苦しみが「相性の悪さ」から生じる場合

物事すべてには相性があります。

  • 親と子の相性
  • 兄弟姉妹間の相性
  • 家との相性
  • 土地との相性
  • 仕事との相性
  • 職場との相性
  • 服との相性
  • 食べ物との相性
  • など

多くの悩みや苦しみの根源には「相性の良し悪しを見誤っている」という根本的な要因があります。相性の良し悪しは、双方の努力では解決できないものです。もちろん双方に意欲があるのなら、ある程度のすり合わせや歩み寄りは可能です。

しかし、根本的に合わない組み合わせというものがこの世には存在しています

そのことを理解せず、相性の悪い組み合わせに執着して努力をし続けることが苦しみを生み出している原因であることが多々あります。

この記事では「相性が悪い」ことで生じる様々な苦しみについて、そして自分と相性がよいものを見極めるために必要なことについて書いていきます。

相性が悪いとは

人間には様々なタイプがあり、相手との相性が良くなければ必然的にそこには「苦しみ」が生じます。

「将来は子供を持って家庭を作る」という目標がある人は、「子供は欲しくない」という人とは相性が悪いです。いくら好き同士でも、結婚相手としては選ばない方がお互いのためです。

正反対のものを望んでいる二人がお互いに満足できる結婚生活を送れる可能性がとても低いからです。友達同士としては付き合えても結婚の相手としては向いていません。

臨機応変に対応するのが大の苦手、曖昧な指示が理解できず突発的な出来事にアドリブで対応できない人は、接客業やサービス業、医師や看護士のように瞬時に的確な判断を下すことを求められるような職業には向いていません。

それを無視してそのような仕事についてしまえば、周りも自分も大きなストレスを抱えることとなり、甚大な問題や事故すら起こしかねません。

彼らが向いているのはプログラマーやイラストレーターや職人など、一つのことを変化なく継続して行えるような作業です。

自分と相性が良いか悪いかを考えずに付き合う人や就く仕事を選んでしまうと、後々自分も周りも苦しむこととなります。相性の良し悪しは双方の努力によって変えられることではないことを弁え、相性が良くない人や仕事を選ばないことが必要です。

関連記事:

相性の悪い相手とはスッパリと別れる

相性の悪い相手(人、仕事、場所など)とくっついていてプラスになることはほとんどありません。なぜなら、「本当は好きでないことを我慢していやっている」という波動がどうしてもオーラの中に滲み出てしまうからです。

例えば、相性の悪い職場に「騙し騙し」居続けることの弊害は計り知れません。ポジティブ思考を保って誤魔化せたつもりでいても、無意識のうちに「我慢している」波動が出ています(本当に我慢しているのだから当たり前です)。

エネルギー的な存在である人間にとって、「何かを我慢してやっている波動」で何かすることの弊害はとても大きいのです。なぜならその波動が自分の未来を創るからです。

「本当は嫌だけれど、我慢しなければ生きていけない」と無意識のうちに毎日自分にアファメートしていれば、「嫌なことを我慢しないと生きていけない」状況が生み出されるだけです。

それよりも、今の職場と自分の相性がよくないという事実を素直に受け入れ次を探した方が波動的には100倍マシなのです。

「この職場とは相性が合わなかったけど、私に合う職場は必ずあるはず。今回は「自分に合わない職場が何か」がわかっただけでも良かった。この経験を次に活かして本当に自分に合う職場をみつけよう」

このようにアファメートして、気持ちを切り替えて次の職場を探したら良いのです。「自分に合う職場は必ずある。自分はその職場と必ず巡り合えるはず」という明るい信念を持ち続け、地道な活動をコツコツと続けるのです。

自分をよく知り受け入れる

場所、仕事、付き合う人たち、食べ物や飲み物、着る物などとの相性を見極めるためには、自分をよく知ることがまずは必要です。そして、自分の個性をすべて肯定できることが必要です。

自分の個性を受け入れることができないうちは、無意識のうちに自分を否定したり「直さなければ」と考えて、そこから苦しみが生じます。まずは自分の個性をすべて肯定し受け入れることから始めましょう。

そして、自分の好き嫌いから始まり性格的なこと、趣味や嗜好、価値観やライフスタイルなどをよく知り、それと相性が良い場所、仕事、人、食べ物、飲み物、着る物はどんなものかを明らかにしていきます。

参考までに、私のリストを置いておきます。

私は:

  • 数字が大の苦手
  • 猫派
  • 肉は食べない
  • 都会が好き・田舎が嫌い
  • 人と沢山接するのが苦痛

このリストから自分と相性が良いものと悪いものが割り出されてきます。

私と相性が良いもの・人

  • 数字をあまり使わない仕事
  • 猫が好きな人
  • ベジタリアンの人
  • 都会が好きな人
  • 内勤職かインドアで一人でできる仕事

私と相性が悪いもの・人

  • 数字を沢山扱う仕事
  • 犬派な人や猫アレルギーを持った人
  • 焼肉大好きな人
  • 都会が嫌いで田舎が好きな人
  • 営業職や接客業など

私たち人間は、自分と相性の良いものや人で自分を囲むと幸福感が増します。そして、自分とは相性の悪いものや人で自分を囲むと苦しみを味わいます。

多くの人は機能不全な幼少期を過ごしたせいで、苦しくても我慢しなくてはならない、または自分を「直さ」なければならないと思いさらに苦しみを増幅させています。

しかし生まれつきの個性は努力しても治せません。受け入れるしかないものです。

一度自分をよく点検し、自分と相性の良いものや人を見極めて、そういうものや人を人生の中に増やして行きましょう。

関連記事:

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. グラウンディングに効果的な食べ物や住居やアクティビティ

  2. 私が読者やクライアントの皆さんからの個人的メッセージをお断りしている理由

  3. 「何をするか」よりも「どんな波動でするか」が重要

  4. 「繋がり」や「絆」の本当の意味

  5. 自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

特集記事

  1. 自分らしく生きるために必要なマイ・スタンダード

  2. 自分らしく自己実現して生きたい方に読んでもらいたい本

  3. オールドソウルがストレスを軽減するために

  4. 自己治癒(セルフヒーリング)に必要な要素

  5. ボディ・マインド・ハートの調和がとれた状態

保存版記事

  1. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  2. 【保存版】社会に適応する必要はない

  3. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  4. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  5. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

アーカイブ

TOP