「やりたいことができなかった」と思い込んでいる人が幸せになる方法

最近街でちょっと話したある人からこんな質問を受けました。

「百瀬さんが海外へ出ようと思ったきっかけは何ですか?」

唐突な質問に感じましたが、私が思い返す限り「コレ」というきっかけは特に無かったように思います。物心ついたときから「海外に住むのだ」と思っていただけ。

その人は、一度は憧れのアメリカ就職を果たしたものの自分の弱さが原因で続けることができず、その後も日本で外資系の会社へ勤めたこともあったそうですが価値観が合わず、日本で会社員として働くうちにそっちの方が良いような気がして、海外へ出られずに終わったと仰っていました。

そのお話を聞いて私はこう思ったのです。

「すごくズレてしまっているな」

ご自分では気づいていらっしゃらないけれど、この方は「自分のやりたいこと」をして生きてきているんです。

この方のやりたいこととは「日本で会社員として暮らすこと」

ただそのことに気づかず、「自分がしたいことは海外で暮らすことだった」と思い込んでいるだけです。

ありのままの自分を認め受け入れる

私はブログ記事を通して「ありのままの自分を認め受け入れること」の大切さを説き続けて来ました。なぜならそれが人間が幸せに生きる唯一のレメディ(処方箋)だからです。

記事の冒頭へ戻ると、私に質問をしたこの方は、ご自身を否定したり「弱い人間」などと卑下したりするのを止めて、「ありのままの自分を認め受け入れる」だけで良いということを知って欲しいと思います。

「自分は一時期アメリカ就職に憧れてやったこともありましたが、向いてませんでした。日本で会社員として生きる方が自分に合っていると気づいたので、そういう生き方を選びました」

でいいわけです。

100%こう思えているとき人間は幸せです。

頑なに「自分の夢は海外就職だった」と拘る必要もないし、「自分が弱いから失敗した」と自分を卑下する必要もない。他人と自分を比較して自分にダメ出しする必要もない。

そういうことを止めるだけで解放されて楽になるという事実を、もっと多くの人に知って欲しいと思います。

ここから先は、本当の情熱に従って生きる場合に起こり得ることを書いていきます。

自分の情熱を知る

人間本物の情熱があることに対しては、たとえ逆境がやってきても何とか乗り越えていけるものです。逆境があればあるほど燃えるというのも、情熱が本物である証拠です。

難局が訪れたときに簡単に諦めてしまえるものであれば、それは本当にやりたいことではないというだけのことです。

宇宙の力とシンクロニシティ

人生は自分と宇宙との共同制作です。

まず自分の「意志」が先にあること。「私は〇〇する」

その意志が純粋であればあるほど、具現化します。「純粋である」とは、疑いや否定や後ろめたさといったネガティブなエネルギーが混ざっていないこと。

例えば、「香港アイドルの追っかけをしたいから、どうしても香港に住むのだ!」という女性がかつては沢山いたものです。彼女たちの意志はとても純粋だったので、なんだかんだ言って仕事を見つけて香港で暮らしていました。

本物の情熱があるとき、宇宙は様々なものを動員してその情熱を具現化させようと動きます。その力は時として人智を超えたものです。

外国でビザを取得する際に、私は必ずしも条件の良い人ではありません。むしろ「ビザが取れるかどうか不透明」なケースです。けれども私は、今までイスラエル、オランダ、香港で就労ビザを取得してきました。

私と同じ条件でビザを申請して取得できず、自国へ帰国せざるを得なかった多くの人をしり目に、私は常にビザの難関を突破してきたのです。

ビザが取れるかどうかは運で、移民局の担当者の胸三寸と言われています。つまり、こうすれば確実にビザが取れますという方法はないということ。

そんな中で私が20年に渡り奇跡的にビザを取り続けてこられたのは、一重に私の海外に暮らしたいという情熱が本物で純粋だったからだと思います。

宇宙にとって私にビザを与えることは、私が鼻から息を吐くのと同じくらい簡単なことなのです。

幸せのレシピ

人間が本当の意味での幸せを実感できる瞬間は自分の本性を生きられている時だと私は思います。少なくとも私にとってはそうです。

だとしたら、「自分は一体どんな人で、本当にやりたいことは何なのか」を、もっと真剣に考えた方が良いでしょう。「日本で会社員として安定した生活を送ること」が自分のやりたいことであれば、それを100%受け入れればいいだけです。

  1. 自分をよく知る
  2. 他人と自分を比べない
  3. 自分を受け入れる

それが幸せになるレシピです。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 【祝辞】勝ち取った自由と共に生きてください

  2. 「実行する力」男性性と自己有力感の関係

  3. 「魂の傷」が何かを知るのは意外と簡単

  4. 全米に衝撃を与えた若き共依存カップルの事件をひも解く-魂の癒しが反転したとき-

  5. 自分らしく生きることとわがままの違い

特集記事

  1. 意識的に生きるとは

  2. 不安・心配・恐れを解消する方法

  3. ボディ・マインド・ハートの調和がとれた状態

  4. 自分らしく収入を得て生きられるようになる方法

  5. 一人ひとりまったく違う現実を生きている

保存版記事

  1. 【保存版】社会に適応する必要はない

  2. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  3. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  4. 【保存版】カルマを解消する方法

  5. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

アーカイブ

TOP