自分に無理をしない仕事のやり方

今の私は、特定のタイプの方のセッションしかお受けしません。オールドソウルと、アセンション・リテラシーがある程度高い方だけを対象としています。

最初からそうだったわけではなく、仕事をしてくる中でそのような基準やスタイルが出来上がっていったということです。

以前の私はクライアントを選んではいけないと思っていたし、どれほどやりづらいクライアントでも我慢して引き受けてストレスを貯めるようなことをしていました。

最初にクライアントを断ったのは、2017年のことだったと思います。自分が「これは無理」と感じた方に対して丁重にお断りを申し上げました。結果的にそれは大正解で、その出来事をきっかけとして私はもっと意識的にクライアントを「選ぶ」ようになったのでした。

選ぶことをせず、来るもの拒まずで誰彼構わず引き受けていた頃はストレスが甚大で大変でした。しかし、クライアントを意識的に選び始めてからストレスは軽減され、クライアントとの関係の質は向上していきました。

サービス提供側とクライアントの関係がうまくいくためには、多くの条件が揃っている必要があります。中でもサービス提供側が「これを提供したい」と思っているものと、クライアントが求めているものが「一致」していることが必要です。

ベジタリアンが焼き肉屋に入っても満足いく経験はできないでしょうし、産婦人科へ行って胃腸の不具合を相談しても満足のいく結果は得られないのと同じ道理です。

私たちは「これぞ自分のプロフェッショナル」というものをサービスとして提供しているのであり、そのカテゴリーにハマった客層でないと満足の行く関係性は築けないのは自明の理です。

私がしたくないことはしないし、できないことはできないとお伝えします。私が提供しているサービスを喜んで受けてくださる方だけを対象にビジネスを行っているのです。

ここまで至るまでには数々の恐れを乗り越え、自分の中に根強く残るコア・ビリーフを手放して行く作業が必要でした。

  • 嫌なことでも我慢してやらなくては生きていけない
  • 仕事とはそういうもの
  • クライアントを選んではいけない
  • クライアントを選んでいれば生きていけない

こういうコア・ビリーフが、私の中にあったのです。

コア・ビリーフを見つける度にそれを無効化するという作業を行ってきました。

無効化するとは、簡単に言ってしまえば「信じるのを止める」ということです。今まで握りしめて信じてきたけれども、今日からそれを信じるのを止める

長年握りしめ続けたコア・ビリーフを無効化するには、ある程度時間がかかります。時には4~5年を要することもあります。気づいたときに意識の光を当て続け、「あっ、またこのコア・ビリーフが出てきたな」と認識して、信じるのを止める。その繰り返しです。

自分を癒すことで自己肯定感と自己価値感を高め、コア・ビリーフを根こそぎ取り除くことでマインドを浄化し、シャドーを統合しながら日々を生きる。

それを続けることで、自分らしく生きる道は開けて行きます。

最初からうまくはいかないかもしれませんが、時間をかけてそちらの方向へエネルギーを注ぎ続けることが必要です。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 内面の分裂が回答に表れる

  2. あげまん v.s. さげまん

  3. 言葉をしっかり使う人は内面が明晰

  4. オールドソウルの特徴7つ

  5. 挨拶は強要するものではない

保存版記事

  1. 【保存版】社会に適応する必要はない

  2. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  3. 【保存版】「自我」と「エゴ」の違い

  4. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  5. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

アーカイブ

TOP