自分のシャドーを統合する

私たちは、まだ統合できていない自分のシャドーを他者へ投影し、その人に惹かれたり、反対に悩まされたりするものです。

大抵の場合は二つが同時に起こっていて、すごく惹かれる相手ではあるけれども、相手の要素に苦しめられるという現象が発生します。

例えば、共依存の人はナルシシストやサイコパスに惹かれます。ナルシシストやサイコパスがもつ尊大な態度や自信に満ち溢れた様子が「男らしい」「頼もしい」と映るせいです。自分が持っていない「強さ」に惹かれると思っていますが、相手の「力」によって自分が苦しめられるという現実も同時に味わいます。

共依存の人のシャドーは「強さ」や「頼もしさ」といった男性性的な部分ですが、惹かれるのは暴力やモラハラ持ちの「不健全な男性性を体現している相手」なのです。なぜなら、共依存は「不健全な女性性」だからです。

共依存の人が自分のシャドーを統合するためには、相手の中に見出している「強さ」や「頼もしさ」を自分の中に育んで鍛えていく必要があります。つまり、自分の中に健全な男性性を鍛えていくのです。

相手に守ってもらわなくても、自分で自分を守れるだけの「強さ」や「頼もしさ」を身に着けたときにシャドーは統合され、もはやナルシシストやサイコパスには惹かれなくなります。

自分のシャドーを統合するまで、私たちは問題のある相手に惹かれることを止めることができません。

ちなみに、私のシャドーもナルシシズムを持った不健全な男性性です。男女関係なく、偉そうな態度をとる人や私を侮ったり見下したりする人に遭遇しやすく、そういう人に悩まされます。

私の中の男性性を鍛えていくこと、また女性らしい優しさを育んでいくことで、このシャドーは統合することができます。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 「過去を癒す」は5次元以上の現象

  2. ものごとの辞めどき・潮どきを見極める

  3. 「自分は一体何者であるか」を知るために

  4. 本当に欲しいものを求める その1

  5. 失敗は人生の必須項目

保存版記事

  1. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  2. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  3. 【保存版】社会に適応する必要はない

  4. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  5. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

アーカイブ

TOP