ため込むのはスピリチュアル・ヴォイド(精神的な空虚感)

ありとあらゆる「ため込み」は、精神的に不具合がある顕著なサインです。

物、お金、思い出はもとより、食べたものが腸で詰まってしまうのも、精神的な不具合を示すものです。

怒り、悲しみ、フラストレーション、などの重苦しい感情的なエネルギーもそうですが、日本では一般的に「良い」と思い込まれているものまで、「ため込む」ことは決して良い結果には結びつきません。

お金をため込むのは「不安」が強いから

日本人の貯金癖は世界でも有名ですが、裏を返せばそれだけ不安が強い国民ということです。将来への不安が強いので、お金をため込んでいないと安心できない。それが日本人の貯金額が世界でも異様なほど高いことの理由です。

日本経済は過去20年間停滞にあえいでいます。経済にとってお金は血液です。血液が体内を循環しなければ、身体が弱っていくのは当たり前の原理なのです。

当面生活していけるだけの貯蓄を持つことはむろん必要ですが、老後の不安から大きな金額をため込む癖は、いずれ手放していく必要があるでしょう。

ため込むのではなく、常時流れ入り流れ出ていくフローを創ることに意識をシフトさせていくことが今の時代に必要なメンタリティです。

思い出をため込むのは現実逃避の一種

「良い思い出はいつまでも取っておきたい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、思い出をため込むのは現実逃避の一種です。

人は、良い思い出を握りしめるあまり先へ進めなくなってしまいます。

素敵な思い出があることは素晴らしいことですが、いつまでもノスタルジーやセンチメントに浸るのは執着です。

もしも握りしめてしまって手放せない過去の思い出があるのなら、そこにまだ終わっていない感情エネルギーがあるということです。感情の癒しに取り組んで、昇華させるプロセスが必要です。

いずれかの時点で思い出に感謝して手放し、前へ進めることが必要です。

物をため込むのは心理的な病のサイン

団塊世代に多い現象ですが、何十年も前のものを捨てられずにため込む症状は「ため込み性」と呼ばれ、心理的に不健全なことのサインです。

終戦直後に生まれた世代にとって、「物が大切」であるという価値観があることは間違いないと思います。それはなんら悪いことではないのですが、物事には限度というものがあります。

ノスタルジーに浸る気持ちがわからないわけではありませんが、ある程度のところで区切りをつけて手放せるのが、成長です。健全な自我を持った人であれば、成長と共に古いものから新しいものへと、所有物も代えていけるものです。

あまりにもひどい場合は心理セラピーを受けたりして、感情の癒しに取り組む必要があるでしょう。

物をため込む人は、記憶や感情もため込みやすく、複雑な思考をしようとすると頭が真っ白になって、パニックになることが多いです。理路整然と思考することができないのは、頭の中に沢山の思い出や情報がため込まれたまま放置されているからです。

外の世界は内面世界の反映

家の中の状態がその人の精神状態に比例するというのは、あながち嘘とは言えません。

ある程度浄化と統合が進んでいる人の暮らす場所は、無駄なものが少なく、ほどほどに潤いや楽しみもありつつ、スッキリと整理整頓されているものです。頭の中も同様に、「今」に根差して生きている人は、しっかりとした思考力を持ちます。逆に、意識が過去や未来へ飛んでいると、しっかりとした思考ができません。

もしも今身の回りの環境や心の状態が乱れていると感じるのなら、「休憩」が必要なサインです。1~2日休みをとって、本当に自分がやりたいことだけをして過ごしましょう。何もしたくないならしない、一日中寝ていたいなら寝る、思い切り食べたいものを食べる、会いたい人がいるなら会いに行く、などをして、エネルギーを充電するのです。

自分の内面の状態が整うと、外の世界の状態も整ってきます。

スピリチュアル・ヴォイド(精神的な空虚感)

物やお金を「ため込む」のは、スピリチュアル・ヴォイド(精神的な空虚感)があるサインです。

私自身、若い頃から毎月一定額の貯金を行っていないと心配になる人でした。それどころか、必要な物すら買わずに済ませ、お金を貯金に回すような人でした。そうすることで、この世を安全に生きていけると思っていたのでした。

極度にストイックな性癖は、私がかつてヨーロッパのストア派として生きていた時代についた「魂の癖」です。

お金を使うことに不安を覚える、貯金していないと心配という癖は、今回の人生において是正される必要があるものでした。

今の生活を見渡し、「ため込んでいる領域」がある人は、「なぜため込んでしまうのか」と、その理由を自分の中に探してみましょう。そこには必ず「恐れ」のエネルギーがわだかまっているはずです。それを明らかにして手放すことで、エネルギーの流れが復活します。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. グラウンディングに効果的な食べ物や住居やアクティビティ

  2. 私が読者やクライアントの皆さんからの個人的メッセージをお断りしている理由

  3. 「何をするか」よりも「どんな波動でするか」が重要

  4. 「繋がり」や「絆」の本当の意味

  5. 自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

特集記事

  1. 「弱点」と「欠点」の違いとそれぞれの対処法

  2. 私が自分の生き方を思い出すまで

  3. 自己治癒(セルフヒーリング)に必要な要素

  4. 本当に欲しいものを求める その1

  5. 自分で自分を守れる力

保存版記事

  1. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  2. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  3. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  4. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  5. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

アーカイブ

TOP