相手と自分 双方を尊重したコミュニケーションとは その1

相手と自分双方を尊重したコミュニケーションとは、おおざっぱに言えば、「相手は自分とは違う人間である」ことをハッキリと意識したコミュニケーションのことです。

私たちの多くは、相手と自分の共通点を探ることで「繋がり」を感じたいと欲します。

それはその通りなのですが、だからと言って、「相手が自分と同じであって欲しい」という想いから行うコミュニケーションで必ずしも親密になれるとは限らない、むしろ、そうでないケースが多くあります。

相手は自分と「同じ」前提のコミュニケーション

「桜の季節って、いいですよね」

ある人からこう言われたら。

もしかしたら「うーん、そうかな・・・私はあんまりそう思わないけど・・・」と思う人がいるかもしれない。すべての人が同じ感じ方をするわけではないからです。

この問いかけは、相手に選択の余地を与えていません。

たまたま相手が自分と同じ感性の持ち主なら「だよね!」と親近感が湧くかもしれなくても、もしも違う感性の相手だったら、逆効果でしょう。

「うん、そうだね」と、本音を隠して社交辞令で返せば自分に嘘をつくことになるし、もしも「そうなんだ。私はあまりそう思わないけど」と本音を返せば、発言主の気持ちを暗に否定することになるからです。

こうした煩わしさがあると、親近感が湧くどころか、相手との間に微妙な心理的な距離が開きます。

相手と自分を別の存在として尊重したコミュニケーション

では「相手を尊重したコミュニケーション」とはどんなものでしょうか。

「私は桜の季節がすごく好きなんだけど、あなたはどう?」

こう聞いてもらえると、私は答えやすいです。

自分の感性を嘘偽りなくスッキリと表現した上で、「あなたはどうですか?」と、相手の感性を尊重する意思を示しているからです。

そうすると、私は安心して自分の感じ方を言うことができます

違いを受け止められる器を持つのが成熟

相手が自分と同じであって欲しいと望む、共通点を見つけてそこで繋がりたいと感じるのは、精神的に幼い人たちの特徴です。

成熟した大人とは、相手と自分の違いを受け入れた上で、双方を尊重できる姿勢を持った人のことです。

違うことは決して悪いことではないし、寂しいことでもありません。当たり前のことです。

その当たり前を当たり前として受け入れて、かつ水平な立場で関係を維持できるのが、成熟した人間の関係というものです。

関連記事:

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 私が自分の生き方を思い出すまで

  2. 「完璧な瞬間」は永続しないのが自然

  3. 自分らしく生きるために必要なマイ・スタンダード

  4. 自分で自分を守れる力

  5. 親の介護をしたくないときどうするか

保存版記事

  1. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  2. 【保存版】癒しの原理

  3. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  4. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  5. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

アーカイブ

TOP