最近のおかしな日本語の遣い方(恐れベースの日本語)

今日チラッとテレビを見た際に、出演者が話していた日本語に大きな違和感を覚えました。

(GO TO トラベルについて)

「このようなキャンペーンが続いている以上、(ウィルス感染の)拡大という意味では、勢いが止まりにくいかと思います」

日本に住んでいる人たちは、これを聞いてもあまり違和感はないのかもしれませんが、私にとっては「ひどい日本語」なのです。

20年前の日本だったら、

「このようなキャンペーンが続いている以上、 (ウィルス感染の) 拡大は止まらないでしょう」

で済んでいました。

これが「正統な日本語」です。

最近の日本社会は、以前にも増して恐れのエネルギーが強くなり、

  • 自分をハッキリさせない
  • 言い切らない
  • 曖昧にする
  • ぼかす

ことによって、自分に責任や批判が被らないように、責任回避型のコミュニケーションが取られています。

  • 〇〇してもらってもいいですか?

という表現も、私はとても違和感を覚えるのですが、正しくは、

  • 〇〇して頂けますか?

です。

しばらく前に、とあるカスタマーサービスからメールが来て、

「あいにく、〇〇は致しかねてしまいます」

と書かれてあるのを見てとても驚きました。

正しくは、

「あいにく、〇〇は致しかねます」

です。

「このようなキャンペーンが続いている以上、(感染)拡大は止まらないと思います」

このような言い方を「キツイ」と感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、それは、曖昧で回りくどい言い回しに慣れているからで、これこそが本来の美しい日本語表現なのです。

20代、30代の若い世代だけでなく、50代、60代でテレビに出る人たちですらも、このようなメチャクチャな日本語を平気で遣っているとは何たること、と暗澹たる気分になるのです。

断定したり言い切ることは、「押しつけがましい」とか「強すぎる」と感じる感覚の方がずれているのであって、本来は正当な日本語使いだけで、相手に対する礼は十分保てるのです。

いつの日にか、また再び正当で美しい日本語が話されることを、切に願っています。

© 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. エネルギーの状態を知る

  2. 人の役に立ちたいと思わない

  3. ため込むのはスピリチュアル・ヴォイド(精神的な空虚感)

  4. 言葉に振り回されないことが大事

  5. 私が「ワークを行うことが適切でない」と判断するとき

  6. ボディ・マインド・ハートの調和がとれた状態

  7. 本当の意味で「感謝」できるようになるには

  8. お金を使いたがらない日本人

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ