言葉に振り回されないことが大事

この業界にはいろいろな用語が出て来ます。小難しく感じるかもしれませんが、まったく難しいことではないのです。

もともと西洋のスピリチュアリティの英語の用語を日本語に直したものが多いので、日本人には「馴染みのない」専門用語のように聞こえているだけです。

  • ハートに聞く
  • 潜在意識
  • プレゼンス
  • アウェアネス
  • グランウンディング
  • センタリング
  • 自分に繫がる
  • など

本質を理解することなく、言葉を表面的に使っていても意味がありません。

  • ハートに聞く → 自分の気持ちを確かめる
  • 潜在意識 → 自分では気づけていない自分の要素や側面
  • プレゼンス → 個別セッションにて体験していただけます
  • アウェアネス → 自己認識・気づき
  • グランウンディング → 地に足をつける
  • センタリング → 主体性を持つ、自分軸で生きる
  • 自分に繫がる → 自分に正直に生きる

私は「言葉をしっかりと定義すること」が大切だと考えていますが、それは「言葉って大事だよね」という意味ではないのです。「言霊ってありますよね」と仰る方もいらっしゃいますが、私がこの記事でお伝えしたいのはそういうことではなくて。

「言葉の意味」をちゃんと理解することなく、表面的に使っていても、意味がないと言いたいのです。

言葉に振り回される、用語に振り回される、そして本質を見失う。言葉の真意を理解することなく、表面的に使ってらっしゃる方の言葉は、うわっついています。

私は、スピリチュアリティを出来るだけ「普段の言葉」で伝えることが大事だと考えています。自分にしっくりと来る言葉で言い直せるって、大事なことだと思います。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 人の役に立ちたいと思わない

  2. エネルギーは嘘をつけない

  3. 最近のおかしな日本語の遣い方(恐れベースの日本語)

  4. 「健全な意欲」と「不健全な意欲」

  5. 「無力感」と「依存」の関係

  6. 【保存版】感情エネルギーを昇華するプロセス

  7. ボディ・マインド・ハートの調和がとれた状態

  8. 私が「ワークを行うことが適切でない」と判断するとき

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ