「我慢」と「忍耐」の違い

今の時代、「言葉の定義」はとても大事です。

私がいただくご相談の中には、「言葉の定義」がしっかりとできていないために、誤解したまま悩みや葛藤に振り回されているケースが多々あります。

「言葉」の本当の意味をしっかりとらえられているかどうかで、悩みや問題の数はぐっと減るのです。

今までも「言葉の定義」というカテゴリーで様々記事を書いてきましたが、この記事では「我慢」と「忍耐」の違いを解説したいと思います。

我慢とは

私は、どんな方にも「我慢はしないで」とお伝えしていますが、我慢とは、本当はやりたくないことを嫌々やっていたり、自分の本音を押し殺して建て前を優先していたりする状況のことを指します。

  • 頭がいたいのに我慢して仕事を続けた
  • 本当は仕事を辞めたいけど我慢して続けている
  • 本当は親元から離れたいけど我慢して同居している
  • 本当は欲しいものがあるけど、我慢して買わないようにしている
  • 靴の中に小石が入っていたいのに我慢して履き続けている

我慢とは、こうしたナンセンスを指す言葉です。

我慢はエネルギー的なブロックとなって停滞を生み出します。私たち人間は、自分の本音に従ってやりたいことや欲しいものに向かって真っすぐに向かっている時が一番自然な状態で、そういう時には物事がスムースに行くものです。

逆に、自分の本音をなかったことにして周囲や相手に合わせたり、目立たないように、長い物に巻かれるような生き方をしていると、長年を過ごすうちに卑屈で僻みっぽい性格になっていきます。エネルギー的な捻じれがあるからです。

我慢ばかり強いられて生きてきた人が老いたときに性格的な問題を多発させるのは、長い間に蓄積した不健全なエネルギー(愛情不足、不満、恨み、怒り等)が表面へ出てくるからです。

忍耐とは

一方「忍耐」とは、「我慢」とは本質的に異なるエネルギーです。

例えば、何かを求めるときに、すぐにはそれが手に入らない状況というものがあります。

ピアノを上手に弾けるようになりたいと思ったとしても、そこの至るまでには長い時間と工数がかかるわけです。5年、10年と練習と経験を積み重ねるうちに、やがて「上手に弾ける」という状況が実現する。そこに至るまでの長い時間、たゆまずに努力を継続できるためには、「我慢」ではなくて「忍耐力」が必要です。

「忍耐力」とは、一重に「忍耐する」ことを通してしか培われません。

現代に生きる我々は、物事がインスタントに瞬時に実現することにあまりにも慣れすぎてしまっています。注文すれば翌日届くネットショッピング、即時ダウンロードできる数々のサービス。忍耐もなにもあったものではありません。

最近では老いも若きも、「まったく努力することなく結果だけを欲しがる人」が急増しています。忍耐力がゼロなのです。

しかし、私たちが暮らす3D世界はそのようにはできていません。3D世界には、時・場所・物質があり、この3要素をクリアしないと物事が実現しないのです。

目の前にあるメロンを今日食べたかったとしても、あと3日ほど待てば食べごろに熟れてもっとおいしくなる。この3日間を待てる力が忍耐力なのです。自分の希望や欲望を胸の中で「温め続けられる力」とも言えます。

我慢は人の良さを損ねますが、忍耐は人を磨きます。

我慢は今すぐに辞める必要があることで、忍耐は長い時間かけて培っていく必要があるものなのです。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

オールドソウルのための無料 E-Book はこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 安全圏から出ることで成長する その1

  2. 「子供らしい」と「子供っぽい」の違い

  3. 子供を自己肯定感の高い人に育てるために

  4. 「責任転嫁」はどんなときに起こるのか

  5. 意識的に生きるとは

  6. 「恐れではなく愛を選べ」という言葉の意味

  7. 誰かを愛するとは

  8. 「成熟」とは

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

保存版記事

特集記事

過去ログ