オールドソウル 孤独との付き合い方

転生回数の多いオールドソウルは一般社会の中では「変わり者」なので、友達が沢山いるというタイプではありません。むしろ友達がいないという人の方が多いでしょう。

そもそも周囲の人たちとは完成も物事の捉え方も軸が違うため、波長が合う人が少ないです。そのため人間関係は狭く深くなりがちで、家族ですらも分かり合えないと感じることが多い。時期によっては親しい人が一人もいないという状況もあるでしょう。

もともと単独行動を好むオールドソウルではありますが、だからと言って孤独や寂しさを全く感じないという訳ではありません。むしろ「変わり者」として生きていくうちに、孤独や寂しさになれていく人が多いというのが実情だと思います。

孤独を抱えがちなオールドソウルのために、どのように孤独感や寂しさとうまく付き合っていけるのか、ヒントをいくつか挙げてみたいと思います。

根源的な孤独感との付き合い方については下の記事をご参照ください:

オールドソウル・テスト

あなたはオールドソウルかどうか診断してみましょう

1 / 20

職場で何か問題があったとしても、居心地が悪くなるのは嫌なので、何も言わず我慢して過ごすことを選ぶ。

2 / 20

一人でも平気で海外旅行に行ける

3 / 20

世界情勢や現在の地球の状態に関心を持っている

4 / 20

国境や国を超えた世界市民(コスモポリタン)の意識がある(人種や国籍を超えた友人たちがいる)

5 / 20

自分の生活に直接関係がない世界各国の情勢(香港やミャンマーの紛争など)には興味がない

6 / 20

色々な国へ旅行して未知の体験をするのが好き

7 / 20

市町村、都道府県、国や民族に帰属していると感じると、安心感を覚える

8 / 20

「黒人差別」問題を見て「アメリカは大変だな」と思った(自分たちには直接関係ない)

9 / 20

変化は面倒臭いからずっと同じ状態でいたいと思う

10 / 20

これといった趣味はなく、仕事が終われば暇つぶしに動画を観たりゲームをしたり過ごす時間が多い

11 / 20

リスクを考えて躊躇するより、やりたいことをやるタイプ

12 / 20

環境問題や動物保護には興味も関心もない、またあるけれど自分とは関係ないと思う

13 / 20

自分がしたいことしたくないことがハッキリとわからない、他の人が決めたことに従う方が楽

14 / 20

波風を立てるのが嫌でつい相手や周囲に迎合してしまう

15 / 20

自分の意見や価値観がハッキリとしていてそれを主張できる

16 / 20

子供の頃から周りとは上手くやれるし協調性もある

17 / 20

自分の望むものを取りに行くよりも、与えられた環境の中に幸せを見出すタイプ

18 / 20

他の人がやっていることを見て、自分も「やらなければ」と思う(慣習やマナーやエチケットなど)

19 / 20

集団行動が苦手で、社員旅行や団体旅行は仮病を使ってでもパスする

20 / 20

我が道を行くより周りに合わせていた方が楽

Your score is

0%

自分自身が自分の良き理解者となる

周囲に自分を理解してくれる人、分かってくれる人がいないと感じることが多いオールドソウルは、自分で自分を理解して分かることにより苦しみを軽減していけます

自分以外の誰かを理解して分かることは並大抵のことではありません。よほど人間的にこなれている人でなければできないことです。

他者に自分を理解してくれることを求めるのではなく、自分で自分を理解することにより孤独感や寂しさを乗り越えていけるのです。

それができたときに、今度は他者を理解し分かる度量を持った稀有な存在に近づくことができます。

自分が他者へ求めていることを自分に与え、そして他者へ与える。それがオールドソウルです。

自分のすべてをジャッジせずに受け止めること

自分という人をよく理解し、弱点や欠点を含めたすべての要素をジャッジすることなく受け止めることを学んでいきます。

すべての人間は弱点を持っていますから恥ずべきことではありませんが、自分の「性格的な欠点」をまっすぐに認めることは痛みを伴います。ですから多くの人はそれをしたがりません。

自分の性格的な欠点から目を逸らすことなく直視できるためには、ジャッジメントを完全に手放す必要があります

「こんな欠点を持つ自分は人間としてダメな奴だ」と自分を裁くのではなく、「自分にはこんな性格的な欠点があったのだな」と、自分とその要素を一度切り離して対象化した上で客観的に受け止めていくのです。

これを「プレゼンス」と呼びます

その上で、弱点は補い欠点は克服できるよう自分をサポートしていくのです。

関連記事:

独りの時間を充実させる

「充実させる」とは何も一人でカフェや買い物へ行ったり映画を観に行くという意味ではありません(もちろんそうしてもいいのですが)。

そうではなく、一人キリで過ごす時間を「自分をもっとよく知る時間」に充てることです。

  1. どんな場所に住みたいのか
  2. どんな食べ物や飲み物を摂っていきたいのか
  3. どんな服をどんな風に着たいのか

まずはこういう基本的なところから自問自答し始めるとよいでしょう。

そして次第に次のような深い質問へと進んでいくのです:

  1. どういう人たちと付き合いたくて、どういう人たちとは付き合いたくないのか
  2. どんな仕事をどんな風にしたいのか
  3. 自分の情熱は何か

このように丁寧に真剣に自分と向き合っていれば、時間はいくらあっても足りません。このような深い内観は、誰かと一緒にいるときにはできないものです。完全に一人キリになって自分に一つずつ確認していく作業は時間がかかるものなのです。

そしてそこで導き出した回答を、日常生活の中ですべて実行へ移していきます


一人で過ごす時間を通して自分という人を良く知り理解して、「私だけは私の味方」というスタンスを確立していくに従い、自分との間にできた絆が次第に外側の世界に反映されていくようになります。

すると不思議なもので、孤独や寂しさはそれほど気にならなくなっていくし、また孤独感や寂しさを感じることをそれほど恐れなくもなっていきます。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

  1. 潜在意識の浄化は筋トレと同じ

  2. 本物の情熱と偽物の情熱の見極めが大切

  3. 「何のために生きるのか」-菊池和子さんによる2007年の講演-

  4. オールドソウルとスターシードの違い

  5. 日本人が気づかない罠 -仕事ができない部下をどう教育したらいいですか?

特集記事

  1. 親の介護をしたくないときどうするか

  2. 本当に欲しいものを求める その1

  3. ショックな出来事があった時は深い癒しのチャンス

  4. 自分で自分を守れる力

  5. ものごとの辞めどき・潮どきを見極める

保存版記事

  1. 【保存版】癒しの原理

  2. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  3. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  4. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  5. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

アーカイブ

TOP