眞子さまや大坂なおみ選手にみるライトワーカーの役割

テニス4大大会の一つである全仏オープンでの記者会見をボイコットし、その後うつ病を告白し大会を棄権した大坂なおみ選手の騒動の波紋が広がっています。

私は他人の生き方には興味がない方です。何をしていてもその人たちの自由というのが基本的なスタンスだからです。

私には、結婚問題で揺れている皇族の眞子さまも、テニスの大坂選手も、なさっていることの本質はよく理解できるのです。

お二人が無意識のうちに果たしている役割は、「現状維持」や「今まで常識」をぶち壊すことだと思います。自らが「破天荒」な生き方を示すことにより、一般社会の人々の意識を大きく揺さぶっている。

いみじくも松岡修三氏がコメントしたように、「試合後の会見は、テニス選手にとってはもはや常識で、疑ったことすらなかった」という「慣例」に対し、「私は常識であるとは思わない」という一石を投じたわけです。

やり方がまずいとか、タイミングがあるだろうという批判はあるでしょうが、問題はそこではないわけです。「今まで常識だと思っていた」「疑ったことすらなかった」人々の意識を大きく揺さぶり、ある事柄に対して「改めて考えてみる」「向き合ってみる」機会を与えたこと自体が、この騒動が担う役割そのものなのです。

眞子さまに至っては、「皇族とはかくあるべき」という「理想像」を一気に打ち砕き、皇族であっても生身の人間であることを知らしめました。昭和・平成と「作られた皇室像」を打ち破るには、それとは正反対の性質を持った皇族が内側から現れる必要があった。

「あるまじき」ところが眞子さまのお役目そのもので、その姿を見た国民に、今一度「皇室とは」「ご結婚とは」を考え直すきっかけをおつくりになっているのです。

関連記事:

既存概念や今までの常識を覆すためには、大きな衝撃や出来事が必要です。その役目を担う人たちはいつの時代でも批判の対象となりますが、このお二人にはそうした役目を担ってきている人共通の雰囲気を感じます。

ライトワーカーと一言に言っても、本当に様々なタイプがあります。私のように一般に深く紛れ込んで一人一人と交わることで意識改革を促すタイプ、大坂選手や眞子さまのように大きな舞台で新しいことをすることで常識の壁を突き崩していくタイプ、普段は人里離れた場所でひっそりと暮らしながら、ネット発信でメッセージを送り続けるタイプ、ヒーラーやカウンセラーとして活躍するタイプ。

どのタイプにも共通していることは、ライトワーカーと触れ合うと、触れ合った人の意識が大きく刺激されるという点です。

ライトワーカーは決してどこにでもいる一般人タイプではありません。そうではなく、ハッキリと普通の人とは違う雰囲気を醸し出しています。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

オールドソウルのための無料 E-Book はこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  2. 自分で考える力をつけること その1

  3. 離婚するのは間違い? その1

  4. 意識の拡大と行動パターンの変化

  5. 現状維持を選ぶか変化を選ぶか

  6. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  7. 自分で考える力をつけること その2 (ドロレス・キャノン)

  8. 9時~6時の仕事をしないと気づくこと

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

保存版記事

特集記事

過去ログ