言葉に振り回されないことが大事

この業界にはいろいろな用語が出て来ます。小難しく感じるかもしれませんが、まったく難しいことではないのです。

もともと西洋のスピリチュアリティの英語の用語を日本語に直したものが多いので、日本人には「馴染みのない」専門用語のように聞こえているだけです。

  • ハートに聞く
  • 潜在意識
  • プレゼンス
  • アウェアネス
  • グランウンディング
  • センタリング
  • 自分に繫がる
  • など

本質を理解することなく、言葉を表面的に使っていても意味がありません。

  • ハートに聞く → 自分の気持ちを確かめる
  • 潜在意識 → 自分では気づけていない自分の要素や側面
  • プレゼンス → 個別セッションにて体験していただけます
  • アウェアネス → 自己認識・気づき
  • グランウンディング → 地に足をつける
  • センタリング → 主体性を持つ、自分軸で生きる
  • 自分に繫がる → 自分に正直に生きる

私は「言葉をしっかりと定義すること」が大切だと考えていますが、それは「言葉って大事だよね」という意味ではないのです。「言霊ってありますよね」と仰る方もいらっしゃいますが、私がこの記事でお伝えしたいのはそういうことではなくて。

「言葉の意味」をちゃんと理解することなく、表面的に使っていても、意味がないと言いたいのです。

言葉に振り回される、用語に振り回される、そして本質を見失う。言葉の真意を理解することなく、表面的に使ってらっしゃる方の言葉は、うわっついています。

私は、スピリチュアリティを出来るだけ「普段の言葉」で伝えることが大事だと考えています。自分にしっくりと来る言葉で言い直せるって、大事なことだと思います。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 【祝辞】勝ち取った自由と共に生きてください

  2. 「実行する力」男性性と自己有力感の関係

  3. 「魂の傷」が何かを知るのは意外と簡単

  4. 全米に衝撃を与えた若き共依存カップルの事件をひも解く-魂の癒しが反転したとき-

  5. 自分らしく生きることとわがままの違い

特集記事

  1. ありのままにサレンダーする

  2. オールドソウルが自信を身に着ける方法

  3. オールドソウルが取り組む「個性化」とは その1

  4. ショックな出来事があった時は深い癒しのチャンス

  5. 挨拶は強要するものではない

保存版記事

  1. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  2. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  3. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  4. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  5. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

アーカイブ

TOP