愛するとは

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

保存版記事

特集記事

過去ログ