相手と自分 双方を尊重したコミュニケーションとは

相手と自分双方を尊重したコミュニケーションとは、おおざっぱに言えば、「相手は自分とは違う人間である」ことをハッキリと意識したコミュニケーションのことです。

私たちの多くは、相手と自分の共通点を探ることで「繋がり」を感じたいと欲します。それはその通りなのですが、だからと言って、「相手が自分と同じであって欲しい」という想いから行うコミュニケーションで必ずしも親密になれるとは限らない、むしろ、そうでないケースが多いと感じるのです。

相手は自分と「同じ」前提のコミュニケーション

「桜の季節って、いいですよね」

ある人からこう言われたら。

もしかしたら「うーん、そうかな・・・私はあんまりそう思わないけど・・・」と思う人がいるかもしれない。すべての人が同じ感じ方をするわけではないからです。

たまたま相手が自分と同じ感性の持ち主なら「だよね!」と親近感が湧くかもしれなくても、もしも違う感性の相手だったら、逆効果でしょう。

「うん、そうだね」と、本音を隠して社交辞令で返せば表面的な会話になるし、もしも本当のことを言って「そうなんだ。私はあまりそう思わないけど」と返せば、暗に発言主の気持ち(共感して欲しい)を否定することになるからです。

こうした煩わしさがあると、親近感が湧くどころか、相手と間に心理的な距離が開きます。

相手と自分を別の存在として尊重したコミュニケーション

では「相手を尊重したコミュニケーション」とはどんなものか。

「私は桜の季節がすごく好きなんだけど、あなたはどう?」

こう聞いてもらえると、私は答えやすいです。

自分の感性を嘘偽りなくスッキリと表現した上で、「あなたはどうですか?」と、相手の感性を尊重する意思を示しているからです。

そうすると、私は安心して自分の感じ方を言うことができます。

違いを受け止められる器を持つのが成熟

相手が自分と同じであって欲しいと望む、共通点を見つけてそこで繋がりたいと感じるのは、精神的に幼い人たちの特徴です。

成熟した大人とは、相手と自分の違いを受け入れた上で、双方を尊重できる姿勢を持った人のことです。

違うことは、決して悪いことではないし、寂しいことでもありません。当たり前のことです。その当たり前を当たり前として受け入れて、かつ水平な立場で関係を維持できるのが、成熟した人間の関係というものです。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 操作的なコミュニケーション

  2. 私が若い人にモテる理由

  3. 相手を大人として扱う

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ