9時~6時の仕事をしないと気づくこと

私は人生の大部分を、いわゆるOLとして過ごしてきました。15年半暮らした香港では、普通の会社員として生活を送っていました。

9時~6時の仕事を辞めると、気づくことがあります。

  • あ、道端にこんな小さなキレイな花が咲いていたんだな
  • あ、今の時期は、クローバーの花が土の匂いと混ざって香るんだな
  • あ、どこかで赤ちゃんが泣いている、お腹空いているのかな

私の場合は、普通の仕事をしていないときに、こういうことに気づくようになるのです。

それくらい、会社で働いていたときの私の意識は別のことへ向かっていたということでしょう。仕事をしていたときは、意識は「他者」へ向かうことが多かったように思います。

仕事を辞めると、意識はプレゼンス(今)になります。

すると、世界が別の姿を現す

  • 蝶が舞っている
  • タンポポの綿毛が飛んでいる
  • 木の陰に虫が歩いている
  • 雨の匂いがする
  • 道端の花は、夜には花びらを閉じることに気づく

それが、今、この世界で起こっていることなんだ。

意識がプレゼンスになればなるほど、世界は本当の姿を現し始めます。

そして、自分の中に閉じ込められていた痛みが浮上する。

意識がプレゼンスになれば、痛みは浮上せざるを得ないのです。

だから私たちは、意識がプレゼンスにならないように、仕事に追われ、人間関係に埋没し、スイーツや酒やゲームに逃げ、暇つぶしにスマホを見続けるのです。

今日の天気の良さを、どれくらいの人が楽しんだだろうか。

明日の雨の恵みを、どれくらいの人がありがたがるだろうか。

雨が降る直前の、空気の匂いが好き。

太陽の光が土を温めたときの、湿気を含んだ匂い立つような春の香りが好き。

この地上はこんなに美しいのに、どうしてアスファルトで地面を固めてしまうのだろう。

今感じている寂しさを感じることができる人が、どれくらいいるのだろうか。

自分の悲しみを愛せる人は、どれくらいいるのだろうか。

今までの自分の人生を、愛せる人はどれくらいいるのだろうか。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. グラウンディングに効果的な食べ物や住居やアクティビティ

  2. 私が読者やクライアントの皆さんからの個人的メッセージをお断りしている理由

  3. 「何をするか」よりも「どんな波動でするか」が重要

  4. 「繋がり」や「絆」の本当の意味

  5. 自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

特集記事

  1. 自責をやめる方法 -自責をやめられない人へ-

  2. 自分で自分を守れる力

  3. 自分らしく生きるために必要な3つのこと

  4. 勘違いされている「個性的」という言葉

  5. 自分のタイプを知りそれを受け入れる その1

保存版記事

  1. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  2. 【保存版】「自我」と「エゴ」の違い

  3. 【保存版】社会に適応する必要はない

  4. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  5. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

アーカイブ

TOP