言葉に振り回されないことが大事

この業界にはいろいろな用語が出て来ます。小難しく感じるかもしれませんが、まったく難しいことではないのです。

もともと西洋のスピリチュアリティの英語の用語を日本語に直したものが多いので、日本人には「馴染みのない」専門用語のように聞こえているだけです。

  • ハートに聞く
  • 潜在意識
  • プレゼンス
  • アウェアネス
  • グランウンディング
  • センタリング
  • 自分に繫がる
  • など

本質を理解することなく、言葉を表面的に使っていても意味がありません。

  • ハートに聞く → 自分の気持ちを確かめる
  • 潜在意識 → 自分では気づけていない自分の要素や側面
  • プレゼンス → 個別セッションにて体験していただけます
  • アウェアネス → 自己認識・気づき
  • グランウンディング → 地に足をつける
  • センタリング → 主体性を持つ、自分軸で生きる
  • 自分に繫がる → 自分に正直に生きる

私は「言葉をしっかりと定義すること」が大切だと考えていますが、それは「言葉って大事だよね」という意味ではないのです。「言霊ってありますよね」と仰る方もいらっしゃいますが、私がこの記事でお伝えしたいのはそういうことではなくて。

「言葉の意味」をちゃんと理解することなく、表面的に使っていても、意味がないと言いたいのです。

言葉に振り回される、用語に振り回される、そして本質を見失う。言葉の真意を理解することなく、表面的に使ってらっしゃる方の言葉は、うわっついています。

私は、スピリチュアリティを出来るだけ「普段の言葉」で伝えることが大事だと考えています。自分にしっくりと来る言葉で言い直せるって、大事なことだと思います。

百瀬 章子 

1973年長野県生まれ。20年以上に渡り海外5か国に暮し働きながら、心理学、宗教学、人智学、形而上学(メタフィジカル)などを学び実践してきた経験を持つ。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たちの覚醒の支援・サポートを行っている。​

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 【お知らせ】メタフィジカル・スクール モニター募集

  2. 【雑記】孤独を厭わないことの本当の意味 -私の場合-

  3. 人として成長したいならすべてを自分で決めること

  4. 「ありがとう」と言われることを目標としてはならない -人間を本当に満足させる仕事とは何か-

  5. 「共感」とは「共にあって感じる」こと

特集記事

  1. 内面の分裂が回答に表れる

  2. 「自分は一体何者であるか」を知るために

  3. 日本人が気づかない罠 -仕事ができない部下をどう教育したらいいですか?

  4. 子供から嫌われる親の特徴4つ

  5. 親の介護をしたくないときどうするか

保存版記事

  1. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  2. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  3. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  4. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  5. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

アーカイブ

TOP