高まる透明性 失われつつあるネット上の匿名性

過去3~4年の間に世界の透明性が急激に高まってきています。

私の友人の一人が今から4~5年前に、こんなことを言いました。

「最近世界がどんどん透明になっていて、怖い」

つまり、自分が何者であるかを隠して何かをすることがどんどん難しくなっているということ。そのことを友人は言っていたのです。

ひと昔前までは、ネット上では匿名が当たり前でした。実生活では決してできない傍若無人な振る舞いも、ネット上でなら平気でできたのは、インターネットが持っていた匿名性のお陰でした。

しかし、このところネットで実名や自分の存在を隠して何かをすることは、ますます難しくなってきています。

当サイトのドメインを取得しているサーバーはオーストラリアのものです。つい数日前にそのサーバーから連絡が来て、「アカウントの情報が正しくない可能性があるから確認してくれ」と言うのです。

そういえば、ドメインを取得したころはまだ実家で暮らしていましたが、今は別の場所で暮らしています。引っ越した際に、ドメインのサーバーのアカウントの住所変更までは気が回らず、前の住所のままになっていたのでした。

そのことに気づいてすぐに最新の情報へ書き換えましたが、「一体どのようにしてそのことがわかったのだろう」と、少し気味が悪くなったのです。私の情報が真実であることを常に監視されているように感じたのです。

今はネットで何でもできる時代ですが、その代わり、本人確認のために求められる身分証明は厳しくなる一方です。一つでは足りず、複数の証明証を求められる時もある。そのくらい、なりすましや詐欺にはナーバスになっているということです。

ひと昔前までは、自分の素性を明らかにすることなく、匿名でオンラインビジネスをしている人が沢山いました。とくにスピリチュアルの業界ではその傾向が強かった。

でも今は、自分がどこの誰でどんな人間かをすべて明らかにした上で、逃げも隠れもしない、公明正大な商売をすることが求められていることを強く感じます。

自分の素性を明かし、襟を正して生きることは、決して簡単なことではありません。

世の中に自分を示しながら生きるためには、常に自分と向き合うことが求められるからです。自分の弱さも欠点も直視できなければ、自分を世に示しながら生きることは難しいのです。自分のすべてを受け入れ、そして常に変化・成長する意志を持たなければ成し得ないことと感じます。

これから先、世界の透明性はますます高まっていくでしょう。何かを隠しながら、胡麻化しながら生きられる時代ではないことをヒシヒシと感じます。

自分と向き合うと決めた人にはそれなりの道が開けるでしょうが、自分と向き合うことなく、胡麻化したり逃げたりしながら生き続けようとする人にとっては、大変厳しい時代の到来だと言えるでしょう。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. タイムライン・パラダイムをシフトする 古い自分が出てきたら「新しい自分」を選び直すだけ

  2. 「成長・進化」しないことが許されない流れ

  3. 「正しくある」ことの狂気を描いた作品 -新月に観た映画「戦場のメリークリスマス-

  4. 人間が「3次元」世界に転生する理由

  5. 自分が自分の親になることで「陰陽バランス」を統合する

特集記事

  1. 自分のタイプを知りそれを受け入れる その1

  2. 勘違いされている「個性的」という言葉

  3. 意識的に生きるとは

  4. 日本人の集合意識に残るジェンダー差別意識

  5. 自分らしく生きるために必要な3つのこと

保存版記事

  1. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  2. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  3. 【保存版】願いが叶う前兆 ー潜在意識の綱引き現象-安全圏を理解する

  4. 【保存版】マット・カーンによるアセンションに関する記事

  5. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

アーカイブ

TOP