本当に欲しいものを求める その1

The secret of life is not to have everything you want, but to love everything you have!

(素晴らしい)人生の秘訣は、欲しいモノをすべて手に入れることではなく、今あるすべてのモノを愛すること。

Anonymous

と言った人がいました。

それは確かにそうなのです。今あるものを受け入れられなければ、その先はないからです。

ですが私は、これはそれだけで終わらない、もっと深い問題だと思っています。いくつかの記事に分けて解説していきたいと思います。

「欲しい」と思っているものは本当に欲しいものではない

私たち人間は色々なものを欲しがりますが、そのほとんどは二次補填的な「欲」です。本当に「欲しいもの」ではありません。自分の中の欠乏感や満たされなさを補うためのツールとして何かを欲しているだけなのです。

  • 痩せてキレイになりたい
  • 素敵な恋人を手に入れたい
  • 愛されたい
  • やりがいのある仕事をしたい
  • 一戸建てに住みたい
  • 幸せな結婚をしたい
  • など

こうしたものは、インナーチャイルドが癒えていない故の「渇望」であり、本当に求めているモノではありません。なので、たとえこれらをすべて手に入れたところで、「幸せを実感」することは難しいでしょう。

多くのケースで本当に求めているのは、「ありのままの自分を愛してもらいたい」です。

「やりがいのある仕事をしたい」は、一見まともな欲求のように見えるかもしれませんが、その実、根底には「自己価値感の低さ」が隠れていることがほとんどです。親に認められるためにいい子を演じて来た人や、周りの大人たちの期待に応えるために、様々なことをしてきた人に見られる衝動の一つなのです。

この場合、本当に求めているものは、「子供らしく過ごしたい」「何もせずにただボーっ生きていたい」だったりします。

自分が本当に求めているものを知り、それを求めることが必要

私たちは、自分が本当に求めるものを知り、まっすぐにそれを求めることを覚える必要があります。「覚える」と書いたのは、それを出来るようになるためには、ある程度の努力を要するからです。

例えば、私は動物が大好きで、「動物たちだけと暮らしたい」という「願望」を持っていました。

一見これは「普通の願望」に思えるかもしれませんが、実際は、「何か避けたいものがある故の回避的願望」であり、「避けたいもの」の下に、「本物の願望」が隠れているのです。

「本当は人間と繋がりたい、繋がりを感じたい。でも、無意識の人間たちは捻じれていて真っすぐに繋がれない。そうすると、私の中の「繋がりたい」ニーズが満たされなくて悲しい。悲しみを感じなくて済むように、人間たちから距離を取って生きるようにしている」 というのが本当のところです。

この場合、本当に求めているものは、「動物たちだけと暮らしたい」ではなくて、「人間との繋がりを感じたい」なのです。

ありのまま、オーセンティシティ(正直さ)とは、この「本当の願望」の部分を素直にストレートに表現できる状態のことを指します。

私たちは自分の内面のワークを進めることで、「本当の自分」を掘り起こしていく必要があります。本当の私は「人嫌いな人」ではなくて、「本当は人と繋がりたいと思っている人」なのです。ここを統合することで、本当に欲しいモノを真っすぐに求めることが出来るようになっていきます。

つづく(会員専用記事)

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 自分のタイプを知りそれを受け入れる

  2. 「やりたいこと」は常に変化すると心得る

  3. 自分と向き合うと決める人と自分から逃げる人

  4. 「キャリア」に関する意識を変える

  5. 本物の情熱と偽物の情熱

  6. 本当の自分を生きる実例

  7. 自分に合った仕事の選び方

  8. 自分らしく生きるために必要なマイ・スタンダード

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ