「やりたいこと」は常に変化する

自己実現とは、自分がやっていて楽しいこと、嬉しいことをして生きていくことを指します。それを目指す多くの方は、いつか「やりたいこと」を見つけてそれに邁進できることを夢見ていらっしゃると思います。

ある日何かしらのひらめきがあって「コレだ!」というものがわかり、これから一生それをやって生きていくようなイメージです。

かくいう私も、アセンションのプロセスの初期においてはいつかそういうものが見つかるのだろうと思って探し続けていました。見つからないときにはツラい気持ちになっていたものです。

「やりたいこと」は常に変化する

私は昔から、やりたいことが時とともに変化する「成長変化型」の人です。というか、ほとんどの人はそうではないのかと思います。

関連記事:

今までの人生では、ずっと3年スパンでやりたいことが変化してきました。趣味の陶芸やバンド、猫のボランティア。3年間完全燃焼して、経験を味わい尽くしたら次へ移行するのが私のサイクルなのです。

これまでの私自身の経験を振り返り、そして他のライトワーカーたちの経験を聞くにつれ、自己実現とは決して「固定的」なものではないことがわかってきました。

むしろ今の時代、「コレだ!」というものを見つけてそれを一生やるような自己実現は少ないのではないかと思います。

変化しながら成長していく時代

今は不安定が普通な時代、つまり色々なことが安定せず、常に変化を続けながら流動的に動いている時代です。

パートナーシップを始めとする人間関係も不安定で流動的です。それほど私たち人間の進化・拡大のスピードが速いからです。

「やりたいこと」も同じで、安定しないのが普通ではないかと思うのです。

私が自分で仕事を始めたのは、2013年にアニマル・ヒーラーとして駆け出したのが始まりでした。当時は動物専門の癒しを仕事にする気でいたのです。

2010年から動物関係のボランティア NPO を起ち上げたり、それなりに活動を続けて来ましたが、2016年にレイキやエナジーワークを伝授する仕事へと転向。それから2018年にはアセンション・コーチへ転向、そして2020年に入ってからは軸足をティーチャーやメンターへと移してきました。

変化は心地悪いもの

人間(エゴ)レベルでは変化は決して心地良いことではありません。

特に今のような先行きが分からず未来が見通せない時代において、自分自身の方向性がなかなか安定しないことは、フラストレーションを貯めやすく無力感や焦りに乗っ取られることもあります。

だからこそ真摯に「自分と向き合う」ことを促され続けて来た8年間でもあったわけです。そのお陰で、私は「自分」という人のことをかなり詳しく知ることができました。

やりたいことが定まらず、時と共に変化していくのは、今の時代むしろ当たり前だと思っています。プロセスを進む中でやりたいことや楽しいことが見つかっていく。これがアセンションの醍醐味だと思います。それを楽しめるようになれば、アセンションの達人と言えるでしょう。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 自分に正直に生きるとは

  2. オールドソウルが取り組む「個性化」とは その1

  3. 男は女を通して、女は男を通して「進化」する その1

  4. 幼児的願望(愛情飢餓)を癒して自分を満たす方法

  5. 人生の奥義

保存版記事

  1. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  2. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  3. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  4. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  5. 【保存版】社会に適応する必要はない

アーカイブ

TOP